DIY リペア

壊れた掃除道具を自ら修理すれば、モノを大事にできて部屋もきれいになるんだぜ。

更新日:

こんばんは!むく太郎です。

これ知ってますか?

スクイザー(モップ絞り器) コンドル ジョイステップ

水モップとモップ糸を絞るバケツ。

毎週末、うちのお連れ様のパン屋さんでも床拭きに使っているんですが、いかんせんこのモップ絞りバケツが壊れる。

過去にはこんなリペアを。

2016年末、絞り機のアームが破損。

【2016】年末の大掃除。ちょっとした修理だって、端材の出番はあるもんだね!【DIY】

続きを見る

アームを端材で代用して、大掃除をやりきったよというお話でございますが、それが先日ついに再破損!

しかし、約2年ほどよく持ったなと。このバケツ、買うとなると樋口一葉さまが1人いなくなってしまうくらい高価。

だから!材料費200円でもう壊れないように修理しましたよ!

現状

これっす。

すごいですねぇ。ちゃんとしごきアームの役割を果たしていたんですから。

ただ反対側の木材が割れちゃった。

買い替えは眼中にないので、DIYリペア一択です。

そこで用意した材料は!

2mm厚のフラットバーが主役

穴あけ後の写真ですが…

幅15mm厚さ2mmのフラットバー。

全長1800mm、お値段なんと198円。

こちらのフラットバーを今まで代用していた木材の長さと同じサイズに切断し、加工していきます!

フラットバーに穴をあける

木材にフラットバーを当て、しっかりと位置決めしたら穴の位置をマーキング。

マジックなどでプロットしたら、センターポンチという工具で打痕をつけます。

これによりドリルビットを当てがいやすくなり、ぶれずに穴あけができるようになります。

ボルトがしっかり通るように6.5mm径のビットをチョイス。

穴があいたら、取り付け確認

Sponsored Link


 

各穴あけが終わったら、実際にバケツに取り付け。

そうすると、

  • 若干の穴の誤差でうまく入らない。
  • 踏み込みスプリングのバーを引っ掛ける場所がない。(上の写真。マークして、ここに溝をつくりました。)

などなどいろんな再試行箇所が見つかるんです。

そちらもしっかり調整しました。

切削加工が終わったら、塗装してきれいに

実際の取り付けテストをして、

むく太郎
よし、合格。

となれば、あとは仕上げでございます。

つや消しマットなスプレー塗料で着色しました。

これをやるやらないで、だいぶ違います。しっかり周囲が汚れないように養生&場所の確保を!

さぁ、乾きました!

リペア終了!

出来ました。

鋼鉄の鈍いブラックが、仕事できるオーラ全開です。

では、実際に使ってみましょう!

踏み踏み…。

シュタッ!

スムーズな開閉が心地いい。この踏んで離すと、きちんとバネの力で戻っていくモーション。

最高です。

モップ絞りをチェック。

水を汲んで、引き上げ…、

そして、しごく

ジュワ…ポタポタ…。

 

 

最高です。

 

 

買い直せば、数千円するものを200円足らずで補修しました。

しかも既製品よりタフ&システマチック。

こりゃ早く、お連れ様に引き渡して自慢したい。

もうね、満面の笑みでこう言いました!

むく太郎
バケツ直ったぜ!あとはよろしくぅ!
お連れ様
あそ。じゃあ店内の床、モップ掛けお願いね。

こうして、今日もぼくは床を磨いています。

では、じゃばら。

-DIY, リペア

Copyright© DIYで人生を愉快にサーフィンするブログ「SHIe」 , 2018 All Rights Reserved.