Sponsored Link

新着記事

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/3

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

2021/2/10

材料予算1万円以下!賃貸ルームをアップデートするディスプレイカウンターをDIY!

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 今の賃貸をアップデートするのに、必要なのは何でしょう。 GW、有意義に過ごされましたでしょうか。 そもそも「そんなの無かったよ。」という方もおられるかもしれませんが。 ぼくはコツコツとDIY、そして音楽にいそしむ毎日でした。 新たなご縁をいただいたり、お連れ様のパン屋さんに大好きなアーティストがまさかのご来店など。 (後ほど別で更新します) 好きです!! っていう気持ちは、持つと同時に伝えることが非常に重要ですね。 最高です。 ということで! 今回 ...

ReadMore

2021/2/10

予算1000円台でDIYした差し込み式3段シェルフは、どこにも連れていけるアウトドアギアになった

どうも、むく太郎です。 DIYできるのに、アウトドアギアを自作しないのはもったいない。 そう思ったぼくは、1000円を握りしめホームセンターへ。 そして、できたのがこれ。 差し込み式3段シェルフ ※動画でも公開されています!   1,000円でできました。(木材費用のみ) 2個のフレームに棚板をはめ込み、自立させるアウトドアギアにはオススメの3段シェルフです。 作り方をご紹介します! スギの角材をカット はじめにシェルフのフレームとなるスギの角材を寸法に合わせてカットしていきます。 30mm×40mmの厚 ...

ReadMore

DIY 照明 端材DIY

端材でここまで!置くだけでお部屋のアクセントになるアンティークな卓上ランプをDIY!(後編)

どうも。むく太郎です。

f:id:shakesound:DIYlump1

2017.11.15追記

ライフスタイルメディア「ROOMIE」でこちらの作品が】取り上げられています!

DIYのプロに教わる。アンティーク風の卓上ランプをDIYする方法 | ROOMIE(ルーミー)

前回の続き。今回は組立、完成まで一気にご紹介いたします!

まずはこちらを。

端材でここまで!置くだけでお部屋のアクセントになるアンティークな卓上ランプをDIY!(前編)

続きを見る

 

塗装後の写真は組みあがったものでご覧ください<m(__)m>

f:id:DIYlump2

そう。結構拭き取れてしまったのです

強めに擦らず、ソフトタッチで擦るともっと良くできたと思います。

それと電球ソケットの方も塗装しておきましょう

取り付けは、これまた雰囲気が出るように錆びたビスを使いました!

やっぱり本物には敵いません。

電球は17口径のランプ球10wをセット。

配線の方法はこんな感じ。

f:id:DIYlump3

図のようにオスのコンセント端子がついた配線を裂き、被膜を剥いて片方はスイッチの端子部分に圧着します。

もう片方は電球ソケットの配線に直接圧着してください。

コンセント端子は100円ショップの延長コードを切って、使用しています。

必ず絶縁キャプや絶縁テープを用いて+・-の配線が接触しないように注意しましょう。

接触するとショートして大変危険です。

仕組みについては、電球の配線方法などでお調べできますのでご参考に。

線の長さやバランスに気を付けて、完成。f:id:DIYlump4

禁断の裏面。

スイッチと電球配線の穴を目指して、下からトリマーで溝を掘り、そこに配線を隠しています

ちょっとこの辺は、後で改作が必要・・・。

配線をうまく収めるスペースづくりが課題です。

同じ木材で台座の下駄を作ってもいいかなぁ・・・。

飛び出している配線も塗装すると、なお良し!

f:id:DIYlump5

電球の配線も見えている部分だけ、同色の塗装を施すともっとスタイリッシュになりそう。黒系とか。あとはゴムチューブで隠すとか。やり方いろいろ。

縦に。壁付け照明としてもいけるのかも。

f:id:DIYlump6

なんとなく縦置きも良さげ。

となるとやはり後ろ側の改良は必須。

クセになるon/offの感触。

f:id:DIYlump7

ぼくが一番押したい(推したい)ポイントはこのトグルスイッチの切替

結構重みがあっていいんです。

「パチッ。」

という音もレトロを感じさせてくれる。

結果・・・。大満足!

f:id:DIYlump8

今回の端材DIYは、一番良い作品ができたと思います。

ベットのそばに置いて、読書用ランプ球を付ければ・・とかいろいろ試せそうだし!

何度も言っていますが、DIYは手段です。

目的は楽しく素敵な日々を過ごすこと。

では。

じゃばら。

 

-DIY, 照明, 端材DIY

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.