Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

オススメ

渋谷クアトロでみた現役女子高生シンガーソングライター「みゆな」の衝撃が半端なかった

どうも、むく太郎です。

今日は、妻と東京・渋谷まで。

渋谷クアトロ。ここ数年、毎年来てます。

目的はこれでした。

安藤裕子 x NakamuraEmi

NakamuraEmi公式Twitterより画像引用

パンパンの渋谷クアトロ。

この2人は、夫婦そろって大ファンでこの日はまさに、ぼくらのためにあるような対バンでした。

2010年に始まりありそうで無かった組み合わせを実現してきたイベント 「QUATTRO MIRAGE」。
今回も東京、名古屋、大阪の3か所でツアーで開催が決定。
強烈な個性と素晴らしい歌声を響かせる女性アーティストの組合せが2019年も実現!

裕子さんの歌唱力というか、今まで見てきたライブの中で群を抜いてよかった。

世界観を作る要素は、音や空間デザインもそうだけど、言葉の中にある感性。

まざまざと見せつけられてきましたよ。

代表曲はやはり、これですよね。

ぼくの本命、NakamuraEmiさん。

相変わらずの愛されキャラクター。

なんで愛されているか?

やってきた・やっている人だからです。

33歳でメジャーデビュー。

ということは、女性としての30代を音楽に捧げるという覚悟。

それがなければできないことです。

言うまでもなく、最高でした。

いろんなことに覚悟を決めて、唄、音楽に自分の魂をぶつけている姿は、自分の心にまたひとつのスイッチをオンにしてくれました。

自分の大事な時間とお金は、こういう場所のこの一瞬を見るためにあるんだなぁ。

やっぱ音楽最高だなぁ。

それはもとより、もうひとつ書いておきたいことを。

みゆなという女子高生シンガーソングライターの存在

公式サイトより画像引用

先ほどの2人の他にもうひとりのアーティスト。

オープニングアクトとして出演していた一人の女性シンガーソングライター。

その名は「みゆな」

ギター1本携えて、その第一声とともに、会場の空気は一変しました。

曲で始まったライブに、ぼくしかり、オーディエンスは完全に圧倒されている感じ。

だって、鳥肌立ちましたもん。

Sponsored Link


リズムに乗りたくても、逆に歌をきかせられてしまうそんな久しぶりの感覚でした。

儚げにもエッジの利いたその声は、ぜひ聴いてみてほしい。

なんとまだ17歳。

現役女子高生ですよ。

ぼくが17歳のときなんて、まじで「校庭に生えている草で何が食べれるか」を本気で探していたりした…。

この差に嫉妬心爆発です。

だけど、素直に感動しました。

スイッチオンですよね。やってやりますよと。

次は、太い字で出演者名を飾りたい。

MCでこの日、そういった彼女、確実に大きくなってこのステージに戻ってくるんだろうなぁ。

オープニングアクトとは思えないほど、堂々とした振る舞い。

これ、もっと磨いたら、唯一無二になるんじゃないでしょうか。

月曜の夜からいいもの見させていただきました。

よっしゃ!やるでぇ!

では、じゃばら!

こちらもチェック

 

-オススメ

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.