Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥18,400 (2021/06/19 18:24:32時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

オススメ ランニング 目標達成

三日坊主で終わっていたランニングを「毎日の楽しみ」に変えてくれた【GARMIN230J】

むく太郎です。

すっかり冬ですね。そろそろ「こたつ亀」が出てくるんじゃないでしょうか。

過去にドンピシャなイラストをいただきました。

さて、ぼくはランニングをはじめて、月間100km走破を3ヶ月達成し続けることができました。

もはやこれができないと気持ち悪い

いよいよ習慣になりましたね。

ぼくのこの試みを後押ししてくれるすごいアイテムがあります。

これがないと出歩けない、いや、出歩きたくない!

そんな強力なウェアラブルデバイス、GARMIN forathlete230Jをご紹介したいと思います。

 

どこに行くにも、GARMINは手放せなくなった。

ぼくが月間100km走破を続けているのは、まちがいなくこれのおかげ。

ランニングウォッチ【GARMIN230J】

GARMINは、フィットネス用のデバイスはもちろん、自転車や携帯電話にも製品が採用されている会社でアメリカで最先端を行くGPS開発を行っています。ランナー御用達のブランドですね。

そんな精度抜群のデバイスは、重さ41gと軽くて最高。

表はこんな感じ。

かっこいいです。普通に。

裏面は230Jの名前とシリアルナンバーが記載されています。

こちら時計を正面から見て左側

上・電源ボタン/バックライト、下・操作キー⇦/⇨

こちら時計を正面から見て右側

上・タイマーキー、下・Backキー。

触ってみると、かなりシンプルで分かりやすいです。

ライフログを腕時計とスマホで管理

GARMIN connectの操作画面

スマホアプリ「GARMIN connect」と連携させることでこのデバイスは本領発揮。

ライフログウォッチですよ。歩数、歩行距離、消費カロリーもしっかり記録。

操作することで、心拍数やランニングのログを表示してくれるので簡単に今の自分の状態を確認することができます。

Bluetoothでスマホとペアリングして、LINEやメール、着信の通知もウォッチフェイスに表示できます。

これ、最高に効率的なんです。

スマホに触れずして、出たくない電話を目線だけで確認できますから笑。

時間効率は本当に良い。

最近はやりたいことをやるために無駄な時間は削除すると決めましたので、こういった補助してくれる役割があると本当助かります!

ウオッチフェイスは、アプリ経由でDL

先述のガーミンコネクトを使って、時計の画面表示をお好みのデザインに変えることが可能。

ConnectIQ™ストア」から「apptype➤watch face」を選択。

数々のディベロッパーが提供してくれてますよ。

ぼくは、GARMIN公式が提供している「アニマル:バタフライ」。

これ☟

時刻、歩数、キロ数、消費カロリー。

普段は、腕時計としてシンプルな表示にしていたいのでこれにしています。

この他にもこんな面白いのも。

むく太郎
シュタッッ…!

 

 

 

 

むく太郎
スパーッン!!!

 

最高ですね。これも公式の「フルーツマスター

デバイスから直接設定もできますし、アプリ経由で画面を変えることも可能。

いやぁ、デジタルってすごいわ。

充電は挟むだけ

付属のクリップ型充電器で充電可能です。

裏面に接続部があるので、そこにクリップを挟むだけ。

USB端子でPCからの給電もOK!

満充電で最大約6日間使用とのメーカー説明ですが、ぼくもほぼそのペースですね。

トレーニングの度合いなどで個人差はあると思いますが。

位置測定は「みちびき」対応

走る=距離、そして

どこを走ったのか。

これ大事ですね。このGARMIN230JはGPS、そして「みちびき」と通信し、より高い精度で位置情報を把握するんだそう。

みちびき(準天頂衛星システム)とは、準天頂軌道の衛星が主体となって構成されている日本の衛星測位システムのことで、英語ではQZSS(Quasi-Zenith Satellite System)と表記します。ただし、「準天頂衛星」という場合には、準天頂軌道の衛星と静止軌道の衛星の両方を合わせて呼ぶため、準天頂軌道の衛星を区別する必要がある場合は「準天頂軌道衛星」といいます。

衛星測位システムとは、衛星からの電波によって位置情報を計算するシステムのことで、米国のGPSがよく知られており、みちびきを日本版GPSと呼ぶこともあります。

GPSと一体運用可能なみちびきで位置情報を高精度測位

これを買うまでは、スマホのランニングアプリを駆使していたのですが、その精度は全く違いました。

GARMINは高低差もしっかり測定。

もし、スマホをランニングのお供にしているならこっちに乗り換える方がいいと思います。

もう手放せません

ガーミンの中でも低価格のエントリーモデルである230J。

でもね、十分です。

自分を変えたいなら、習慣をまず変えること。

一番手っ取り早いのは、

毎日30分走る事。

24時間のたった2%を使うことで

  • 容姿が変わる。
  • 考えが変わる。
  • 体力向上。

ヤバくないですか。

習慣化をしっかり定着させるには、こういったツールがマスト。

ぼくといっしょに走りましょー!笑

人生を愉快にサーフィンするために今日もガーミンと走ります。

では、じゃばら。

 

 

-オススメ, ランニング, 目標達成

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.