Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥18,400 (2021/06/19 18:24:32時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY 照明

憧れのインダストリアルDIY!塩ビ管をアンティーク照明に大変身!【組立編】

どうも、むく太郎です。

アンティークなライトをDIYしてみました。

全てホームセンターで揃う材料だけ!

それでは、Let's DIY.(よろしくです)

「塩ビ管」がこのDIYのポイント

f:id:shakesound:20150529224042j:image

材料はこちら

  • 塩ビ管 10mm長 3本
  •  〃  13mm径エルボ 2個
  •  〃  13mm径チーズ 1個

塩ビ管がキモとなるこのDIY。

めちゃくちゃ安く材料は手にはいりますよ!

前回、こんな構想を抱いていました。

憧れのインダストリアルDIY!塩ビ管をアンティーク照明に大変身!【予告編】

続きを見る

さっそく組み立て

f:id:shakesound:20150529224030j:image

では、まずは上の写真のように塩ビ管を組み立てていきましょう。

2脚できたら、塩ビ管にチーズというT字の管を繋げていきます。

これで、脚が完成。

次は「ライト」のネック部分。

f:id:shakesound:20150529224059j:image

ネック部分の材料はこちら

  • 塩ビ管 10mm長 3本
  •  〃  13mm径45度エルボ 1個(ねずみ色は在庫がなかった・・・)
  •  〃  13mm径チーズ 1個

背骨になる部分ですね!

これを写真のようにパーツを繋げて組み立てます。

ちなみに黒いパーツは同じ色がなかったのでこれにしてるだけです。

ライトヘッド部分

f:id:shakesound:20150529224936j:image

材料はこちら

  • 塩ビ管 径違いソケット(20mm×13mm)
  •  〃  20mm径 1個
  •  〃  給水栓20mm径 1個

照明となる電球を取り付けるネック部分の材料です。

特に注意したいのが径違いソケットの部分、これを間違ったものにしてしまうと取り付けできなくなってしまうので、注意!

他に準備したもの。

f:id:shakesound:20150529224202j:image

ランプ電球や配線類はこちら

  • 17mm径ランプ 10W
  •  〃  ランプソケット(配線あり) 1個
  •  〃  延長コード(2m程が良いかも)

これで塩ビ管ランプは完成できます。

かかった費用は、塗料や電装器具込で2000円いかないくらい。

f:id:shakesound:20150530213725j:image

(先端で使う給水栓は別で約60円ほどでした。)

真鍮製管では、おそらく同じ材料でも費用は3倍近くかかると思われます。

そもそも塩ビ管で作るのは、コンセプトである安価で自分テイストを実現させたくて。

いったん休憩。その後、配線関係を進めます。

f:id:shakesound:20150529225036j:image

延長コードのメス側をペンチや万能ハサミで切断します。

※2016.03.21 頂いたコメントより。

ちゃんと圧着端子で圧着して接続して絶縁キャップをつけないとショートして火事になる可能性が高くなります。 後、できれば電気工事は資格とある程度の知識がないと非常に危険です

以下の作業は、素人が個人的に行った事象を紹介しております。この作業は危険が伴います。作業の際は、配線の仕組みを正しく理解して、且つ上記コメントをご参考に自己責任で行う事を推奨致します。

配線を10cm程剥き出し、白黒をふたまたに分けておきましょう。

f:id:shakesound:20150529225115j:image

ペンチやプライヤーでゴム覆を10cmほど剥きます。

配線を切らないよう注意。

ふたまたにしたら塩ビ管ネックに通しましょう

f:id:shakesound:20150529225144j:image

必ず先に通さないと、先端ランプを取り付ける時、管に通すことができません。(コード・オス側は太すぎますのでご注意を。)

先端にソケットを装着!ジャストフィット!

f:id:shakesound:20150529225211j:image

先端になる給水栓に配線付ソケットを装着。

きれいにハマりました。

配線を繋ぎ、絶縁テープで巻く。

f:id:shakesound:20150529225246j:image

各色ごとに間違えずに巻きつけます。(以前、配線同士が接触し軽い爆発があったのでここは絶対気を付けてください。)繋いだら、ネックをヘッドに差し込みます。

コードをコンセントにつなぎ、ライトテスト。

f:id:shakesound:20150529225312j:image

きちんと点灯するか確認しましょう。つかない場合は、もう一度解体し上記手順を確認!

こんなかんじで組みあがり!生まれたての塩ビ管ライト!

f:id:shakesound:20150529225429j:image

f:id:shakesound:20150529225351j:image

さぁ、組み立てが終わりホッと一息。あとはこれをどうやって、アンティーク調のイカしたアイテムにするのかは、次の記事で!

もちろんこの後更新します!

では。後ほど。

 

-DIY, 照明

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.