Sponsored Link

DIY 窓際

【台風19号】防風による窓ガラスの割れ対策を妻がやっていた話

どうも、むく太郎です。

台風19号。

ここ栃木県宇都宮でも甚大な被害をもたらしました。

宇都宮の8千世帯、1万5千人に避難指示

幸い、ぼくの住む地域は河川の氾濫や家屋の被害が無く、無事でした。

そして、今回の台風経験で何より準備の大切さを妻から学びました。

強風による窓ガラスの割れ対策をしていた

台風が関東に上陸する前夜、自宅に帰ると妻が↑のような対策をしていました。

世間では、窓ガラスが万が一割れたときの飛散防止策として「養生テープ」を使うという流れがTwitterなどで拡散。

でも、そうすると何が起こるか。

むく太郎
購入者殺到による在庫切れ

ぼくもホームセンターの塗料コーナーで養生テープの在庫を見に行ったのですが、案の定ほぼ在庫ゼロでした。

そんな中、黒いボードでガラス面をしっかりと覆って、思わず「流石や」と感嘆してしまいました。

使っていたのは、プラダン

妻が窓ガラスのバリアとして、準備したのはプラダンです。

created by Rinker
プラダンのヤマコー
¥3,500 (2019/11/13 01:47:14時点 Amazon調べ-詳細)

プラスチックダンボールと言われるもので、段ボールのプラスチック版(そのまんまや)

DIYでもよく使われますね。

扉のガラス代わりにだったり、水に強いので水回りの装飾や囲いに使われたりします。

この素材を選んだのは、すごいなぁと本当に思いました。

木枠にプラダンを釘で固定

妻のDIY対策は、シンプルに。

取り付け場所が木枠だったので、しっかりと釘を打っていました。

今回のような緊急時に窓ガラス割れ対策にオススメする理由としては、

  • 軽いが丈夫
  • 価格が安い
  • 加工が容易

つまり、誰でも使えるということ。

これは非常に大きいところで、例えば、強度は格段にいいコンパネやベニヤ板を張り付けるのは、ド素人ではなかなかうまくいかないことが多いです。

強い代わりに重い、付けにくいということもよくあります。

その点、プラダンは強度もそれなりで水(雨)にも強い

軽くて扱いやすいのです。

Sponsored Link

今後も対策の基本として導入していきたい

サッシに釘打ちしてしまった模様

今回の台風で、これからますます「未曾有の被害をもたらし得る台風」が来る時代になるんだろうなぁと予測します。

だって毎年、風速・雨量ともに過去最高を更新してくるんです。

ぼくら人間は、備えるしかない。

来年、ぼくは「防災」をひとつのテーマとして研究しようと思っています。

そして、DIYに昇華する。

少しでも被害が減る、防げるような対策をまず「自分」からとっていくことがこれから日本で生きる上でかなり重要になるんだろうと思います。

被害の実態が見え始めた台風19号。

少しでも被害が最小限に留まることを祈っています。

では、じゃばら。

 

-DIY, 窓際

Copyright© SHIe , 2019 All Rights Reserved.