Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥18,400 (2021/06/19 18:24:32時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY 机・テーブル 端材DIY

板張りテーブルをグッとアンティークでおしゃれに変身させる塗装テクニック

どうも。むく太郎です。

前回のエントリの続きです。

今回は塗装と板間のスキマを埋める作業について書いていきますね。

ただの作業台をアンティーク風にリメイク

f:id:shakesound:20160324184818j:plain

before

間柱材をシンメトリーにカットし、テーブルの天板に並べてみました。

まぁ、これでは味気ないのですが、今回紹介する塗装方法でこう変わります!

f:id:パッチワークDIY

after

だいぶアンティーク感が漂っています。

色っぽいツヤもあり、表面はスベスベ。

ワックス処理でジュースをこぼしても浸みないのも◎

実用性も兼ね備えています。

それでは、早速作業開始。

天板のスキマを埋めるのは、このパテを使ってみた。

f:id:木材補修用ウッドパテ

木材補修用のウッドパテ。

初めてこういったものを使うのですが、ボンドという言葉に反応しゲット。

さっそく使って見ます。

マスキングテープを施してから、パテ埋め

f:id:ウッドパテ③

主にスキマの幅が5mmほどあった天板中央部に使ってみました。

マスキングテープで目地以外を隠し、付属のヘラでスキマに埋め込んでいきます。

しっかりなでて押し込む感じで。

万遍なく塗りこみ乾燥させます。

created by Rinker
コニシ(KONISHI)
¥600 (2021/06/19 05:25:16時点 Amazon調べ-詳細)

パテ埋め後、マスキングテープを剥がす

f:id:ウッドパテ②

パテ埋めが終わったら、マスキングテープをシャッと剥がします。

ちなみにこれが放置して24時間たったもの。

しっかり肉付けされています。

が、充填が足りないところがあったようで若干ヒビが。

ここはアンティーク風ということで大目に見ることにし、全体を#240の紙やすりで均していきましょう。

f:id:ウッドパテ①

ヤスリを掛けました。

ウッドパテ部分もしっかり掛けましょう。

次第にサラサラな肌触りに。

ダボやパテとの接地面が板と均一になったらOK。

次は塗装に入ります!

ここで登場!みんな大好き!BRIWAX!

f:id:パッチワークテーブル④

もう完全に愛用品となりました、ブライワックスを使っていきます。

created by Rinker
BRIWAX(ブライワックス)
¥2,940 (2021/06/19 12:02:46時点 Amazon調べ-詳細)

カラーはラスティックパイン。

万遍なく塗りこみます。

やはり気温が高いときに、ちょっと柔らかくなった状態の方が塗りやすいですね。

板間のパテ部分にもしっかり。

ウッドパテはこうなった。

f:id:パッチワークテーブル③

お分かりいただけますか。

間柱と端材のスキマを埋めるのはブライワックスでもない、ウッドパテ。

違和感なく、なじんでいます。

充填が甘かったことが功を奏してエイジング加工を施したような仕上がりに!

塗装だけでは終わらない!バーナーで少し味付け!

f:id:新富士バーナー

結構あると便利なバーナー。

今回のDIYでも活躍してくれるんです。

天板の縁の隅っこなど塗料が行渡りにくい部分にバーニング。

スキマを埋めたのは、パテだけじゃなかったのです。

他にもポイントで炙り、オールド感を演出。

最後にはしっかり布で磨き、ツヤを出す。

f:id:パッチワークテーブル②

バーナーの当て加減は、ほんの2.3秒くらいがベストですかね。

煤が出るので最後はウエスなどでしっかり拭き取り、その上にワックスを上塗りし、全体を拭き上げていきましょう。

ついでに脚も塗ってみました。

f:id:パッチワークテーブル①

天板だけワイルドでも、脚に色気がなくちゃだめだよね

ということで脚も軽くハンマーやカッターでエイジング加工し、BRIWAXで塗装。

完成!アンティーク感満載

f:id:パッチワークテーブル完成図

塗装が乾き、こんな感じに落ち着きました。

f:id:パッチワークテーブル完成図①

きれいにピースをはめたように板が並んでいます。

この艶感、最高です。

Sponsored Link

f:id:パッチワークテーブル完成図②

少しパテがはみ出すという失態…

f:id:BRIWAX

見事なツヤ。アンティークに欠かせない要素である鈍い光沢。

バーナーによる加工、ウッドパテの使用、そしてBRIWAXでおしゃれなアンティークテーブルをDIYできました!

早く使ってみたい。

Sponsored Link

店舗什器として行った今回のDIY。

果たして、妻から良い反応はあるのだろうか。

きっと大丈夫っしょ。

では。じゃばら。

 

-DIY, 机・テーブル, 端材DIY

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.