Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥19,800 (2021/10/28 20:20:05時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY マイルーム改造作戦 机・テーブル

流行りのアイアンDIY!?いいえ、使っているのは木材だけです!

むく太郎です。

アイアンを取り入れた作品・・・。

f:id:アイアンのテーブル

鈍いブラックがいつもの柔らかいDIY作品とは一味違う。

苦労しました。アングルを切断して、溶接して・・・。

すみません。ウソです。(タイトルの通り)

アイアンとは?

f:id:iron

いわゆるのこと。英語で書くとiron.

アイロンですよね。カフェなどでもアイアンの脚を使ったオシャレなテーブルなど今ものすごく流行っているらしく、人気の高いアイテムです。

たかが鉄、されど鉄。加工はそれなりの技術と知識が必要になる。

溶接やバリの処理など普段専門の方がやる作業をDIYとなると苦労するのは、目に見えています。

それでもiron憧れる!じゃこうしましょう。

f:id:アイアンのテーブル②

木材を塗装でアイアン風にしてしまいましょう。鉄だから今のぼくにはできないことも、木材なら加工することができる。じゃあやっちゃいましょうよ。

材料はこちら。
  • 赤松垂木      1820mm×35mm×45mm  2本(適宜)
  • パイン材一枚板   1820mm×285mm×20mm   1枚
  • ダボ        8mm径          適宜
  • 水性塗料      ブラックブラウン
  • チョーク

赤松垂木をスライド丸ノコで角度切り。

f:id:アイアン風デスク脚

垂木を450mmの長さにしたものを4本、これが脚になります。

f:id:脚パーツ図面

上の図面のように端から10mmの位置に印をつけ、そこから端の最下部でカットし斜め切りに。*図面の長さ間違ってます。脚の接地面と天板が平行になるように下の組立図をよく見てカットしてください!

f:id:脚組立パーツ図面

実際に木材をカット。

f:id:アイアン風デスク脚②

こんなかんじで。ボンドとビスで固定してやりましょう。台形フレームにした理由は、「アイアンの脚って感じがするから」

そして、500mmにカットした垂木2本で繋ぎ合わせます。

f:id:アイアン風デスク脚③

繋いだら、#60番のサンドペーパーで塗装前の下ごしらえ。ここはしっかりとペーパー掛けすることで後の仕上がりに差が出ます!

角もきちんと面取りしてやりましょう。

天板を付ける前に!脚を塗っちゃう!

f:id:アイアン風デスク脚塗装

水性塗料のブラックにチョークをちょっと粗目に砕いて混ぜていきます

薄めずにベタ塗りしていきましょう。できればツヤが出ないものを選ぶとアイアン風に仕上がります!

塗り終わり!ゴツいフレームの完成。

f:id:アイアン風デスク脚塗装完了

田舎道に突如現れたアイアン(風)フレーム。なかなか様になっています。

乾くとチョークの粉がまばらに浮いて、粗い鉄筋のような雰囲気に。近くでみないとそれが木材なのかは分からないほど!

次は天板!パイン材を分割&接着。

f:id:パイン材を天板

こちらは準備したパイン材の1枚板を半分にカットし、ボンドで接着しました。

速乾ボンドはすごく強力で作業効率がぐんと上がりますね。もし、パイン材を分割しつなげる時にどちらかが反っていたりしたら、端材を両面の接地部分に敷き、クランプで締めるとある程度水平にできます。

仮置きしてみます。

f:id:パイン材仮置き

フチはトリマーにボーズ面ビットを装着して面取り。たったこれだけでおしゃれな天板になります。取り付け位置が確定したら脚と天板裏に穴を空け、ダボで設置!ぼくは取り外しできるようにボンドやビスで固定していません。

安定のBRIWAXで天板塗装。

f:id:アイアン風デスク天板塗装

ブライワックス(ラスティックパイン)で天板を着色していきます。

もうだんだんと近づいてきました!カフェ風ちゃぶ台に!(これが最大の目的)

ウエスで天板を磨いたら、完成!

完成。脚に節のこん跡。

f:id:トリマー面取り

完成しました。最後にヤスリで部分的に塗装を落とすとより鉄感が出ます!

よくみると節があった場所がぽっかり空いています・・・。これはご愛敬。

今回はアイアンスタイルを意識して作ったので補強もまだ足りていません。後ほど脚に長いボルトを入れようかな。

アイアン風カフェテーブルのプロトタイプは約3時間で完成!でき上がりのうれしさから・・・

 

ちゃぶ台返し。

f:id:アイアン風ちゃぶ台

本物のアイアンDIYは、もう少し先かなぁ。いずれやってみたい製作です。

f:id:アイアン風DIYテーブル

強度は普通に手をついてパソコンを置いて、コーヒーを飲みながらブログを書けるほど。(意外と丈夫)

今回の製作で得られたものは、発想とコンセプトの転換。

これでできないかなぁと疑問を投げかけ、DIYで答え合わせ。そんな面白いことをぼくは続けていきます。

では。じゃばら。

 

-DIY, マイルーム改造作戦, 机・テーブル

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.