Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥18,780 (2021/08/03 18:59:02時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

月次総括

2020年2月の総括-今月は95点!-

むく太郎です。

中国の武漢が発端と言われる、新型コロナウィルスによる感染症が広がっています。

全国の小中高が休校になるなど、ものすごい勢いで影響をくらってます。

外出も極力避けるなどの措置も取られて、イベントが中止や延期になるなども。

これは、おそらくむこう10年のライフスタイルや社会を変える大きな始まりの合図なのではないかと、最近思い始めました。

そんな2020年の2月を総括していきます!

今月を総括すると95点

あと5点。

それはやることを増やしてしまったがためのタイムロスや無駄な作業。

そこがなければ、100点に限りなく近づいたと思います。

きっちりと週末に1人作戦会議をやって、それを淡々とこなしていくだけで満足できるスケジュール管理ができています。

さぁ、2月にやったことも主なものをピックアップして取り上げていきます!

2/9-2/10 鬼怒川温泉オートキャンプ場で冬キャンプ

行ってまいりましたよ。念願の冬キャンに!

場所は、栃木県日光市に位置する「鬼怒川温泉オートキャンプ場」

観光地が点在する日光にあるこのキャンプ場は、大自然を肌で味わえる場所でした。

詳しくは、こちらのラジオで語っています!

むく太郎
ただ、めっちゃ寒かったけどね!

妻が作った「アウトドアフレンチトースト」は冷えと疲れで弱った身体にボディーブロー(ダメージやないかい)を食らわすほどの絶品。

本当に沁みる旨さでした。

レビューした記事がキャンプ情報サイト「LANTERN」で掲載になりましたので、ぜひチェックしてみてください!

【通年営業・AC電源あり】家族で観光も楽しめる鬼怒川温泉オートキャンプ場レポート

2月14日 30歳になりました。

死ぬまでバレンタインと同時に年をとるという宿命も今回で30回目。

皆様のおかげで今日もDIYとキャンプをしながら、文章を綴ることができています。

むく太郎
ありがとうございます!

師匠のどやさんからは、なんと合計34冊の書籍や小冊子とお祝いのメッセージが届きました。

そして、バースデーソングに太陽族のこの曲をセレクトするなんて…


こんな60歳いますか?いないですよねぇ。

本当にありがとうございます。

家族を持ってはじめての誕生日でもあり、少しずつ責任というものを実感して、身が引き締まる思いです。

2020年で30歳という区切りのいい節目に、むこう10年、5年、3年の目指すビジョンを具体化してそれに向け、爆走していきますよ!

2/15 ボイストレーニングスクール「voicelead」代表・えはらよしはるくんと対談

30歳はじめのラジオ収録は、10年来の親交があるボイストレーナー・えはらよしはるくんと対談しました。

彼は、2019年に独立し、栃木県宇都宮市を拠点にボイストレーニングをさまざまなクライアントへ指導しています。

もうアツかったし、楽しかったですね。

30代で自分の志を突き進むリアルな起業の話や彼のビジョンは聴いててワクワクしますよ!

対談の模様はこちら↓

彼のユニット「らふらっと」の初ワンマンライブが3/28に開催!

こちらもチェックしてみてください!

2月29日 念願の師匠・どやさんと対談収録

https://www.instagram.com/mukutaro_diy/?hl=ja/status/1233732142313562112

ぼくが今、学んでいる師匠が「人生学習塾・格闘塾ファイトクラブ」という塾のどやさんという方です。

この方のおかげで、ぼくは自分の時間管理や仕事への心構え、人生を愉快にサーフィンする秘訣を体得することができています。

実際、新しい出会いや仕事も増えて、収入も繋がりも広がっています。

ぜひぜひ、中高生を持つ親御さん、目標の持てない社会人、自分という存在がわからなくて迷っている方。

どやさんにアドバイスを仰いでみるのもいいかもしれません。

その前にどんな人なのか、下記の3部構成対談を聴いてみてくださいね!

【特別企画Vol.1】第50回:少年院あがりの不良少年を名門私立大学に合格させた、ある塾講師の物語

【特別企画Vol.2】第51回:今いる場所は、天国か地獄か。令和という時代を愉快に生きるための道具とは?

【特別企画最終】第52回:勉強とは、「知らないことを知ること」人生100年時代を生きるために勉強せよ

2020年2月読んだ書籍

Sponsored Link


月5冊本を読むという、目標を掲げたくさんの本から学びを得ることができました。

1.35歳の教科書

created by Rinker
¥564 (2021/08/04 15:56:03時点 Amazon調べ-詳細)

2.行動習慣コンパス

created by Rinker
¥49 (2021/08/04 15:56:04時点 Amazon調べ-詳細)

3.感動の条件

created by Rinker
¥1,100 (2021/08/04 15:56:05時点 Amazon調べ-詳細)

4.勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─

created by Rinker
¥1,650 (2021/08/04 15:56:05時点 Amazon調べ-詳細)

5.未来の働き方を考えよう 人生はニ回、生きられる

今月も面白い本と出逢えました。

師匠からもらった本が、これまた沁みる本ばかりで。

人生は、一冊の本との出会いで変わる。

大ファンの喜多川泰先生もそんなことを言っていますが、これは本当です。

またひとつひとつ、知識を知恵に変えて、目の前の人を喜ばせていきたいと思います。

3月も爆走していきます!

Sponsored Link


人生で最後の2020年の3月。

全力でやりきるしかないでしょう。

3月は「去る月」

コロナウィルスの猛威、よく俯瞰して考えていこうと自分に言い聞かせています。

歴史の転換点かもしれませんから。

3月もよろしくお願いします!

では、じゃばら。

 

-月次総括

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.