Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥18,780 (2021/08/03 18:59:02時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY 小物・アクセサリー 端材DIY

1本50円から!試験管と端材で作る一輪挿しディスプレイをDIY!

どうも、むく太郎です。

トイレタンクに天板がついて、スッキリしたけど何か寂しい・・・。
ということで柄にもなく、庭の花(雑草かな?)をディスプレイして、自然をプラス!
f:id:shakesound:20150513002557j:image

そう!今回は試験管を使いました!

ちなみに100円ショップなどでは取り扱っていないようです。用途や規格規定が絡んでるのでしょうか。でも最小サイズ(写真中央)は1本50円ほどでした。

では、制作手順です!

端材をカットし、試験管立てを作ります。

f:id:shakesound:20150513164309j:plain

トイレのタンクに天板を設置した際に出た桐の端材をつかいました。横幅30cm2本、支柱として高さ10cmを一本木取りしていきます。

試験管の大きさに合わせ、ホールソーで穴あけ。f:id:shakesound:20150513163446j:image

ダイソーのホールソーで穴あけ。試験管よりも大幅に大穴です。

サイズに合わせた穴あけが重要ですが、今回はラフな感じで。ダイソーのホールソーは29mmと51mmを持っていて、今回は29mm、小さい穴は木工用ドリル10mmで。

 

穴の切り口は、しっかりとヤスリなどでバリを落としましょう。

油性ニススプレーでツヤ出し&コーティング!

f:id:shakesound:20150509214143j:plain

ここでも。やはりかけるとかけないでは光沢が違う。一気に煌びやかに。

これも作業中の写真が無いのですが、支柱もう一本は、これ。

f:id:shakesound:20150513151729j:plain

材料はあるものを全部使うポリシーのため、トイレの水洗試験で使った丸棒を流用。

f:id:shakesound:20150513165307j:plain

あとはすべてボンドで接着。でき上がり!

いいんじゃないの!試験管ディスプレイ!

f:id:shakesound:20150511194645j:plain

試験管にダイソーのカラーサンドを入れ、庭のお花を調達!

あら不思議。素敵なハイドロカルチャーです。フクロウさんのスペースも特段意図したわけでもないですが、ぴったり。

こうやって、DIYの楽しさを知る。

先日、連れのパン屋のチラシを自転車でポスティングしていたときに運命的に出会ったDIY工房の職人さん。脱サラし職人になり、NHKで放送していた「住まい自分流」にも出演経験があるそうで、本題のチラシ配りをそっちのけで話し込んでしまいましたよ。

そして興味深い一言。

なんで、DIYしたいという人が増えてるか分かる?

量販店にある、いわゆる規格物」がみんなの生活に合わなくなっているんだわ。生活が、暮らし方が「多様化」してるから。だからほんとは、「オーダーメイド」で良いものを手に入れるのが理想なんだけど、オーダーほど高いものはないよね。

だからみんな「DIY」して、自分でやりたいって言う人が増えてるのよ。

なぁに、一度覚えちまえば簡単。技術を得れば何だってできるよ。もちろん数をこなすことは大前提だけどね!

ますますやる気になってきちゃったよ。まず箱をつくれることが第一歩とのこと。

そして、完成をイメージできるようになれれば。日曜大工最高。

では。じゃばら。

 

-DIY, 小物・アクセサリー, 端材DIY

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.