Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥19,800 (2021/10/16 20:04:46時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

オススメ

渋谷クアトロでみた現役女子高生シンガーソングライター「みゆな」の衝撃が半端なかった

どうも、むく太郎です。

今日は、妻と東京・渋谷まで。

渋谷クアトロ。ここ数年、毎年来てます。

目的はこれでした。

安藤裕子 x NakamuraEmi

NakamuraEmi公式Twitterより画像引用

パンパンの渋谷クアトロ。

この2人は、夫婦そろって大ファンでこの日はまさに、ぼくらのためにあるような対バンでした。

2010年に始まりありそうで無かった組み合わせを実現してきたイベント 「QUATTRO MIRAGE」。
今回も東京、名古屋、大阪の3か所でツアーで開催が決定。
強烈な個性と素晴らしい歌声を響かせる女性アーティストの組合せが2019年も実現!

裕子さんの歌唱力というか、今まで見てきたライブの中で群を抜いてよかった。

世界観を作る要素は、音や空間デザインもそうだけど、言葉の中にある感性。

まざまざと見せつけられてきましたよ。

代表曲はやはり、これですよね。

ぼくの本命、NakamuraEmiさん。

相変わらずの愛されキャラクター。

なんで愛されているか?

やってきた・やっている人だからです。

33歳でメジャーデビュー。

ということは、女性としての30代を音楽に捧げるという覚悟。

それがなければできないことです。

言うまでもなく、最高でした。

いろんなことに覚悟を決めて、唄、音楽に自分の魂をぶつけている姿は、自分の心にまたひとつのスイッチをオンにしてくれました。

自分の大事な時間とお金は、こういう場所のこの一瞬を見るためにあるんだなぁ。

やっぱ音楽最高だなぁ。

それはもとより、もうひとつ書いておきたいことを。

みゆなという女子高生シンガーソングライターの存在

公式サイトより画像引用

先ほどの2人の他にもうひとりのアーティスト。

オープニングアクトとして出演していた一人の女性シンガーソングライター。

その名は「みゆな」

ギター1本携えて、その第一声とともに、会場の空気は一変しました。

曲で始まったライブに、ぼくしかり、オーディエンスは完全に圧倒されている感じ。

だって、鳥肌立ちましたもん。

Sponsored Link


リズムに乗りたくても、逆に歌をきかせられてしまうそんな久しぶりの感覚でした。

儚げにもエッジの利いたその声は、ぜひ聴いてみてほしい。

なんとまだ17歳。

現役女子高生ですよ。

ぼくが17歳のときなんて、まじで「校庭に生えている草で何が食べれるか」を本気で探していたりした…。

この差に嫉妬心爆発です。

だけど、素直に感動しました。

スイッチオンですよね。やってやりますよと。

次は、太い字で出演者名を飾りたい。

MCでこの日、そういった彼女、確実に大きくなってこのステージに戻ってくるんだろうなぁ。

オープニングアクトとは思えないほど、堂々とした振る舞い。

これ、もっと磨いたら、唯一無二になるんじゃないでしょうか。

月曜の夜からいいもの見させていただきました。

よっしゃ!やるでぇ!

では、じゃばら!

こちらもチェック

 

-オススメ

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.