Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥19,082 (2021/09/26 19:48:07時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY 工具・ツール 端材DIY

端材で簡単!まっすぐ切れる!丸ノコ冶具をDIY!

むく太郎です。DIY初心者です

おかげさまで当ブログを読んでくれている方が最近増えてきて、大変うれしいです!

ですが、当初からある悩み・・・。

そう、作品のクオリティです・・・。

いかんせん不器用。

今更何を言ってるのという感じですが、ブログにも大きく不器用と銘打ってありますね・・・。(タイトルを変更しました)

最近では、いかに「安価・端材・簡単」で良いものが作れるか。を意識していますが、作品を前述の要素も含めつつ、いかに魅せられるモノができるのか。

そこまでのレベルではないと承知しているものの、やはりこれは目指したいところ。

DIYをやる上で、現在の作品のレベルを数段上げてくれる近道かつセオリー。

今回のゴールはこれ!

木材を正確にまっすぐ、直線をカットできること。

Sponsored Link

シンプルにこれ。

当たり前の事なんだけど、きちんとできていない基本技術。

特に直線を切ることで重要な丸ノコでの作業。

職人曰く、素人が墨付けした線をフリーハンドで正確に切ろうなんて、ほぼ無理な話だそうです。

ぼくのようにちょっとDIYをかじりだすとこんなことを考え始めます。

  • 無駄に達人がやる超絶な切断技術、小技に目が行ってしまう。
  • 腕も無いのに、有名メーカーのハイエンドモデル工具を買っちゃおうと企む。
  • 最終的に上記の2つで解決できず、このくねくねも自分テイストのオンリーワンなどと勘違いする。

はい。申し訳ございません。でもやっぱりぼくだって今すぐに正確に切れるテクニックは習得したいわけであります。そんな悩みを30分で解決してくれるのは今日作ったこれ!

端材で丸ノコ直線切り冶具(ジグ)を作ってみた。

端材(引出棚の前面+カラーボックスの1面)で構成されています。

f:id:shakesound:20150517214529j:plain

丸ノコのベースにもカラーボックスの端材を装着。

冶具って何よ?

治具(じぐ)は、加工組立ての際、部品工具の作業位置を指示・誘導するために用いる器具の総称。「治具」という日本語は同義の英単語 "jig" に漢字を当てたものである。

治具を導入するメリットは、同一形状の製品ならば高度な熟練技術を用いずとも製品のバラツキを最小限に抑え、迅速に大量生産することを可能にする点にある。

作り方

Sponsored Link

f:id:shakesound:20150517220606p:plain

材料は端材でOKですが、正確な直角が出ていることが大前提なので、適当なものが無いよという場合はホームセンターなどでカットして木取りしたほうがベターです。

ガードの方が厚みのあるものを選ぶようにしましょう。

f:id:shakesound:20150517220622p:plain

ガードをスペーサーに両面テープで貼り付けます。

そのあとに1度丸ノコでベース側面に合わせ、スペーサーの余分な部分をカットしてしまいましょう。

(ぼくはカットした端材を丸ノコのモーター側ベース面に貼り付けています。)

ベースの前面に少しはみ出すくらいにすると正確にスタートできます。

完成!さぁ切ってみよう!

*申し訳ありません。写真を誤って消去してしまいました。再度掲載いたします。*

これでは意味がありませんね・・・。

夜遅くなのでさすがに起動はできないので、またチェックしてね。

created by Rinker
学研プラス
¥865 (2021/09/27 01:02:28時点 Amazon調べ-詳細)

番外編:玄関の柵

こんな感じになっています。このブログでも紹介したグッズが多数!

Before

f:id:shakesound:20150517223626j:image

after

f:id:shakesound:20150517223640j:image

では。じゃばら。

 

-DIY, 工具・ツール, 端材DIY

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.