Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY ステーショナリー 端材DIY

端材もOK!たった1枚の合板から生み出すおしゃれペンスタンドをDIY!

こんばんは。むく太郎です。

f:id:ペンスタンドDIY1
突如現れたタヌキくん。しかしながら、背中は毛が抜け、皮膚病と思われる。
正月らしからぬ陽気に森から出てきたのだろうか。
とはいえ、長かった年末年始休暇も今日で終了。あれつくろう、これやろう、あっもう終わりかぁ
と大多数の方が感じてるであろう時間の短さにぼくももちろん、うろたえています。
そんななか新年明けてからの大掃除で見つけた合板の端材を用いて、素朴だけどちょっとだけ素敵なペンスタンドをつくってみました。

ファルカタ合板を重ねてできたペンスタンド(完成イメージ)。

f:id:ペンスタンドDIY2

2016年は図面も充実していきたいです。最近覚え始めた3DCAD。ざっとこんな感じでしょうか。100mm×100mmを6枚重ねて、真ん中に穴を掘りこんでいきます。

合板1枚を調達。端材でもよし。

材料はこちら。

  • ファルカタ合板  12mm×300mm×450mm 1枚
  • 木工ボンド     適宜

なんとシンプル。今回は金物材料は無しです!

合板の種類や厚みは様々ですが、できれば12mm厚で。

ファルカタって何?

ランバーコア、シナ、ラワン、ファルカタ。なんだか名称がいっぱいで何を選ぼうか迷ってしまいますが、今回のように重ねて何かをつくる時は、層の重なりが美しいものを使うと仕上がりがきれいになります!今回使用したファルカタ材も層の重なりがきれい、かつ下記引用のような特徴もご参考にしてみてください

ファルカタは生長の早い木なので、植林木として主にマレーシアに生育しています。
材質は桐に似ているので、、桐の代用材としても使用されています。
材質が軟らかく、木理が交錯していて、裂けにくいという特徴を持っています。
る為加工が容易で木工初心者にも扱いやすい木材だと言えます。
強度的には硬さがない為、ぶつけると凹みやすいのですが、その分、軽くて加工しやすく、DIY初心者にも扱いやすい材料です。
ただし、釘や木ネジの保持力はあまり強くはありません。
用途はタンスや机の引き出し(側板)等々。
表面も中芯もすべてファルカタでできています。
ただし、片側はあまりキレイにしあげていません。
軽くて白くて加工しやすく、お安い材料です。*1

お好みのサイズでラフにカットし、直線部を合わせ重ねる。

f:id:ペンスタンドDIY3

きれいに寸法に従って切ったつもりです。これはひどい。墨つけのえんぴつの芯先はきちんと合わせなくては駄目ですね。でも大丈夫。既存の直線部だけ合わせて重ねれば、あとは一緒にカットすればよいのです。2枚3枚重ねでボンド付け。底部分になる1枚は残しましょう。

両端に対角線を引き、重なったところを中心に穴を空けます。

f:id:ペンスタンドDIY4

この×の中心点に、ダイソーで買った直径51mmのホールソーで穴を空けます。

全て重ねたままだと穴あけが非常に苦労しますので(経験済み)、中心点に150mm長のドリルビットで下穴を貫通させて、分割してホールソーを利用しましょう。

穴を開けたら、全て重ねボンド付け。

f:id:ペンスタンドDIY5

写真と文章が前後してしまいますが、穴と直線部を合わせ、ボンドを満遍なく塗り接着。

この辺で1時間ほどコーヒーブレイクを入れます。

完全に固まったら、一角から両辺35mmほどに点を打ち、カット線を引きます。

上図のように切ると一気におしゃれ感が!

全体の面をそろえていくと、もうすぐ完成!

f:id:ペンスタンドDIY6

なんというか、ハムカツが6枚重なっているようです。

各面切り揃え、サンドペーパーやグラインダーで整えていきましょう。

ホール部分も淵をヤスリがけし、なめらかに。

完成!

f:id:ペンスタンドDIY7

上から。simple is best.

Sponsored Link

 

f:id:ペンスタンドDIY8

ちょっとした筆記用具ならバッチリ収納。黒ばかりだ。

f:id:ペンスタンドDIY9

横から。面取り技能向上を目指します。

完成です。ブライワックスで仕上げています。ただ、ぼくは今回ばかりは着色しなければよかったなぁと思います。せっかくのハムカツ感がうまく出ていない(各層の色が活かしきれていない)。クリア系の塗料や蜜ろうワックスでテカテカにすればもっと良くなった気がします。あと1枚ぶんの高さがあるといいかも・・。鉛筆が半身浴状態でちょっと不安定。まぁ、ステーショナリーとしてでなく、コーヒーシュガー入れなんてのも良いかもです。

カットの角度や枚数で広がるバリエーション

ホームセンターにある合板をミックスしてみるのも面白そう!

切り方、重ね方、組み合わせいろいろ。ワンコインで作れるということも魅力です。

ぜひ、今後も素敵な合板DIYを一緒に楽しみましょう!

では。

じゃばら。

 

-DIY, ステーショナリー, 端材DIY

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.