Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY キャンプ 塗料・ペイント 机・テーブル

【FIELDOOR】木製パネル式アウトドアテーブルをもっとキャンプ仕様にしてみた【ワックス塗装】

どうも、むく太郎です。

キャンプにもっていきたいテーブル、ナンバーワンのアイテム「FIELDOOR」の「木製パネル式アウトドアテーブル」

うちでもバンバン使ってますよ(DIYのサブテーブルとしても)

収納時は、厚み3.6cmで持ち運びにも困らない、超絶使えるアイテムなんです。

この無骨なスタイルがいいでしょ?

でも実は、初めは無塗装のまま。

つまり、汚れやキズに弱い状況でした!

だから!

無塗装のアウトドアテーブルをリメイク!

無塗装の合板でできたパネルテーブルでしたので、エイジング加工とワックス塗装を施し、存在感のある風合いにしました!

これならキズがついても、アジに変わり、ワックスの保護効果で汚れにも強くなります。

そのままで使ってもいいのですが、こちらのほうが断然使い勝手も向上!

フィールドアの木製パネルテーブルを買ったら、ぜひやってみてください。

現状はこうだった

これが、当初の状態。

購入して約1年経過していたので、所々にキズや汚れがついています。

ずっと、リメイクをしようとは思っていましたが、なかなか使用頻度も減っていつの間にか時間が過ぎていました。

でも、今回ようやく重い腰を上げて、リメイクに踏み切った理由はこれです。

リメイクした理由【使うたびに油汚れが…】

ざっと図解しました笑

そうなんです。このテーブルでキャンプ料理をすると、飛び跳ねた油をガンガン吸っちゃうんです。

ご覧の通り、むしろコーティングしてる勢いで、コンロと油ハネの境目がくっきり。

むく太郎
これでは、あかんやろ

ということで、ワックスコーティングをしました。

どうせやるなら、カッコよさをプラス

このままでも十分かっこいいし、使えるこのフィールドアのパネルテーブル。

ぼくみたいに酷使しなければ、全然普段使いでもいけちゃうナイスアイテムです。

でも、塗装するよ!

まずは、やすり掛け

さて、やすり掛けからスタートです。

粗目の紙やすりを用意しました。(だいたい60~100)

この油に汚れた部分を中心に、全体的に表面を研磨していきました。

ついでに、角やふちの部分もサンディングしておきましょう。

結構、出荷時点でのバリがあるのでこのタイミングで整えておきます。

やすり掛けが終われば、次のステップ。

エイジングを程よく施す

Sponsored Link


 

写真を撮り忘れましたが、全体に打痕やキズをあえてつけて、使い古し感を演出しましょう。

やり方は、こちらに詳しく書いてありますので、ぜひ読んで実践してみてください。

最後に軽く紙やすりで全体を整えて、木粉を取り除いたら塗装です!

使ったのは、このヴィンテージワックス

created by Rinker
ニッペ
¥2,400 (2021/04/14 20:46:45時点 Amazon調べ-詳細)

ニッペのヴィンテージワックスをメインで使います。

カラーは、ウォルナット。

えごまが主原料の植物性塗料ですね。

伸びがよく、しっかり木材に浸透していいアジがでるんですよ!

リーズナブルなのもグッドです。

脚も念入りにワックスでコーティング。

刷毛で伸ばしていき、不要な布やウエスで刷り込むように!

このチョコレート感が好きです。

天板もしっかり塗布していきましょう!

ふちや角部分の色が抜けてしまうと中途半端でカッコ悪いので、面以上に丁寧に仕上げていきましょう。

ワックスが輝いてきましたよ!

終わったら、乾燥するまでしばしお待ちください。

塗装が完了!こんなにかっこよくなりました

さぁ、出来上がりました!

ヴィンテージワックスにより風合いが増していますねぇ。

べっこう飴のような、チョコレートのような。

濃いブラウンに時折あらわれるツヤ感。

もう、ここはぼくのフィールド(ア)

それくらいいい感じに仕上がりましたよ!

機能性もアップしてるのよ

ただ、色を塗っただけではございません。

ウォルナットに染まった合板は、水をも弾く!

試しに水を落としてみたところ、しっかり撥水してくれました。

これなら、キャンプでのふとした汚れやこぼれトラブルも最小限に抑えてくれますね!

アウトドアシーズンはもうすぐ!今のうちに準備しましょう

このFIELDOORの木製パネル式アウトドアテーブル、結構リーズナブルだし、部屋で使ってもいい感じですよ。

使わない時は、なんせ3.6cmの薄さですから!

シンプル構造で強度も申し分ありません。

ぜひぜひ、Amazonから届いたら、すかさずワックス塗布してみるのもいいかもしれません!

では、じゃばら!

 

-DIY, キャンプ, 塗料・ペイント, 机・テーブル

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.