Sponsored Link

新着記事

月次計画 目標達成

2020/1/15

【今年の目標】やりたいことリストをジャンル別に書いてみました。【達成したらチェック】

どうも、むく太郎です。 2020年、令和2年を迎えいかがお過ごしでしょうか。 目標は必ず達成する。 そう心に誓い、『やることリスト』を書き出してみました。  

ReadMore

月次総括

2020/1/11

2019年総括-9つの質問で1年を振り返ってみました-

どうも、むく太郎です。 さぁ、2019年も幕を閉じます。 いや正しくは閉じて、2020年1月も半ばへ笑 遅ればせながら、2019年を振り返りたいと思います。 いろいろありましたねぇ。 今回は、「9つの質問」に沿って振り返りたいと思います。 ※ラジオはこちら! 第42回:2019年総括 1.今年うまくいったことはなんですか むく太郎「やりたいことができた」かなと思ってます。 理由としては、自分のやりたいことを実現できるようにスケジュール管理やプラン立てをする「方法」を学び、実践できたからです。 まず「何のた ...

ReadMore

登山

2020/1/10

冬の登山やハイキングに必須。軽アイゼンというアイテム

どうも、むく太郎です。 冬のハイキングや登山、ずっといきたいと思ってたんですが、安全性を考慮すると「行かない」 そんな選択を重ねてきました。 ですが、冬山へ行く機会がついに。(詳細は下へ続きます) そんな先日の登山で地味に活躍したもの。 それが、軽アイゼン。 アイゼンってなんだ? さて、このアイゼン。 そもそも何なんでしょうか。 氷上や雪道を歩く時に靴に装着する爪がついた滑り止めのこと。 特に登山では、地面のコンディションによって爪の数を変えたりして、対応していきます。 で、その中でも簡易的なものが「軽ア ...

ReadMore

LIFESTYLE Think of Things 情報整理術 時間管理術

2020/1/7

やりたいことができるようになる最強の習慣【1人作戦会議】

どうも、むく太郎です。 毎週1時間だけ「この作業」をしたら、1年後には今では想像できない場所に到達できる。 そんな方法あったら、やってみたいと思いませんか。  

ReadMore

登山

2020/1/20

絶景の数々!富士山がよく見える山「竜ヶ岳」登山にチャレンジ。

どうも、むく太郎です。 年の瀬は、「富士山」を見に行こう。 そんな流れで決まった山梨県にそびえる「竜ヶ岳」へ登山してきました。 コースの様子はもちろん、途中に出会える数々の眺望もあわせて、写真多めでお送りいたします。 動画もあるよ   富士山がよく見える山「竜ヶ岳」へ 2020年代の幕開けを富士山を眺めながら大自然の中で迎えるため、栃木県から車を飛ばし、やってきたのは山梨県。 富士五湖のひとつ「本栖湖」のすぐそばに「竜ヶ岳」という標高1485mの山があります。 上の写真にあるのがそれ。 みな、ダイアモンド ...

ReadMore

DIY 机・テーブル 端材DIY

板張りテーブルをグッとアンティークでおしゃれに変身させる塗装テク

更新日:

どうも。むく太郎です。2016/3/31、天気は快晴。

前回のエントリの続きです。今回は塗装と板間のスキマを埋める作業について書いていきますね。

 

ただの作業台がこうなりました。

f:id:shakesound:20160324184818j:plain

before

f:id:パッチワークDIY

after

だいぶアンティーク感が漂っています。色っぽいツヤもあり、表面はスベスベ。実用性も兼ね備えています。ジュースをこぼしても浸みないのも◎。

天板にスキマはよくないので、これを使ってみた。

f:id:木材補修用ウッドパテ

木材補修用のウッドパテ。初めてこういったものを使うのですが、ボンドという言葉。そう。それだけ身近で信頼している名前が入っていたため購入

さっそく使う

f:id:ウッドパテ③

主にスキマの幅が5mmほどあった天板中央部に使ってみました。マスキングテープで目地以外を隠し、付属のヘラでスキマに埋め込んでいきます。しっかりなでて押し込む感じで。万遍なく塗りこんだら乾燥させます。

マスキングテープをシャッと剥がす。

f:id:ウッドパテ②

これが放置して24時間たったもの。しっかり肉付けされています。が、充填が足りないところがあったようで若干ヒビが。まぁ、よしとします。ダボも均すため、全体を#240の紙やすりで均していきましょう。

f:id:ウッドパテ①

ヤスリを掛けました。ウッドパテ部分もしっかり掛けましょう。次第にサラサラな肌触りに。板と均一になったらOK。次は塗装に入ります!

みんな大好き!BRIWAX!

f:id:パッチワークテーブル④

もう完全に愛用品となりました。カラーはラスティックパイン。万遍なく塗りこみます。やはり気温が高いときに、ちょっと柔らかくなった状態の方が塗りやすいですね。板間のパテ部分にもしっかり。

ウッドパテはこうなった。

f:id:パッチワークテーブル③

お分かりだろうか。間柱と端材のスキマを埋めるのはブライワックスでもない、ウッドパテ。違和感なく、なじんでいます。充填が甘かったことが功を奏してエイジング加工を施したような仕上がりに!

塗装だけでは終わらない!バーナーで少し味付け!

f:id:新富士バーナー

結構あると便利なバーナー。天板の縁の隅っこなど塗料が行渡りにくい部分にバーニング。スキマを埋めたのは、パテだけじゃなかったのです。他にもポイントで炙り、オールド感を演出。

あとはしっかり布で磨き、ツヤを出す。

f:id:パッチワークテーブル②

いい感じ!バーナーの当て加減は、ほんの2.3秒くらいがベストですかね。煤が出るのでウエスなどでしっかり拭き取り、その上にワックスを上塗りし、全体を拭き上げていきましょう。

ついでに脚も塗ってみました。

f:id:パッチワークテーブル①

天板だけワイルドでも、脚に色気がなくちゃまとまらなかった。ということで脚も軽くハンマーやカッターでエイジング加工し、BRIWAXで塗装。

完成!

f:id:パッチワークテーブル完成図

全体

f:id:パッチワークテーブル完成図①

きれいにピースをはめたように。

f:id:パッチワークテーブル完成図②

パテがはみ出すという失態・・・。

f:id:BRIWAX

見事なツヤ。アンティークに欠かせない要素である鈍い光沢。バーナーによる加工、ウッドパテの使用、そしてBRIWAXでおしゃれなアンティークテーブルをDIYできました!

早く使ってみたい。

店舗什器として行った今回のDIY。果たして、良い反応は生まれるのだろうか。

きっと大丈夫っしょ。

では。じゃばら。

 

-DIY, 机・テーブル, 端材DIY

Copyright© SHIe , 2020 All Rights Reserved.