毎週月曜配信!

まなびの杜

焼き立てのパンと古家具がつくる空間。ぼくが学んだことは「温故知新」でした。

更新日:

こんばんは。むく太郎です。

今朝、店の厨房に立ち寄ったところ、新作のパンがあり思わず購入。(ただではくれない)

国産の原料を使った焼き立てを頂けるというは、ぼくにとって他にない贅沢で幸せな事。

f:id:shakesound:20150521005159j:plain

今日は過去の記事にリンクした内容を。よかったらこちらもご覧くださいね。

w-d.hatenablog.com

改めて書きますが、ぼくがDIYを始めたキッカケは「手作りの温もり」を実感したから。

f:id:shakesound:20150521005012j:image

うちのパン屋は一軒家を改装してできています。

和室だった居間が厨房、店内、洋室は雑貨を置いたギャラリーとしてリノベーションされ「今」に至ります。

壁は、知人や家族総出で漆喰塗り。

建具や什器は古家具や古材を使ったり。

本当に古びた民家が、ちょっとおしゃれなカフェのように。

ぼくらの想いをもとにベストなリノベ案を提供してくれたプランナーさん、改装中の大工さんの作り上げていく姿に感動。

手作りの木工に触れ、自分でも無知ながらインテリアやDIYについて調べるようになりました。

そして少しでも誰かと作る楽しみを共有したくてこのむく太郎ブログを書いています。

f:id:shakesound:20150521005229j:plain

オーダーメイドはお金がかかる。

以前もブログに登場しましたが、「オーダーほど予算のかかるものはないよ。」と木工職人さん。

今日もお会いして、材料費について話を聞きました。

特にホームセンターで売られている材料の差と価格についてなど。

同寸法の杉の垂木でも「クリアー」と「荒材」では価格が4~5倍違うけど、ちょっとの手間で同等の見栄えに持っていけることや本物は手が出せないが、アンティーク調に限りなく近づけられる塗料とそのやり方についてなど。

ちょくちょくブログで紹介・実践していきますのでチェックしてみてくださいね。

鉄筋・野地板・ガラス板

これ、今月のキーワードです!

では。今後ともよろしくお願いします。

じゃばら。

-まなびの杜

Copyright© DIYで人生を愉快にサーフィンするブログ「SHIe」 , 2018 All Rights Reserved.