Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥19,800 (2021/10/16 20:04:46時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY ケース

工作用金網を取り入れて、スタイリッシュな焼き菓子ケースをDIY!

どうも、むく太郎です。

今年も、「つくり、学び、楽しむ」をモットーに元気にやっていきます。宜しくどうぞ。

今回は、あったら便利!?と感じたものをDIYしてみました。
引用させていただいた写真。図のようなお菓子ケース。
なぜでしょう。箱にきれいに陳列された焼き菓子たちは、かわいく見える。
これは必要!と即制作開始です。(2015年末より)

ベースはDIYの基本、ハコモノつくり。

材料はこちら

  • 桧材① 90mm×15mm×600mm 2本
  • 桧材② 9mm×9mm×1820mm 1本
  • 真鍮釘 15mm×32mm 適宜
  • 太鼓鋲 適宜
  • 木工ボンド
  • 工作用金網 450mm×1000mm 適宜
  • タッカー
用意した桧材①を200mm幅×2、300mm幅×2にカットし、下図のようにボンドで接着し、箱型にします。
L字型をクランプを用いて作り、固定していくと合わせやすいかも。

もうひとつ9mm×9mmの桧材で箱の内寸にあわせ、ロ字型を作ります。

さらに桧材②を箱の内寸(300mm×170mm)にカットし、桧材①の箱の内側に仮置きしてみます。

こんな感じ。

なんかちょっとだけいい箱に見える。(気がする。)箱の縁は、鉋で面取りし、紙やすりでならします。
#100~#320で木肌を整えていきましょう。

では固定していきます!ビスじゃなく釘!

1.5mmのドリルビットで下穴をあけました。すかさず、釘打ち!

無事打ち込み終わり。

ビスを使わない理由は、シンプルな箱には、細い釘のほうがよりスタイリッシュに見えるから。

きれいに釘を打つのは本当に難しいですねぇ。

金づちは柄の上部を握り、打ち込むとうまくたたけると木工作家の方から学びました。(ぼくは柄尻を力いっぱい握り、バンバンやっていました。)

created by Rinker
ダイドーハント
¥1,391 (2021/10/16 21:13:47時点 Amazon調べ-詳細)

初登場!工作用金網!

f:id:shakesound:20151227222616j:image
1000mm×450mm、7mm間隔のワイヤーネットを購入。これを箱の底に起用します。
桧材②の型はこのネット底部の土台になります。
created by Rinker
吉田隆
¥2,850 (2021/10/16 21:13:47時点 Amazon調べ-詳細)

サイズを測って、ニッパーで切り抜き・・・

はい。ニッパー、作業性×。

2.3回切って、あまりの作業性の悪さに使うのをやめました。

その代わりに使用した、セリアの万能バサミその有能さを誇示!

早い。簡単に切れてしまいました。

あとは桧②のフレームに取り付けていきます。

丸めていた分の戻りの力があるので、針金で指などを切らないよう注意して作業します。

金網をタッカー&太鼓鋲で取り付け。

フレームサイズより5mmほど大きく切ったネットを太鼓鋲で留めます。

ネットの波がなるべく出ないよう端を張りながら留めていきましょう。

留めたら、桧材①にはめ込みましょう。

さぁ、間もなく完成です。

ボディにエイジング加工を施し、塗装!

あれ、二つ!?(冒頭図でもありましたが)

そう。別でもう一つ作っていました。

上はワトコオイル(ミディアムウォルナット)で仕上げ、下はBRIWAX(ラスティックパイン)で。

色つきはどちらもすごく似ていますが、BRIWAXがその特徴である上品な光沢を持って、どちらもいい感じに色付けできました。

げんのうやカッターでラフにエイジングした材に塗料が味をつけていきます。

思ったのは、無着色のクリアで仕上げるのもやさしい素材感を残して作れるかもしれないですね。

created by Rinker
ワトコ(Watco)
¥2,851 (2021/10/17 07:19:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
BRIWAX(ブライワックス)
¥3,260 (2021/10/17 08:26:56時点 Amazon調べ-詳細)

完成!

できました。
肝心の焼き菓子が無いので、ケースのみ。。。
片方は、太鼓鋲のみ。
一方は桧材②フレームを二つ作成し、下部にタッカーでネット張り付け、上部をかぶせて釘を打って固定しています。
何かを並べたり、収納してしまえば、見えないのですがね。

2015年は沢山のものを、2016年はもっと沢山の方に。

2015年はブログを開始し、多くの方にご購読、ご一読いただき、大変ありがとうございました。反応がアクセス数やシェアにより、実感できたりすると本当に嬉しい。

それと同時に何か目を引くようなものを!という考えが先行してしまう時もありました。

2016年はさらに少しでもお役に立てるように、自分にもあなたにもメリットがある記事を書き、考え、実践し、形にしていきます!

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

では、じゃばら。

 

-DIY, ケース

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.