Sponsored Link

新着記事

オススメ トイレ・水回り リペア 暮らしのツール

2021/1/27

あのカビキラーがジェルに…ピンポイントで無駄なく使えるなんて、もっと早く知りたかった。

どうも、むく太郎です。 あのカビキラーにジェルタイプがあるのをご存知でしたか!? ぼくは、つい先日知って、即購入。 なぜなら、こんなで事件があったからです。 むく太郎大事なトレーナーを漂白してしまった これは100%、ぼくの過失です。 しかしながら、一度カビキラーのような最強の塩素系薬剤は、このように衣服の色も落としてしまいます。 誤って、指で触れてしまえば、ヌメヌメするでしょ。 皮膚が溶けちゃいますので使用にはこれまでも十分注意してきました。 築40年経過のぼくの住まいは、浴室も在来工法のタイル張り。 ...

ReadMore

DIY ドア・扉

2021/1/25

キャスターで開閉ラクラク!壁と一体型のスライドドアを作る方法

どうも、むく太郎です。 前回は、ぶち抜きの空間に壁を作り、それぞれ独立した部屋にするため「壁」をDIYしました。 その板壁DIYの模様がこちら。 あわせて読みたい そして、今回ご紹介するのは「スライドドア」のDIY方法です! ぼくの家の場合という大前提がありますが、よかったらご参考にどうぞ! 板壁にマッチした「スライドドア」をDIYしていく こちらが、今回完成したモノ。 左側が引き戸になっていて、あの扉を開ければ隣の部屋(お店)に移動できるというシステム。 前回に引き続きで、こちらが壁とドアの簡易図面です ...

ReadMore

DIY マイルーム改造作戦

2021/1/25

憧れの板壁をDIY!材料費15,000円でできるオシャレな板壁作りにチャレンジ

どうも、むく太郎です。 むく太郎壁ってDIYで作れるのだろうか? 今回DIYする場所は、もともと区切られていた部屋の壁を壊して、リノベーションした民家。 ですが、再度壁がほしいよねという話になり、いざDIYすることに。 そしてできたのがこちら。 理想としては、板壁のおしゃれな感じという妻の要望に応えられるように考えた「壁づくり」のやり方をご紹介します。 まずは現状と設計図を描きます まずは現状をご紹介します。 もともとここは、壁で区切られていた場所で、6年前のリノベの際に壁を取っ払いました。 そして、妻の ...

ReadMore

月次総括

2021/1/3

2020年総括-今年も9つの質問で1年を振り返ってみました-

どうも、むく太郎です。 怒涛の2020年が終わり、すでに3日。 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくおねがいします! ブログの更新もだいぶ鈍ってしまいましたが、にも関わらず毎日アクセスしてくれる方がいるということがすごく嬉しいですね。 健やかで穏やかな2021年を迎えるために、ここ半年やってきたことを中心に2020年を振り返りたいと思います。 いろいろありましたねぇ。 昨年同様、「9つの質問」に沿って振り返りたいと思います。 1.今年うまくいったことはなんですか むく太郎「健康に過ごせたこ ...

ReadMore

30代の人生設計 ラジオ 時間管理術 目標達成

2020/12/31

【2021】ラジオ版格闘塾リスナーさんへのプレゼント!

どうも、むく太郎です。 いつもDIYで人生を愉快にサーフィンするブログ及びラジオをご愛顧いただきありがとうございます! この度、人生の師匠「どや塾長」と月に一度の配信している「ラジオ版格闘塾」をお聴きの皆様にどやさんからお年玉プレゼントのご案内です! 新年最新号はコチラ 第70回:【今年も進化しようぜ!】月に1度の課外授業!ラジオ版格闘塾【1月編】 ※「ダウンロード」ボタンを押すと、ダウンロードできます。 チェック Wordファイルになります。シートをコピーしてご活用ください。 ※注意:著作権は放棄してお ...

ReadMore

DIY 窓際

全然イケてない戸袋をアイデアDIYでモダンなヘリンボーンに大変身

更新日:

こんばんは。むく太郎です。

大雨が降り、なんだかなぁと思った矢先に彼はいた。

築35年の窓際に収まる雨戸。それを収納する戸袋。

f:id:shakesound:20160517185335j:image

それは入社35年目の、窓際に追いやられても歯を食いしばって働くサラリーマンのよう。

そんな目立たないようで重要な存在をぼくは見捨てられませんでした。

今日はまだ案ベースでのお話になりますが、ゆっくり見ていってください。

この寂れた戸袋を何とかしたい。できればヘリンボーン柄にしたい。

f:id:ヘリンボーンのイメージ

ヘリンボーン柄については下記の記事で少し触れていますので、ご参考に!

DIYで人生を愉快にサーフィンするブログ「SHIe」

要はこの戸袋を隠したい。普段この場所は雨戸を閉めないので思い切って外してしまうという手もあります。しかし処分に困るし、外す手間も・・・。じゃあカバーをしましょうという考えで今、試行検討中です。

現状の寸法はこちら。

f:id:戸袋DIY図面

戸袋の寸法は上図の通り。窓や外壁との干渉木材を利用した時の防腐対策などもよく考えなければいけません。

今までのDIYよりもさらに実践的な仕様に近づける努力をしていかなくてはもう進化はできない!

これだけ見ても問題点がいろいろ浮かんできます。

  • 固定するにはどうするの?
  • カバー付けても重みに耐えられるの?
  • 予算。材料選定。必要道具。
  • 現状通り雨戸がきちんと出し入れできれば、成功!

考えることはたくさん。でもそれがDIYの醍醐味。

やはりゴールとしては「今までのように使えて、なおかつ見た目をよくしたい」。

実現に向け、もっと考えていかないとね。計画性と再現率を上げなきゃ。

ヘリンボーンを実践します!

f:id:ヘリンボーン図面

ヘリンボーン柄は決定的です。が、その配置や構成はまだ頭の中でミキシング。

まずは図面に。もう一度確認します。

これは雨戸を収納する戸袋を覆うカバーです。

左右違ったデザインを考えました。どちらか一方を選択しようとは思っていますが、もしかすると図面のダブルヘリンボーンスタイルでゴーサインが出るやもしれません。奥行は現状75mmなので最大100mmの枠を作っていく予定。

築35年のアジを活かす仕上がりにしたい。

f:id:窓際リノベ

おそらくこのDIYリノベーションが成功したら、それに合わせて外壁や庇(窓の屋根)もいじりたくなるんだろうなぁ。徐々に自分が好きなスタイルにリノベーションできれば幸せ。

実は最近、現役大工さんと接点を持つようになり、かなりいい情報もらえています

コンクリートボンド(これはおそらく使う)など今まで使ったことないものを使っていきますよ!

既存のモノを真新しくデザインして、自分で創る。そして楽しむ。

それは仕事にも、生活にも当てはまるのかも。

窓際に追いやられる前にやっちゃいましょうよ。

では。じゃばら。

 

-DIY, 窓際

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.