Sponsored Link

新着記事

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/3

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

2021/2/10

材料予算1万円以下!賃貸ルームをアップデートするディスプレイカウンターをDIY!

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 今の賃貸をアップデートするのに、必要なのは何でしょう。 GW、有意義に過ごされましたでしょうか。 そもそも「そんなの無かったよ。」という方もおられるかもしれませんが。 ぼくはコツコツとDIY、そして音楽にいそしむ毎日でした。 新たなご縁をいただいたり、お連れ様のパン屋さんに大好きなアーティストがまさかのご来店など。 (後ほど別で更新します) 好きです!! っていう気持ちは、持つと同時に伝えることが非常に重要ですね。 最高です。 ということで! 今回 ...

ReadMore

2021/2/10

予算1000円台でDIYした差し込み式3段シェルフは、どこにも連れていけるアウトドアギアになった

どうも、むく太郎です。 DIYできるのに、アウトドアギアを自作しないのはもったいない。 そう思ったぼくは、1000円を握りしめホームセンターへ。 そして、できたのがこれ。 差し込み式3段シェルフ ※動画でも公開されています!   1,000円でできました。(木材費用のみ) 2個のフレームに棚板をはめ込み、自立させるアウトドアギアにはオススメの3段シェルフです。 作り方をご紹介します! スギの角材をカット はじめにシェルフのフレームとなるスギの角材を寸法に合わせてカットしていきます。 30mm×40mmの厚 ...

ReadMore

DIY 工具・ツール

北欧家具職人が愛してやまない日本の工具「シントーのノコヤスリ」

こんばんは。むく太郎です。

田植えやってきました。

今回は初めて使う農機具に四苦八苦しながらも秋の収穫に向け、泥まみれになりました。

やりきった感と欲しかったある工具が届いてハイになっています。

 

ノコヤスリ⁉

f:id:shakesound:20160505224542j:image

シントーのノコヤスリ。なぜぼくがこの工具を手に入れたかというとこの番組をみて。

www.tv-osaka.co.jp

番組内容を引用します。

日本人なら知っておきたい、大切に受け継がれてきた“モノ”。それは文化だったり、人情だったり、道具だったりしますが、それらを支える人々やしきたりなどを知り、日常生活や旅先で、日本をもっと楽しめるようになろうという番組

たまたまDIY中の休憩でつけたテレビで紹介されたこの工具。

実はこれ、兵庫県三木市の神東工業株式会社が製作しているメイドインジャパンのもの。

フィンランドで家具職人をしているトーマスさんが持ち出したお気に入りのメイドインジャパン。では、手に入れたぼくがちょっとだけ使ってみました。

もうこのアルファベットロゴがいいね。

f:id:shakesound:20160505224538j:plain

f:id:shakesound:20160505224525j:image

のこやすりという名前とこのフォルムからもう説明は不要でしょう。

のこぎりから派生したこのノコヤスリ。今ではシントーさんの主力商品らしいです。

薄いノコ刃10枚が重ねられてできたヤスリ。しかも手作業で組まれています。

がっちり組まれたノコ刃と、しっくりとすでになじんだグリップの程よいホールド感。

粗いヤマと細かいヤマが片面ずつ。

f:id:shakesound:20160505224521j:image

写真も粗くなっていますが、ご了承を。

1インチあたり10ヤマの粗目、24ヤマの中目というスペック。

この特殊鋼を用いたブレードが、木材を削るのに最適なのだそう。

前々からホームセンターで見かけて気にはなっていましたが、なかなか詳細を知る機会が無いものって手が出ませんよね。でも今回の番組で見かけて、即行Amazon。

トーマスさん曰く、作品のディテールを表現するのに最適なんだって。

北欧家具職人が言うんじゃ、試さない理由がない。

さっそく試してみます。

f:id:shakesound:20160505224518j:plain

辺りを見れば、どこかに転がる端材さん。見つけたスギの端材で試しに面取りしてみます。

材に当てて、10回くらい擦ってみた。

f:id:shakesound:20160505224516j:plain

僅か10秒。この仕事量。粗い面で。どちらかというと前に押す感じで面取りしてみました。力を全く入れずにここまで削れます!

もっと削ってみる。

f:id:shakesound:20160505224515j:plain

30秒ほど角を全体的に面取り。ただ当てて擦っているだけ。

余計な力は掛けずにこの仕事量。すごい。夜間なので試し作業しかできないのが、残念。

これなら、例えば机や棚のきれいに先細に成形することが簡単にできそう!しかも、金属まで加工できるんですから、万能ですよね。

種類も豊富。手に取ってみる価値あり!

f:id:shakesound:20160505224535j:plain

日本のメーカーが生み出したものが海外で絶賛され、それを知った日本人が自国製品の力と魅力を再確認する。最高じゃないですか。さっそく工具箱の即戦力にしました。

エイジング加工にも角の面取りにもガンガン使えるシントーのノコヤスリ。

DIYの中でしっかり使い込んでいきます!!

参考動画ありましたよ。

www.youtube.com

エイジングにバリバリつかえる。

このノコヤスリ。ただ削るだけでなく、アンティーク風のエイジング加工にめちゃくちゃ重宝。

打痕をつけるように叩いたり、ピンポイントで擦ってみたり。

ワトコオイルやBRIWAXなどとの相性抜群で、レトロでオシャレな家具が演出できますよ!

では。じゃばら。

 

 

-DIY, 工具・ツール

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.