Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥18,400 (2021/06/19 18:24:32時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY 工具・ツール

北欧家具職人が愛してやまない日本の工具「シントーのノコヤスリ」

こんばんは。むく太郎です。

田植えやってきました。

今回は初めて使う農機具に四苦八苦しながらも秋の収穫に向け、泥まみれになりました。

やりきった感と欲しかったある工具が届いてハイになっています。

 

ノコヤスリ⁉

f:id:shakesound:20160505224542j:image

シントーのノコヤスリ。なぜぼくがこの工具を手に入れたかというとこの番組をみて。

www.tv-osaka.co.jp

番組内容を引用します。

日本人なら知っておきたい、大切に受け継がれてきた“モノ”。それは文化だったり、人情だったり、道具だったりしますが、それらを支える人々やしきたりなどを知り、日常生活や旅先で、日本をもっと楽しめるようになろうという番組

たまたまDIY中の休憩でつけたテレビで紹介されたこの工具。

実はこれ、兵庫県三木市の神東工業株式会社が製作しているメイドインジャパンのもの。

フィンランドで家具職人をしているトーマスさんが持ち出したお気に入りのメイドインジャパン。では、手に入れたぼくがちょっとだけ使ってみました。

もうこのアルファベットロゴがいいね。

f:id:shakesound:20160505224538j:plain

f:id:shakesound:20160505224525j:image

のこやすりという名前とこのフォルムからもう説明は不要でしょう。

のこぎりから派生したこのノコヤスリ。今ではシントーさんの主力商品らしいです。

薄いノコ刃10枚が重ねられてできたヤスリ。しかも手作業で組まれています。

がっちり組まれたノコ刃と、しっくりとすでになじんだグリップの程よいホールド感。

粗いヤマと細かいヤマが片面ずつ。

f:id:shakesound:20160505224521j:image

写真も粗くなっていますが、ご了承を。

1インチあたり10ヤマの粗目、24ヤマの中目というスペック。

この特殊鋼を用いたブレードが、木材を削るのに最適なのだそう。

前々からホームセンターで見かけて気にはなっていましたが、なかなか詳細を知る機会が無いものって手が出ませんよね。でも今回の番組で見かけて、即行Amazon。

トーマスさん曰く、作品のディテールを表現するのに最適なんだって。

北欧家具職人が言うんじゃ、試さない理由がない。

さっそく試してみます。

f:id:shakesound:20160505224518j:plain

辺りを見れば、どこかに転がる端材さん。見つけたスギの端材で試しに面取りしてみます。

材に当てて、10回くらい擦ってみた。

f:id:shakesound:20160505224516j:plain

僅か10秒。この仕事量。粗い面で。どちらかというと前に押す感じで面取りしてみました。力を全く入れずにここまで削れます!

もっと削ってみる。

f:id:shakesound:20160505224515j:plain

30秒ほど角を全体的に面取り。ただ当てて擦っているだけ。

余計な力は掛けずにこの仕事量。すごい。夜間なので試し作業しかできないのが、残念。

これなら、例えば机や棚のきれいに先細に成形することが簡単にできそう!しかも、金属まで加工できるんですから、万能ですよね。

種類も豊富。手に取ってみる価値あり!

f:id:shakesound:20160505224535j:plain

日本のメーカーが生み出したものが海外で絶賛され、それを知った日本人が自国製品の力と魅力を再確認する。最高じゃないですか。さっそく工具箱の即戦力にしました。

エイジング加工にも角の面取りにもガンガン使えるシントーのノコヤスリ。

DIYの中でしっかり使い込んでいきます!!

参考動画ありましたよ。

www.youtube.com

エイジングにバリバリつかえる。

このノコヤスリ。ただ削るだけでなく、アンティーク風のエイジング加工にめちゃくちゃ重宝。

打痕をつけるように叩いたり、ピンポイントで擦ってみたり。

ワトコオイルやBRIWAXなどとの相性抜群で、レトロでオシャレな家具が演出できますよ!

では。じゃばら。

 

 

-DIY, 工具・ツール

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.