Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥19,800 (2021/10/28 20:20:05時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY アイデア実例集 人気記事 机・テーブル

ホームセンターで手に入るSPF材とアンカーボルト、BRIWAXで出来る古材風アイアンデスクをDIY!(その1)

むく太郎⁂ です。

アイアンのデスクって憧れますよね。

でも、いざ買うとなると結構高いし、作るとなってもパーツがそれなり。

だからぼくは考えて…

むく太郎
ホームセンターの資材だけでつくりました!

ホームセンターの材料でオシャレなアイアンデスクを作っちゃおうか。

2018.9.11追記

今こんな感じでバリバリ使ってます!

f:id:アイアンデスクDIY

100円ショップのアイテムだって、フル活用。

塗装用刷毛やエイジング加工を施した金づちは100均のもの!

さて、つくるにあたり意識した最終イメージは、

古材の天板にアイアンの脚を施した机。

今回は、デスクの顔とも言える「天板」制作です。

では作業に入っていきましょう。

材料費?1500円ほど。(塗料代別)

f:id:アンカーボルト

材料はこちら

・SPF2×6材 600mm 3本

 

今回は机の天板として、SPF2×6材1820mmを1本を使用しました。

サイズに悩みましたが縦横のバランスが良いかなと思い、3分割にカット。

1本あればできちゃうんです。

カットできたら、写真の様に並べてサイズチェック!

ヤスリ掛けだって根気よく。

f:id:2×6材

続いては、やすり掛けです。

サンドペーパーでゴシゴシと研磨していきます。

番手は#60・#150の順番で丹精込めてヤスリ掛け。

これだけで肌触りが段違い。

粗い目で木肌を成形していく感覚で磨き、大方決まったら#150で全体をさらになめらかに。

安い材料だからこそ、こういう部分を念入りにやることで仕上がりが格段に変わります。

Sponsored Link


そして、カッター、ドライバー、ヤスリなどでエイジング加工を施していきます。

金づちで打痕を付けたり、砂利のある場所で転がしたり。(やりすぎ注意)

使い古した感がいい感じに出せます。

キズを付けたらまた#150で再度磨きましょう。

追記:2017年、ゴシゴシするのはもうやめた。(手作業の方、必見)

このオービタルサンダー、絶対的なマスト工具です!

詳しい使い方などは、こちらへ↓

いつまで紙ヤスリでゴシゴシやってるの?面倒なヤスリ掛けにはもう戻れないオービタルサンダーの魅力。

続きを見る

やすり掛けが終わったら、続いては塗装作業!

オイルステインで塗装。キズに色が乗る時の高揚感といったら。

f:id:100均オイルステイン

さて、お楽しみでもある塗装の回。

今回使った塗料は、オイルステイン。

木本来の木目を活かせるナチュラルな仕上がりが期待できます。

オイルステインをさっと伸ばし、2度塗り。

今回はオークという色のオイルステインを塗りこみます。

なかなかの着色です。

f:id:100均オイルステイン②

むく太郎
このツヤ。いいやろ。

格安の木材だって、塗装で高級感がグッと増します。

なんて素敵な木目!

2×6材の厚みの相乗効果もあるよね。

こんな感じで残りの2本もインターバル。

f:id:100均オイルステイン③

ざっと塗装作業はこうやります。

これをループ!

  • 1枚塗り終わったら放置
  • 2枚目塗り終わったら、1枚目をウエス(布)でふき取り。
  • 3枚目塗ったら2枚目拭き…

まぁ、ルーティンワークになるほど枚数も無いのですぐに終わります。(笑)

さて、塗装第1弾完了!

3枚並べてみました。

f:id:ブライワックスDIY

余分なオイルステインは、布でふき取り。

色は落ちつきます

写真では薄く見えますが、実物はもう少し濃くなっています

このまま10分ほど放置。

そして満を持して、ついにこいつが登場!

BRIWAX ジャコビアンを塗布していきます!

f:id:ブライワックスDIY②

憧れのブライワックス。

100円塗料からだいぶ出世し、ジャコビアンどんなもんよと思ったりもしましたが、その良さはすぐに分かりました。

DIYerはもちろん、プロの方も絶賛するその仕上がり。

この古材風とかアンティーク風というのを表現するには、コイツはマストなんです。

ちなみにジャコビアンは使い込んだような強めのこげ茶の着色

見よ。これがブライワックスの中身だ!

f:id:ブライワックスDIY③

見た目は悪くても、いい奴はたくさんいる。

たとえ少し匂っても。彼がその代名詞。

ガソリンくさい…?

という感じで初めて使った時はビックリしました。

温度によって固形から液体に変形するみたいです。

人体に有害なトルエンが入っていないという優しい一面も。

だからモテるんですね。

作業の際は、必ず風通しの良いところで!

NEWアイテム!スポンジ刷毛でムラOFF。

f:id:スポンジ刷毛

さっそく放置していた木材にワックスを上塗り。

それに使ったのはこのスポンジ刷毛。

普通の刷毛よりもムラがなくきれいに。

塗るという作業ではなんで今まで使わなかったんだというほどこれの実力を軽視していました・・・。

さて、塗った木材と塗っていない木材、ちょっと比較してみます。

左ジャコビアン塗り立て、中央・右オイルステインのみ。

f:id:着色比較

Sponsored Link


 

一目瞭然。深みが増します。

オイルステインだけでは、塗膜ができないのでこうして上塗りしてコーティング。

それにしてもエイジング、ちょっとやりすぎたかな・・・。

でも、しっかり色がキズに染み込んで、いい風合い!

30分ほど放置したら、ウエスでふき取る。

 f:id:ワックス拭き取り
塗ったら30分ほど放置。
この30分のうちに、たまった洗濯物を取り込んでしまいます。
さぁ、布で磨くようにふき取ると、いい感じにツヤが!
これが防水機能を発揮するんです。

今日はここまで。次回は脚の材料と取付について!

 f:id:アンカーボルトデスク
今回は、変哲の無い木材をバリバリのアンティーク調に塗装して机の天板に見事変貌を遂げました!
うむ。なかなかいいぞ。
塩ビ管ライト(写真)とSPFデスク。
どっちも材料費は1,000円ちょいですよ。
なに?安物だって?
いや、やり方次第でいいものに変えられます。
そんな感じでやっていきましょうね。
エイジングで古材感。塗装でカッコよく。
今後もチェックよろしくお願いします!
とりあえず、ブライワックスは買い!
では。じゃばら。

追記:2017.11.08

この記事を書いてから2年が過ぎました。

おかげさまでいろんなものをつくったり、新たな知見を得ることができています!

下記にいろいろまとめていますので、ご参考になれば幸いです。

これからDIYを始める方へ。

DIYを開始して、3年が経とうとしています。

この時間で得たものが少しでも参考になればと書きました。

これだけは押さえておきたいホームセンターで手に入るDIY初心者オススメの道具&木材

続きを見る

オススメのDIY書籍

これは、本当にぼくの中でオススメできる本たちです。

【保存版】家具から食器、アイアンワークまで!DIYするなら持っておきたいおすすめ書籍6選!

続きを見る

まさに家具、インテリアから食器、アイアンの無骨なアイテムまで。

知りたい手順が必ずあるはず!

ぜひ、一緒にDIYを楽しみましょう。

 

-DIY, アイデア実例集, 人気記事, 机・テーブル

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.