Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥19,800 (2021/10/28 20:20:05時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY 机・テーブル

予算5000円!ホームセンターで手に入る安価な材料で本格古材風デスクが出来ました。

こんばんは。むく太郎です。

シンプルなお一人様カフェデスクできました。

f:id:shakesound:20150625200433j:image
古材風にエイジング加工を施したSPF材。
立派なアンティーク感を醸し出しています!
グリーンも煤けた天板で映えています。
DIYって本当に楽しい。
自分で自分の好きなようにつくれる。
何もわからなかったぼくでも、理想(ゴール)をしっかりと準備することで少しづつ成長しています!
f:id:shakesound:20150625200449j:image

 

野暮な梅雨時期にコーヒーと読書に勤しめる机をDIY
ぜひ、一緒につくりましょ。

前回までの工程。

ホームセンターで手に入るSPF材とアンカーボルト、BRIWAXで出来る古材風アイアンデスクをDIY!(その1)

続きを見る

取り付けた脚は、立つものの実にバランス・安定感が悪い

という事でこんな感じに全ネジを入れました。

f:id:shakesound:20150625200510j:image
曲がるステーで固定。
実にDIY。
手作り感が出ていますが、ナットで絞めていくとボルトに沿ってジャストフィット。just fit.
ステーやネジの余った部分はベビーサンダーでカット&面取りでフラットに。
そのままでは手とか切ってしまうのでね。
(ちなみにサンディング中の金属は摩擦で非常に高温になりますので、素手では決して触れないようにしましょう。ぼくはやけどしました・・・・)

脚を塗装してよりスタイリッシュに。

f:id:shakesound:20150625200521j:image
無塗装でも無骨でかっこいいのですが、目指すのはカフェスタイル。
金属プライマーを吹き付け、アクリル塗料で黒に塗装。
絵筆でコツコツ塗っていきました。
THE・非効率
言うまでもないですが、刷毛は用途に応じてちゃんとしたものを選びましょう!

天板と木ねじを増し締め固定。

f:id:shakesound:20150625200533j:image
色を塗るだけで、雰囲気も出ますね。
塗装が乾いたら、水平器を使って微調整。
ボルトのネジ部分はあえて無塗装。
ナット部分に山座金的なものを入れればもっと安定するのかなぁ。
ここで脚の材料費のおさらい。
  • L字ボルト 200円  4個
  • 全ネジ1m 140円
  • 鉄片サドルバンド 20個入り 200円
  • フリーステー 140円

脚の部分は、ぼくの場合680円で済んでいます。

一番費用がかかったのは、ブライワックス2800円。

材料・塗料合わせて、5000円でおつりが来ます。

それでなにか付け足しても良し。

一度だけ言わせてください。

コスパいい。

完成。あとは多肉植物でも置いてみる。

f:id:shakesound:20150625200542j:image
一応完成しました。
これを機に無駄にでかいPCデスクを処分してこれを使おうかな。
生活にマッチしたものがスペースを作る。
ゆとりもね。
さてと、浅田次郎さんの「ハッピーリタイアメント」を寝ずに読了するつもり。
ほんと、引き込まれる。
天下りと借金。
ヒエラルキーの中のどこに自分は属して、果たしてどうなるのか。
要領の良さがモノを言う世間と今の自分の立場がものすごくリンクしていて、考えさせられながらページをめくっていました。
現実、エリートでもなく強力なコネも無く。
それでもこうして自分で生活を創る
なにがあっても芯をもって生きていきたいですね。
DIYというツールで幸せになれる気がするんだよね。
さて。急ぎ足で書いてしまった。
じゃばら。

2017/11/06追記

おかげさまでDIYを通じて、たくさんの方と出会う事ができました。

今、DIYで頂いたご縁でお仕事させて頂いています。

来年はネットショップを開業します。

応援よろしくお願いします!

【DIYをこれから始めたい方へ】

ぼくのやってきたことや情報がお役に立てば幸いです。

ぜひ、見てください!

【保存版】家具から食器、アイアンワークまで!DIYするなら持っておきたいおすすめ書籍6選!

続きを見る

 

-DIY, 机・テーブル

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.