Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY 窓際

全然イケてない戸袋をアイデアDIYでモダンなヘリンボーンに大変身

こんばんは。むく太郎です。

大雨が降り、なんだかなぁと思った矢先に彼はいた。

築35年の窓際に収まる雨戸。それを収納する戸袋。

f:id:shakesound:20160517185335j:image

それは入社35年目の、窓際に追いやられても歯を食いしばって働くサラリーマンのよう。

そんな目立たないようで重要な存在をぼくは見捨てられませんでした。

今日はまだ案ベースでのお話になりますが、ゆっくり見ていってください。

この寂れた戸袋を何とかしたい。できればヘリンボーン柄にしたい。

f:id:ヘリンボーンのイメージ

ヘリンボーン柄については下記の記事で少し触れていますので、ご参考に!

DIYで人生を愉快にサーフィンするブログ「SHIe」

要はこの戸袋を隠したい。普段この場所は雨戸を閉めないので思い切って外してしまうという手もあります。しかし処分に困るし、外す手間も・・・。じゃあカバーをしましょうという考えで今、試行検討中です。

現状の寸法はこちら。

f:id:戸袋DIY図面

戸袋の寸法は上図の通り。窓や外壁との干渉木材を利用した時の防腐対策などもよく考えなければいけません。

今までのDIYよりもさらに実践的な仕様に近づける努力をしていかなくてはもう進化はできない!

これだけ見ても問題点がいろいろ浮かんできます。

  • 固定するにはどうするの?
  • カバー付けても重みに耐えられるの?
  • 予算。材料選定。必要道具。
  • 現状通り雨戸がきちんと出し入れできれば、成功!

考えることはたくさん。でもそれがDIYの醍醐味。

やはりゴールとしては「今までのように使えて、なおかつ見た目をよくしたい」。

実現に向け、もっと考えていかないとね。計画性と再現率を上げなきゃ。

ヘリンボーンを実践します!

f:id:ヘリンボーン図面

ヘリンボーン柄は決定的です。が、その配置や構成はまだ頭の中でミキシング。

まずは図面に。もう一度確認します。

これは雨戸を収納する戸袋を覆うカバーです。

左右違ったデザインを考えました。どちらか一方を選択しようとは思っていますが、もしかすると図面のダブルヘリンボーンスタイルでゴーサインが出るやもしれません。奥行は現状75mmなので最大100mmの枠を作っていく予定。

築35年のアジを活かす仕上がりにしたい。

f:id:窓際リノベ

おそらくこのDIYリノベーションが成功したら、それに合わせて外壁や庇(窓の屋根)もいじりたくなるんだろうなぁ。徐々に自分が好きなスタイルにリノベーションできれば幸せ。

実は最近、現役大工さんと接点を持つようになり、かなりいい情報もらえています

コンクリートボンド(これはおそらく使う)など今まで使ったことないものを使っていきますよ!

既存のモノを真新しくデザインして、自分で創る。そして楽しむ。

それは仕事にも、生活にも当てはまるのかも。

窓際に追いやられる前にやっちゃいましょうよ。

では。じゃばら。

 

-DIY, 窓際

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.