Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥18,780 (2021/08/03 18:59:02時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

ラジオ

スマホ1台で全て完結。個人で簡単にラジオ配信をする方法

どうも、むく太郎です。

むく太郎
DIYで人生を愉快にサーフィンするラジオ、始まりましたぁ~っ!

っていつもやっているPodcast。

【2021.8/1更新】人生をもっと愉快にスマートにする「むく太郎ラジオ」、聴いてね【随時更新】

続きを見る

何を使って、配信しているか。

今日はそれについて書いていきたいと思います!

 

ポッドキャストアプリ「Anchor」

使ってるのは、iPhone。

そして、ポッドキャスト配信ができる「Anchor」というアプリ。

ダウンロードはこちら

では、登録方法から簡単な配信の仕方までゆるくご紹介していきます。

まずは登録

アプリをダウンロードしたら、まずは登録です。

メールアドレスかFacebookユーザーならスムーズに手続きが進みます。

登録したら次からはログインです。

メールアドレスと設定したパスワードを入力して、いざスタート!

メイン画面はこれ

ログイン後、番組タイトルやアイコン(プロフィール画像)を設定しましょう。

ちなみにぼくは、全部DIY(自分でつくった)です。

画像文字入れならこのアプリがおすすめです。

Phonto

デザイン力が少しずつ上がっている気がします。

さっそく試しに収録してみる

先ほどのメイン画面で表示されていた「Tools」ボタンを押下。

するとマイクのイラストが描かれた画面に変化します。

下部にいろいろなアイコンが出てますね。

左から、(画面の都合上、表示されていないものもあります)

  • 音声メッセージ
  • 録音
  • ライブラリ(録音したデータ集)
  • 間奏(BGM集)
  • サウンド(効果音)
  • 曲(Spotifyのプレミアム会員なら配信されている楽曲をBGMに!)

今回はスマホでダイレクトに「録音」していきます。

「録音」ボタンを押すと、さっそくレコーディングがスタート!

やってみると分かります。

むく太郎
台本が必要なんですよ。

かなりプレゼンテーション能力が鍛えられるはずです。

録り終えたいときは、再度ボタンを押下。

すると自動的に「ライブラリ」に送られます。

コンバート(処理)が終わるとこのように様々な音声ファイルが格納されてきます。

ファイルを選んで番組を組み立てる

ライブラリで各音声データの横に「」のアイコンがあります。

これを押すと、上の画面になります。

エピソードをレコーディングに追加」ボタンで新しいエピソードとして、音声が収録されます。

それっぽくBGMをつけます

収録した音声はその都度、プレビュー可能。

自分の声だけを聞くと、あまりの訛り具合と話の下手さ加減に嫌気が差します。

だけど!

むく太郎
BGM入れた途端に、一気にクオリティーが上がります

ここらへんの仕様がAnchorのすごいところ。

何種類もあるBGMから話の雰囲気やテーマに合わせて、音楽をセレクト。

長さも自由にトリミング可能

エピソード内の音源は、部分的にカットしてそれなりに話を途切れさせなくしたり、冒頭と最後に生まれる無音をカットすることも可能。

凝りだすと、止まらなくなるのが音声編集の面白い所。

ただ、あまりやりすぎると不自然になりますのでほどほどに!

あとは公開ボタンを押せば、全世界配信

データ公開ポリシーの都合で、数字は非公開にします

ぼくのポッドキャストはこんな感じです。

スマホ1台で全てが完結します。

Anchorのすごいところは、ポッドキャストを配信。

いや、すごすぎることがあります。

他社のポッドキャスト内でも自動で番組を配信してくれる

Anchorというサービスのすごいところは、自分で何の手続もせず番組を他のPodcastへ配信してくれるところ!

これには、驚きでした。

だって、例えばAppleのPodcastに配信したいとなったらこれまではこんなに手間がかかってました。

  • Podcast用のメディア(ブログ)作成
  • ドメイン取得
  • 配信申請
  • 別サービスで音声編集しなきゃいけない

などなど。時間もお金もかかっていたわけです。

しかし、そんなことはもう必要なくなりました。

Anchorが全部やってくれます。

ぼくの場合は、ApplePodcast、Spotify、グーグルPodcastなど、合計で9つのPodcastメディアで番組が配信されています。

まとめ:今音声配信がアツい

https://www.instagram.com/mukutaro_diy/?hl=ja/status/1071925885932957696

ちょっと前まで、録音にはレコーダーを使っていました。

しかし、ファイルのやり取りが面倒&スマホの音声品質が向上していることにより、全てスマホで完結しています。

ざっくりでしたが、こんな感じでAnchorというアプリを上手に使っていけるようにこれからもしっかり配信していきますね!

これからも聴いてみてね!

【2021.8/1更新】人生をもっと愉快にスマートにする「むく太郎ラジオ」、聴いてね【随時更新】

続きを見る

では、じゃばら!

 

 

-ラジオ

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.