Sponsored Link

新着記事

DIY LIFESTYLE

2020/6/14

不快指数MAXの梅雨を乗り越えるためにおすすめのアイテムとDIYでやったこと

どうも、むく太郎です。 関東もいよいよ梅雨入りしまして、毎日雨に濡れています。 さて、そんな不快指数MAXの梅雨を楽しむためには気合だけじゃ無理ですよね。 今回は、ぼく自身使ってみて気に入っている水や湿気に強いアイテムをご紹介します。 持ち物を濡らしたくないなら、カリマーの「SFdrybag」 (カリマースペシャルフォース)karrimor SF 耐水加工ナイロンドライバッグ10L 10L コヨーテ drybag-sidepocket-10l-coyote created by Rinker K ...

ReadMore

LIFESTYLE NEWS

2020/6/14

【業務連絡】インスタはじめました!

どうも、むく太郎です。 業務連絡です! インスタグラム。始まりました mukutaro_diy . 【木枠と金網でベイクショップ風ケ . 【料理は「まな板」から始まる】 . . 【古民家カフェにありそうな古家具 . 【折りたたみデスクはワイドな感じ . 【オールドテイストのかわいいガラ . 【ミルフィーユみたいなペン立て Load More... Follow on Instagram はい。 実は、始まったというか再開したというのが正しい表現ですね。 2017年にむく太郎のアカウントを作って、ちょっと ...

ReadMore

月次総括

2020/5/31

2020年5月総括-コロナ禍での再構築

むく太郎です。 といっても、今日(令和2年5月29日)Twitterのアカウントを削除いたしました。 SNSの使い方に疑問を感じ、結果アカウントを閉じる決断をしました。 そろそろSNSも「再構築」の段階に来たとぼくは思います。 あなたは、どう考えますか?  

ReadMore

30代の人生設計 DIY LIFESTYLE 人気記事

2020/5/29

【コロナ禍】今が人生のロードマップを再構築するために必要な準備期間

どうも、むく太郎です。 新型コロナウィルスにより、皆さんはどう影響を受けていますか。 はっきり言って、コロナによる直接のダメージではなく 「コロナ感染拡大防止による経済活動や行動自粛」による打撃が大多数の方に響いていると思います。 先日、特別給付金の申請書が我が家にも送られてきたわけですが、何か胸の中で疑問や自分に対してのモヤモヤした感情が湧き上がってきたんです。 むく太郎まず自助できるレベルにならなければ 「自助」とは、文字通り自分で自分のことをなんとかすること。 つまり、主体的に物事を捉えて判断し、仕 ...

ReadMore

DIY リペア 暮らしのツール

2020/5/27

かどまるくんが動かなくなったときの対処法

どうも、むく太郎です。 紙の四隅をいい感じに丸くカットしてくれる「かどまる」 サンスター文具 コーナーカッター かどまるPRO S4765036 created by Rinker サンスター文具(Sun-Star Stationery) ¥823 (2020/08/11 17:28:01時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 いつものように紙の角をセットして押そうとするも、 むく太郎う、動かん… よく見ると、中のスプリングで抑えられてある金属板が斜めになっていました。 ...

ReadMore

ラジオ

スマホ1台で全て完結。個人で簡単にラジオ配信をする方法

更新日:

どうも、むく太郎です。

むく太郎
DIYで人生を愉快にサーフィンするラジオ、始まりましたぁ~っ!

っていつもやっているPodcast。

【2020.6/17更新】人生をもっと愉快にスマートにする「むく太郎ラジオ」、聴いてね【随時更新】

続きを見る

何を使って、配信しているか。

今日はそれについて書いていきたいと思います!

 

ポッドキャストアプリ「Anchor」

使ってるのは、iPhone。

そして、ポッドキャスト配信ができる「Anchor」というアプリ。

ダウンロードはこちら

では、登録方法から簡単な配信の仕方までゆるくご紹介していきます。

まずは登録

アプリをダウンロードしたら、まずは登録です。

メールアドレスかFacebookユーザーならスムーズに手続きが進みます。

登録したら次からはログインです。

メールアドレスと設定したパスワードを入力して、いざスタート!

