Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY 窓際

【台風の備え】防風による窓ガラスの割れ対策を妻がやっていた話

どうも、むく太郎です。

2019年の台風19号。

ここ栃木県宇都宮でも甚大な被害をもたらしました。

宇都宮の8千世帯、1万5千人に避難指示

幸い、ぼくの住む地域は河川の氾濫や家屋の被害が無く、無事でした。

そして、今回の台風経験で何より準備の大切さを妻から学びました。

※2020年も台風による被害が想定されます。8月収録のラジオで台風対策や防災についても触れていますので、ぜひご参考にしてください。

台風対策もご紹介

ラジオについてはこちら

強風による窓ガラスの割れ対策をしていた

台風が関東に上陸する前夜、自宅に帰ると妻が↑のような対策をしていました。

世間では、窓ガラスが万が一割れたときの飛散防止策として「養生テープ」を使うという流れがTwitterなどで拡散。

でも、そうすると何が起こるか。

むく太郎
購入者殺到による在庫切れ

ぼくもホームセンターの塗料コーナーで養生テープの在庫を見に行ったのですが、案の定ほぼ在庫ゼロでした。

そんな中、妻は、自宅のガラス戸に黒いボードでしっかりと覆って対策。

思わず「流石や」と感嘆してしまいました。

使っていたのは、「プラダン」という軽量でタフな素材

妻が窓ガラスのバリアとして、準備したのはプラダンです。

プラスチックダンボールと言われるもので、段ボールのプラスチック版(そのまんまや)

(更に準備したい方はこれ。)

DIYでもよく使われますね。

扉のガラス代わりにだったり、水に強いので水回りの装飾や囲いに使われたりします。

この素材を選んだのは、すごいなぁと本当に思いました。

木枠にプラダンを釘で固定

妻のDIY対策は、シンプルに。

でも圧倒的に効率よく、無事乗り越えることができました。

取り付け場所が木枠だったので、しっかりと釘を打って養生して。

今回のような緊急時に窓ガラス割れ対策にオススメする理由としては、

  • 軽いが丈夫
  • 価格が安い
  • 加工が容易

つまり、誰でも使えるということ。

これは非常に大きいところで、例えば、強度は格段にいいコンパネやベニヤ板を張り付けるのは、ド素人ではなかなかうまくいかないことが多いです。

強い代わりに重い、付けにくいということもよくあります。

その点、プラダンは強度もそれなりで水(雨)にも強い

軽くて扱いやすいのです。

Sponsored Link

極めつけは、片付けがとても楽チンだということも付け加えておきますね。

ぜひ、台風の暴風雨対策に活用してみてください。

今後も対策の基本として導入していきたい

サッシに釘打ちしてしまった模様

今回の台風で、これからますます「未曾有の被害をもたらし得る台風」が来る時代になるんだろうなぁと予測します。

だって毎年、風速・雨量ともに過去最高を更新してくるんです。

ぼくら人間は、備えるしかない。

来年、ぼくは「防災」をひとつのテーマとして研究しようと思っています。

created by Rinker
防災防犯ダイレクト
¥20,800 (2021/04/14 17:09:25時点 Amazon調べ-詳細)

そして、DIYに昇華する。

少しでも被害が減る、防げるような対策をまず「自分」からとっていくことがこれから日本で生きる上でかなり重要になるんだろうと思います。

被害の実態が見え始めた台風19号。

少しでも被害が最小限に留まることを祈っています。

では、じゃばら。

 

-DIY, 窓際

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.