Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

LIFESTYLE オススメ

【蒸れない】冷え性の方にこっそり教えたい、履く今治タオル「mekke」

どうも、むく太郎です。

冷え性だけど足が蒸れる。それでさらに足先が…

ほんとに困ったもんです。

冷えは、万病の元ですから何かいい靴下ないのかねぇ。

ありましたよ。いいのが。

ぼくみたいに足元をもっと快適にしたいあなたにオススメのアイテムがこれ。

オーソドックスなスタイル「コンテックス・mekke」

むく太郎
これが、履くタオルです。

こちら、「今治タオル」の会社として、広く知られるコンテックス社から展開されている靴下の「mekke(メッケ)」

オーソドックスなスタイルで、シーンを選ばず履けるとこもこいつのいいところ。

タオル製造において、上質だけど惜しくも除外された生地で作られています。

材料の85%がコットン製。(ポリエステル10%・ナイロン3%・ポリウレタン2%)

驚き①なに、この履き心地

平凡な靴下に見えますよね。

もっと言うと、一見「オジサン」感が出ている靴下(ぼくが履いてるからか…)

だと思うじゃないですか。違うんです。

驚き②履いているのを忘れる

Sponsored Link


冒頭にも書きましたが、ぼく恥ずかしながら、手もそうなんですが足がよく蒸れるんです…

おまけに冷え性なので、真冬は、靴下を重ね履きして暖を取っていたのですが、汗かいて逆に冷えるという魔のスパイラル。

だから、靴を脱いで座敷に上がるというのが億劫だったんです。

けれども、これは違いました。

めちゃくちゃ自然。

だって温かい(適温)からね!

驚き③締めつけ感ほぼゼロ

上部にはゆるさがあり、履き脱ぎが楽チン。

くるぶしから上は、レッグウォーマーがついたような感覚です。

それなのに、かかと部分の作りがしっかりしているので履いていて安心しますねぇ。

スポーツ用靴下を製造している工場で作られているからというのもその理由のひとつかもしれません。

特に登山には、欠かせない靴下となりました

というわけで、この「mekke」

普段使いでも抜群に活躍しますが、ぼくは特に登山の時に愛用しています。

冬山の気温は、基本マイナスの世界。

だけど、荷物を背負って息を切らしながら登る山道では、体温はあがって汗もかきます。

そこでこの靴下の出番ということです。

温かく、履き心地抜群の一足。

カラバリも豊富で、オススメです!

これはいい買い物しました。

では、じゃばら~

公式サイトはこちら

 

-LIFESTYLE, オススメ

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.