メイン画面はこれ

ログイン後、番組タイトルやアイコン(プロフィール画像)を設定しましょう。

ちなみにぼくは、全部DIY(自分でつくった)です。

画像文字入れならこのアプリがおすすめです。

Phonto

デザイン力が少しずつ上がっている気がします。

さっそく試しに収録してみる

先ほどのメイン画面で表示されていた「Tools」ボタンを押下。

するとマイクのイラストが描かれた画面に変化します。

下部にいろいろなアイコンが出てますね。

左から、(画面の都合上、表示されていないものもあります)

  • 音声メッセージ
  • 録音
  • ライブラリ(録音したデータ集)
  • 間奏(BGM集)
  • サウンド(効果音)
  • 曲(Spotifyのプレミアム会員なら配信されている楽曲をBGMに!)

今回はスマホでダイレクトに「録音」していきます。

「録音」ボタンを押すと、さっそくレコーディングがスタート!

やってみると分かります。

むく太郎
台本が必要なんですよ。

かなりプレゼンテーション能力が鍛えられるはずです。

録り終えたいときは、再度ボタンを押下。

すると自動的に「ライブラリ」に送られます。

コンバート(処理)が終わるとこのように様々な音声ファイルが格納されてきます。

ファイルを選んで番組を組み立てる

ライブラリで各音声データの横に「」のアイコンがあります。

これを押すと、上の画面になります。

エピソードをレコーディングに追加」ボタンで新しいエピソードとして、音声が収録されます。

それっぽくBGMをつけます

収録した音声はその都度、プレビュー可能。

自分の声だけを聞くと、あまりの訛り具合と話の下手さ加減に嫌気が差します。

だけど!

むく太郎
BGM入れた途端に、一気にクオリティーが上がります

ここらへんの仕様がAnchorのすごいところ。

何種類もあるBGMから話の雰囲気やテーマに合わせて、音楽をセレクト。

長さも自由にトリミング可能

エピソード内の音源は、部分的にカットしてそれなりに話を途切れさせなくしたり、冒頭と最後に生まれる無音をカットすることも可能。

凝りだすと、止まらなくなるのが音声編集の面白い所。

ただ、あまりやりすぎると不自然になりますのでほどほどに!

あとは公開ボタンを押せば、全世界配信

データ公開ポリシーの都合で、数字は非公開にします

ぼくのポッドキャストはこんな感じです。

スマホ1台で全てが完結します。

Anchorのすごいところは、ポッドキャストを配信。

いや、すごすぎることがあります。

他社のポッドキャスト内でも自動で番組を配信してくれる

Anchorというサービスのすごいところは、自分で何の手続もせず番組を他のPodcastへ配信してくれるところ!

これには、驚きでした。

だって、例えばAppleのPodcastに配信したいとなったらこれまではこんなに手間がかかってました。

  • Podcast用のメディア(ブログ)作成
  • ドメイン取得
  • 配信申請
  • 別サービスで音声編集しなきゃいけない

などなど。時間もお金もかかっていたわけです。

しかし、そんなことはもう必要なくなりました。

Anchorが全部やってくれます。

ぼくの場合は、ApplePodcast、Spotify、グーグルPodcastなど、合計で9つのPodcastメディアで番組が配信されています。

まとめ:今音声配信がアツい

https://www.instagram.com/mukutaro_diy/?hl=ja/status/1071925885932957696

ちょっと前まで、録音にはレコーダーを使っていました。

しかし、ファイルのやり取りが面倒&スマホの音声品質が向上していることにより、全てスマホで完結しています。

ざっくりでしたが、こんな感じでAnchorというアプリを上手に使っていけるようにこれからもしっかり配信していきますね!

これからも聴いてみてね!

【2020.6/17更新】人生をもっと愉快にスマートにする「むく太郎ラジオ」、聴いてね【随時更新】

続きを見る

では、じゃばら!

 

 

-ラジオ

Copyright© SHIe , 2020 All Rights Reserved.