Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY 机・テーブル

パレット?いやいや、立派なデスクです!アウトドアスペックの作業台をDIY

こんばんは!むく太郎です。

2018ラストDIY!できました!

https://www.instagram.com/mukutaro_diy/?hl=ja/status/1078640903995023361

パレット!

からの~ワークデスク!

今年最後につくったものは、組み立て分解可能の作業台でございました。

では、作り方書いていきますよ~!

脚からつくります

まずは脚からつくっていきます。

材料はコチラ

  • スギ材 105×45×600 8本

SPF2×4材でもOK!

このスギ材を使って、脚となるフレームを製作していきます。

両端50mmの位置でミゾキリ

では、ここから手を加えます。

先ほどのスギ材から4本、両端50mmの位置からスギ材1本分(45mm)の溝を彫っていきます。

スライド丸ノコで刃の深さを調節して、20mm分だけ欠き取っていきます。

少しずつ材を切削していきます。

ここは非常に危険を伴う作業なので、慎重に。

こんな感じにでき上がればOKです。

切削部分は、やすりなどでしっかりバリを取ってきれいに整えましょう。

そしたら、残りのスギ材を欠き取った部分へはめこみます!

 

ミゾにスギ材をセット

両端にボンドを満遍なく塗ったスギ材を先ほどのミゾへはめ込んでいきます。

上の写真のようにしっかりと押し込んでね!

なかなかセットしにくいときは、あて木をして上からハンマーなどで叩いてみると案外いけますよ。

そして、強度アップのためにビスでがっちり固定。

グイッときつく、ブレも無くなります。

続いては、天板製作

材料はコチラ

  • スギ板 170×25×1300 4枚
  • スギ材 105×45×600   4本

こんな材料たちでつくります。

むく太郎
下駄感あるなぁ。

横から見た図です。

4枚並べたスギ板でつくった天板に、スギ材を取り付け。

これがレールになるんですよ。

上から見た図☟

図面的にはこんな感じ。

茶色部分が天板に取り付けるスギ材の位置感覚。

しっかり線を引いて位置を確認して、接合しましょう。

板のつなぎ目の段差は、鉋で軽く削ってやすり掛けすることでだいぶフラットになりますよ!

 

取り付けたら実際に載せてみて確認!

むく太郎
いいねぇ

これが終われば、もう完成です!

できたぜ!「パレットと…思いきや!デスク」

ジャン!

かなりワイド!

これならちょっと場所使う作業も余裕でできますね。

むく太郎
まず、脚をふたつ用意して!

むく太郎
ポン!っと載せるだけ!

むく太郎
あらやだ!素敵なワークテーブルじゃないの!

という感じで1人テンションが上がるほど、組み立て分解がスムーズにできるワークデスク。

これなら、作業以外はコンパクトに畳んでおいて、使うときは組み立ててがっつり作業ができそう!

グラつきもそれほどなく、いい感じです。

まとめ

作業スペースを常設しないorできないときには、抜群の威力を発揮するっぽい。

アウトドアで使うのもいいかもなぁ。

組み立て分解のループにハマり込んだむく太郎のヒトコマ。笑

以上、2018ラストDIYでした。

今日は12月30日。

むく太郎
また明日、何かつくるかもなぁ

では、じゃばら。

 

-DIY, 机・テーブル

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.