Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY トイレ・水回り 端材DIY

予算3000円でトイレのタンク周りをリノベーション!【完結編】

DIYサラリーマン、むく太郎です。

昨夜は台風6号の影響で、ぼくの住む栃木県は大雨。現在は台風一過で、高気温と夏の青空を肌で感じています。夜勤明け後に愛犬と散歩。とにかく風が気持ちよかった。
一面に広がる緑を見つめ、穏やかにDIYをしながら生活しています。さぁ、ずっと書き掛けだったこの内容!完結させましょう!

 

予算3000円で味気のないトイレ周りをリノベーション!

f:id:shakesound:20150513002319j:image

今回は主にタンク周りをリメイクしていきました。話を追ってみてみたい方は下記リンクからご覧ください。

味気のない水洗トイレが、予算3000円でモダンなTOILETに!

続きを見る

材料おさらい(タンク)

  • ベニヤ板 910mm×600mm 4mm厚
  • ダイソー リフォームシート 3枚
  • 骨組み用1×2材 1820mm 3本
  • 天板用桐板 1820mm×300mm×19mm厚
  • ロウト
  • ホース 吐水口用、ロウト配水用
  • 油性ニススプレー 2本

あとはいつものボンド、ビス、サンドペーパーなど。

いろいろ買ったなぁ。さぁここまででいくらか。(信ぴょう性確保のため、次回はレシートの写真掲載しますね。)

購入代金!2200円!

あったものを除き、今回タンクのリノベーションにかかった代金です。(色々な試作で本当はもう少しだけ掛っていますが…。)

前回の続きから

f:id:shakesound:20150509220525j:plain

ニス塗りした天板を仮で設置したところまででしたね。さぁこの後は気になる水洗関連についてです。

ほんとにさまざまなやり方を模索しました。

f:id:shakesound:20150513160244j:plain

仕組みとしては、既存のレバーにひもをつけ、天板に付けた木工細工をレバーとして上にあげると水が流れる仕組みです。このタンクリメイクについて調べると、ほとんどの方はひもをレバーに付けて、手で引くやり方でした。でも同じこと(原理は同じです)じゃつまらないなと思い、こんなオリジナルの水洗レバーを設置しました。以外にもストレスなく、前に近い使用感で満足!

写真が無いのですが、吐水口用、ロウト配水用ホース を長さを確認しながら取り付け。

Sponsored Link

レバーの真上に縦10cm横3cmの枠ができるように天板を切り抜きます。

f:id:shakesound:20150513161251j:image

こちらも前回ロウトの受け口をカットした手順で切り抜きました。(切り口に縁を付けるかもっと丁寧に加工するときれいになりますねぇ。)そして、どうするか模索。

なんじゃこれというほど試作&試験。

f:id:shakesound:20150513151729j:plain

f:id:shakesound:20150513151746j:plain

ちなみにレバーは土台を含め、すべて端材を加工し制作。
そう。
天板のロウト受け口を抜いたときに出た、三日月のような形をしたやつ。
これをみて、この形をいかしてレバーをつくるつもりでした。
最終的に2×6材の端材を縦長の山型にし、三日月をボルトで固定。
レバーを回して天板に干渉しない位置でボンド付けしました。

完成!運命の第一回!うぉっ!  ジャー!!

f:id:shakesound:20150511194755j:plain

良くやりました。鉛筆にキックバネ付けて迷走した時間もこの一瞬のため。

地元の作家さんがつくった益子焼のフクロウも微笑んでいます。(いや、笑ってはないですね・・・。)

トイレのシステムは完成。

あとは、このインテリア雑貨を端材で制作したんですよ。

f:id:shakesound:20150511194728j:plain

既存からの脱出。
では。じゃばら。

 

-DIY, トイレ・水回り, 端材DIY

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.