Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY 椅子・ベンチ・スツール

SPFの2×6材とダイソーの水性ニスでおしゃれカフェにありそうなベンチをDIY!【製作編】

こんばんは。むく太郎です。

はい。では今日も仕事後DIYをご紹介します。

 

SPFの2×6材とダイソーの水生ニスでおしゃれカフェにありそうな古家具風ベンチをDIY!

f:id:shakesound:20150419164935j:plain

材料、工具 材料費:2000円~

メモ

SPF2×6材 1820㎜ 3本

ダイソーの水性ニス(ウォルナット、メープル)

ボンド

電動ドリル

やすり

のこぎり(丸鋸推奨)

ドライバー、木ねじ(適量)

こんな感じで準備していただければOKです!

1.木材をカッティング!

f:id:shakesound:20150419164942j:plain

長い。割と重い。

そりゃそうです。ベンチになる資材。2×6材だもの。

f:id:shakesound:20150419164927j:plain

SPF2×6材をカットしていきます。
ノコギリで頑張りましたが、丸鋸がある人は利用しましょう。
カットの時間が数倍早くなります。
座面:800㎜×2
脚 :380㎜×4
幕板:660㎜×2
中板:100㎜×3
このカット作業でかなりしんどい思いをしました・・・。

2.木部を軽くやすり掛け。

f:id:shakesound:20150419164941j:plain

やすりでカット面を軽く面取り。

ほんとにざっと拭く感じでいいと思います。

(組立後のヤスリ掛けは念入りに)

3.ボンドで接着。形を整え、組み込む。

f:id:shakesound:20150419164934j:plain

カットした幕板と中板を合わせていきます。

あれっ・・・正確に切ったつもりが浮いてるぜ。

木材はなるべく反りの少ないものを選びましょう。

仮置きしたら、鉛筆で印をつけボンドで接着。

4.接着したら、木ねじで固定

f:id:shakesound:20150419164930j:plain

ボンドが乾燥したらドリルで下穴を空け、木ねじで留めていきます。

座面もねじ留めするので、打ち込む位置の確認は必ずしましょう。

それにしても汚い作業場(部屋)

5.続いて、脚の取付です!

f:id:shakesound:20150419164931j:plain

先ほど組んだ部材を縦に起こし、クランプを使って、脚を正確な位置で固定します。

接地面をよく確認して、ボンドで接着→ねじ留めの流れで作業します。

製作BGMがアップテンポだったからでしょうか。

いつの間にか木屑をぶちまけていました。

6.脚の取付完了。いよいよ座面の設置!

f:id:shakesound:20150419164932j:plain

ここまでくるとゴールが見えてきた感じで、さらにテンションが上がりますが落ち着いて。座面2枚の繋ぎ目と脚の内側の接地面をぴったりと合わせます。

位置の確認後、安定のボンド・ねじ工程を行いひとまずコーヒーブレイク!

7.ベンチにエイジング加工を施していきます。

写真を撮り忘れてしましましたが、以前の記事でもあったようにのこぎり・ハンマー・ヤスリ等で好きな感じにキズを付けていきます。

8.形は完成!あとは色を付けます。

f:id:shakesound:20150419164936j:plain

今日もダイソーの水性ニスを使用しました。

当初はメープルで塗装。でも思った以上に明るい色合いになってしまいました。

そこで残っていたウォルナットで上塗り。

意外とよい風合いに仕上がったと思います。

f:id:shakesound:20150419182341j:plain
f:id:shakesound:20150419174809j:plain

ちょっとのズレはご愛嬌ということで。

f:id:shakesound:20150419174852j:plain

完成しました。

作業時間としては塗装の乾燥時間を抜いて、5時間程でした。

冒頭でもありましたが、人力でなく機械を使えば1時間は早められると思います。

丸鋸が無ければ、買うか頼れる彼にお願いする

どちらもダメならホームセンターでカットしてもらいましょう!これが一番きれいにできるかも。

果たして、一時の感情から作った今回のベンチ。

連れはお店に置いてくれるのか。それとも・・・。

まぁ何らかの形で活用したいと思います!

ではまた、じゃばら~

 

-DIY, 椅子・ベンチ・スツール

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.