Sponsored Link

DIY YouTube

駆け出し初心者YouTuberのぼくがフル活用している動画撮影・編集ソフト

どうも、むく太郎です。

徐々にYouTubeにDIYやアウトドアの動画をアップしています。

いろんなYouTuberの動画をみて、つくづく関心。

同じジャンルのDIY・アウトドアYouTuberはどのように撮影しているのだろう。

どんな機材を使っているのだろう。教えてくれ~!

だったら!ということで、今回はぼくの動画撮影・編集でフル活用している機材やソフトをご紹介します。

撮影機材①一眼レフカメラ Canon 60D

初めての一眼レフカメラにして、手放せないアイテム。

ぼくは動画撮影にこの「Canon60D]を使っています。

レンズは、SIGMAの単焦点レンズ。

created by Rinker
シグマ(Sigma)
¥39,600 (2019/11/12 15:00:27時点 Amazon調べ-詳細)

昔、知人のつてを頼りに中古で買いました。

結構な値段でしたが、よくよく考えれば、完全にお値段以上のメリットをぼくに与えてくれています。

カメラに関しては、全く知識がありません。

ようやく露光などについて分かり始めたところで、設定などは一切手つかず。

大丈夫。オート機能ってすごいんです。

初心者の方でも、いい感じのボケ感で撮影できるスグレモノ。

最高です!

上位機種がこちら↓

撮影機材②iPhone8

今やYouTube撮影の定番、スマートフォン。

とりわけiPhoneは、カメラの質が格段に良くて、ぼくも活用しています。

一眼レフでDIY完成後のイメージビデオ、iPhoneで製作中のビデオ、こんな感じで使い分けています。

撮影機材③Bluetoothシャッターボタン付きスマホ用三脚

Sponsored Link

 

撮影になくてはならないのが、三脚です。

DIY動画って、作業しながら撮影しますよね。

イチイチ本体の撮影ボタンを押したり止めたり押したり止めたり押したり止めたり押したり止めたり…

むく太郎
ゔぁ!!!捗らない!

以前はこんな感じで、時間のロスがたくさんありました。

でもこれを導入したら、そのストレスは、ほぼゼロ。

なぜなら、専用Bluetoothリモコンが付いてるからです。

スマホをインカメラにして、画面をモニター代わりにしてリモコンでスタート!

っていうパターンが多いです。

勝間和代さんもYouTubeの冒頭、手でリモコン操作してることが多いのでこんな感じだと思ってもらえれば!

編集PC:Lenovo ideaPad530S

ちょっと距離が遠いですね

動画編集をするためにコンパクトPCから上の写真にあるLenovoのideaPad530Sに乗り換えました。

動画を作るには、最低限のスペックと言われるCPUとメモリをクリア。

ストレージもSSD搭載でサクサクに動きます。

CPU intel core i5 8th Gen
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
液晶ディスプレイ 14型
光学チップ ×
ボディカラー ミネラルグレー

同じスペックで比べたとき、一番安かったんです。レノボが。

駆動音と本体の重さが少し気になりますが、普通によく仕事してくれます。

買ってよかった。

編集ソフト:CyberLink PowerDirector17

created by Rinker
サイバーリンク
¥15,784 (2019/11/12 23:46:47時点 Amazon調べ-詳細)

こちらがぼくの動画編集を強力に後押ししてくれる編集ソフト。

PowerDirector17。

もともとDTMソフト(音楽編集ソフト)を触っていたこともあり、タイムライン型のユーザーインターフェースは少し触っただけでなれました。

ぼくは、Windowsの無償ソフト「Movie Maker」しか触ったことがないので、他のソフトと比較できないのですが、Movie Makerで編集が出来るなら誰でも使えるんじゃないかなぁと思います。

このPowerDirectorも無料版があったりしますので、興味がある方はぜひお試しください!

さて、こんな感じです。

もう動画が溜まって仕方がないので、編集してYouTubeにアップしていきます!

むく太郎
DIYYouTuberの強み。それは環境をDIYできること。

では、じゃばら!

 

-DIY, YouTube

Copyright© SHIe , 2019 All Rights Reserved.