Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥19,800 (2021/10/28 20:20:05時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

LIFESTYLE trip

冬の北海道を知らない栃木県民が初冬の札幌を思いっきり味わってきた

どうも、むく太郎です。

※11/21ラジオ更新!

3ヵ月ぶりに行ってきました。北海道

新婚旅行で夏の北海道を満喫し、まさかこんなに早く再訪するとは、自分でもびっくり。

今回は、両親を連れて少しだけ親孝行してきました。

出発は、茨城空港から

旅の始まりは、まずは飛行機。

今回利用した空港は、茨城空港。略してイバクウ

国内線をカバーするのは、スカイマーク。

なぜ成田でなく、ここイバクウを選んだのかはラジオをお聴きの方ならご存知のはず。

そう、メリットは何といっても、駐車場が無料というところ。

利便性はいいとは言えませんが、穏やかな雰囲気が好きです。

アクセスはこちら

住所:茨城県小美玉市与沢1601−55

駐車台数:合計3,100台

初日宿泊はJRイン千歳

Sponsored Link


 

1時半の短いフライトを終え、新千歳空港へ到着。

この時点で21時。レンタカー屋さんの送迎バスが来るのを待つために、外へ。

自動ドアが開き、舞い込む外の澄んだ空気に栃木の寒さと格の違いを見せつけられました。

栃木の晩秋の「まだいける」寒さの感覚でいたら、空気に冷たさとイタミが…(笑)

無事、手続きを終え向かった先は、本日の宿泊場所。

JRイン千歳

ラウンジが最高だった!

JR千歳駅に隣接するビジネスホテルで時のごとくJRの系列です。

2018年にオープンしたばかりで、施設はとってもきれい。

館内もシンプルで居心地が良かったなぁ。

行かれたら、ぜひここを使ってみてください!

ここは、だれでも自由に利用できて蔵書も各ジャンル700冊ほどあるんだって。

コーヒー飲み放題、でとにかくキレイ。

一階エントランスには、提携している「やよい軒」があり、お手頃で満足感を味わえました。

翌午前6時半。一同は車に乗り込み、札幌へ。

JRイン千歳から朝を迎えて

まずは朝食。やっぱり海鮮だよね

車を走らせて、いざ北の大地へ出陣!

でも、まずは朝飯です。

何がいいだろうかという悩みなど最初からありません。

北海道は札幌市。やっぱり海の幸でしょ。

そしてやってきたのは、札幌卸売市場場外市場

上の写真の海鮮丼をかきこみたい気持ちを抑え、ゆっくりと味わいました。

そして、縞ほっけの塩焼きが半端じゃないうまさ。

自宅用に買ったものを網焼きでいただきました。↓

 

伺ったお店はこちら

  • 住所:札幌市中央区北11条西22丁目4-1
  • TEL:011-621-3545
  • 営業時間 6:00 ~ 17:00 (365日年中無休)

お腹も満たされ、そのまま移動したのが次の行き先。

大倉山ジャンプ競技場

どかーん!

これが大倉山ジャンプ競技場。公式HP より引用しますと、

190万人が暮らす北方圏最大の都市・札幌。
その街なみと遥か彼方の地平線までをも望む大倉山は、1972(昭和47)年に開催された冬季オリンピック札幌大会でジャンプ競技場の開催場所になったことでも知られています。
現在はサマージャンプやナイタージャンプも可能な近代的設備が整い、国際的な大会が数多く開催されています。

閑静な高級住宅街を抜けて、大倉山へ。

専用無料駐車場があるので、車での移動には助かりますねぇ。

長いトンネルのような角度のあるエスカレーターで麓まで行き、リフトに乗り込みこの景色。

初冬の札幌。ほんとにいいなぁ。

リフトは2人乗りで、両親2人・ぼく1人の割り振り。

ぼくは終始カメラマン役を担い、景色や二人の静かにはしゃぐ姿にシャッターを切っていました。

画面で二人の写真を確認すると、しわが増えて、少しずつ老いてきたその表情。

今まで色々あったよなぁ。

大倉山にふく風のせいもあって、急にセンチメンタルな気持ちになりました。

ぼくもこの2人のおかげで今がある。

そう、強く実感した絶景でのひとときでした。

大倉山ジャンプ競技場

  • 住所:札幌市中央区宮の森1274
  • TEL:011-641-8585
  • 営業時間:詳しくはこちら
  • 料金:リフト券=往復大人1名¥500

小樽も再び

Sponsored Link


大倉山を出て、向かった先は小樽。

小樽といえばルタオ!でお土産をチョイスし、ぶらりと散策。

北一硝子のペアグラスを弟夫妻に買っていった両親。

どんなものが喜ぶだろう。

弟だけじゃないからね。そういうちょっとした気遣いもこれから増えていくんだろうなぁ!

小樽で潮風を感じて、2日目の宿へ。

アパホテル&リゾート札幌へ

Sponsored Link


 

2日目はアパホテル&リゾート札幌に。

スケジュールがパンパンで翌朝のフライトや諸々の事情を考えると、

  • 朝食時間が早い
  • 空港へのアクセスがいい
  • リーズナブルだけど、内容充実

ぼくらにとっては、どんな宿よりも提示した条件に当てはまる場所でした。

さすがアパホテル。

部屋には、元谷社長の漫画や書籍も。

師匠にシェアしてもらったこの記事を読んでいたので、アパホテルをさらに魅力的に感じていたところでした。

どこで過ごすかよりも、誰と過ごすかを今回は重視しました。

夜は、予め予約しておいた食べ放題&飲み放題コース。

ちょうど結婚30周年を迎えた両親へのささやかなお祝いが、今回の北海道旅です。

また数年後、今度は海外に連れて行ってやりたいなぁ!

その前にぼくが初の海外進出を決めなくては(笑)

翌朝のバタバタ劇や帰郷後の話はぜひラジオで。

たった、2日。

実質1日の弾丸旅行。

でも久しぶりに両親と過ごした時間でした。

行きたい場所に行きたいときに行くという思いを、素直に実行したのがぼくら家族は今回がはじめてかもしれません。

大倉山での写真をもう一度眺める。

毎日起こるいろんなこと、それを乗り越えることがきっと今のような優しい気持ちになるためには必要なんでしょうね。

では、じゃばら。

 

-LIFESTYLE, trip

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.