LIFESTYLE オススメ

Apple Pencilを失くした時、すぐにiPadに入れるべきアプリ「wunderfind」

投稿日:

どうも、むく太郎です。

iPadユーザーでApple Pencilを併用してる方、多いですよね。

ぼくは、iPadAirと第2世代のApple Pencilを愛用しています。

手書きできるのはもちろん、マウス代わりになるレベルに操作性が良いスタイラスペン。

そんなApple Pencil。本当に素晴らしい反面、

むく太郎
失くしやすい…

そう、紛失率が高いガジェットランキングがあるのなら、おそらく不動の1位を取るのではと思うほど迷子になりがちなのもApple Pencilなんです。

ぼくも今回、失くしてしまい、相当探すのに苦労しましたが良いアプリがあっったのでシェアしたいと思います!

「Wunderfind」は、iPadに接続していたApple Pencilを一瞬で見つける素晴らしいアプリ

Wunderfind: 紛失したデバイスを見つける

Wunderfind: 紛失したデバイスを見つける

Hendrik Folkerts無料posted withアプリーチ

Apple Pencilを失くしたことに気がついたのは、iPadで動画編集しようとした時のこと。

あれ、なんか変だなぁ、そんな違和感が一気に襲ってきました。

むく太郎
Apple Pencil無い

手元にあったはずのApple Pencilが失くなっていたのです。

iPadのBluetooth設定画面を開いて、 Apple Pencilとの接続確認したところ、なんと未接続

バッテリーも十分にあったし、この部屋にないということは、「どこかに無くしてしまった」とかなりがっくりきたと同時に「やばい」という思いが。

そこで「Apple Pencilの探し方」ググると「wunderfind」というアプリがヒットしたのでさっそくDL。

このアプリはBluetoothの電波の強さで距離を測って、Bluetoothデバイスがどこにあるかというものを見つけ出すアプリになります。

アプリを開くとぼくが他に使ってるBluetoothデバイス、例えば iPhoneやスマートウォッチ、それからBluetoothイヤホンなどの反応がありました。

しかしApple Pencil、出てこなかったんですよ。

Apple Pencilを失くした当日の状況:「自宅-コインランドリー」の往復

Apple Pencilが無いと、かなりイタい…

wunderfindを起動したiPadを持ち、部屋のいたるところを探しまくったわけです。

鞄の中、引き出しの中、パソコンの下、メガネケースの中、押入れの中、テレビの後ろ、etc...。

挙げればキリないほど探しました。

でも、なぜか見当たらない。

この日のぼくの行動なんですけども、失くしたのに気づいたのが午後2時。

午前中はコインランドリーに出かけていて、自宅とコインランドリー以外には足を踏み入れてない状況でした。

もしや、コインランドリー…最悪の事態が頭をよぎります。

ちなみに上の写真は、息子のきゅうりのおもちゃがソファの隙間から出てきたの図。

Apple Pencilを探し回る旅、自動的にスタート

Sponsored Link

やっぱり、どこを探しても出てこないのでコインランドリーに出向き、落とし物コーナーへ。

一抹の望みを託しましたが、案の定そこにはなく。

ホームセンター併設なので、サービスカウンターまで行って店員さんに事の経緯を伝えるも、落し物として上がっていないということでした。

諦め半分で申し出をしたので、覚悟はしていましたが、やはり実際にそう言われるとがっくり。

コインランドリーでは、乾燥機は使わず、大型洗濯機で毛布やシーツカバーの洗濯をしました。

大きな布に包まれていないかなぁ…

ありませんでした。

そして、家に戻り、再捜索開始です。

布団カバー、ファイルの中、会社用の鞄の中、ゴミ箱の中など。

庭や玄関もくまなく探しました。

事態は、突然急展開を迎えます

Sponsored Link

Apple PencilをバリバリiPadで活用していたぼくは、まさに手回しドライバーで机を作ろうと思っている無謀なDIYerくらい微妙なものになります。

改めて、Apple Pencilの便利さを痛感していた矢先、そして「買い直し」という選択肢が頭の中に8割ぐらいよぎり始めたその時。

アプリに反応がありました。

Apple Pencilの項目が!

iPadを頼りに場所を特定しました。

それが、一階の息子の遊び部屋です。

Apple Pencil という項目をタップすると、距離とどのくらいの近さにあるかパーセンテージが徐々に表示されていきました。

iPadをかざして捜索を続けた結果、ある場所が未開拓だということに気づいたのです。

このアンパンマンカーが怪しい…

はい。

息子の愛車、「アンパンマンカー」。

この玩具には、収納トランクがあって息子はいつもお気に入りのアイテムやボールなどをこのスペースにしまっていました。

ぼくは、希望と不安の半々を抱いたまま、まさかなと思いつつ、このトランクの扉を開けました。 

Apple Pencilは、ここにあった…

感動の瞬間です。

Apple Pencilがありました。

論から言えば、ぼくがApple Pencilを息子の手の届くところに置いていたのでしょう。

それを息子は、手に取り自分のアイテムが如く、愛車であるアンパンマンカーのトランクにしまったのです。泣

でも、見つかって本当に良かった!

wunderfindを使わなければ、もっと見つかるのに時間がかかっていただろうなぁ。

Apple Pencilを失くしたら、wunderfindで見つけよう。そして管理は自分でしっかりやることを学んだ

はい。

Apple Pencil紛失の結論は、息子に隠されていたという話でございました。

当の息子は、妻と一緒に妻の実家に遊びに行っていて、それも発見が遅れる原因でしたね。笑

でも、今回の件で学んだことは2つ。

  • 自分に対する管理能力の無さ
  • 「wonderfind」超便利!

これを機に、もうちょいモノの管理をきちんとしなきゃと思いました。

ともあれ、 Apple Pencilを失くした時にかなり重宝するアプリ「wonderfind」、もしものときは使ってみてください。

めちゃくちゃ使えます。

課金で更にグレードアップできますが、無料版でも十分にBluetoothデバイスの捜索に活用できました。

Apple Pencilだけでなく、Bluetoothデバイスなら使えると思うので、インストールおすすめします!

久々のブログ、こんな感じでぼくは元気にやっています!

では、じゃばら。

 

-LIFESTYLE, オススメ

Copyright© SHIe , 2022 All Rights Reserved.