Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥18,400 (2021/06/19 18:24:32時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY 照明 端材DIY

端材でここまで!置くだけでお部屋のアクセントになるアンティークな卓上ランプをDIY!(後編)

どうも。むく太郎です。

f:id:shakesound:DIYlump1

2017.11.15追記

ライフスタイルメディア「ROOMIE」でこちらの作品が】取り上げられています!

DIYのプロに教わる。アンティーク風の卓上ランプをDIYする方法 | ROOMIE(ルーミー)

前回の続き。今回は組立、完成まで一気にご紹介いたします!

まずはこちらを。

端材でここまで!置くだけでお部屋のアクセントになるアンティークな卓上ランプをDIY!(前編)

続きを見る

 

塗装後の写真は組みあがったものでご覧ください<m(__)m>

f:id:DIYlump2

そう。結構拭き取れてしまったのです

強めに擦らず、ソフトタッチで擦るともっと良くできたと思います。

それと電球ソケットの方も塗装しておきましょう

取り付けは、これまた雰囲気が出るように錆びたビスを使いました!

やっぱり本物には敵いません。

電球は17口径のランプ球10wをセット。

配線の方法はこんな感じ。

f:id:DIYlump3

図のようにオスのコンセント端子がついた配線を裂き、被膜を剥いて片方はスイッチの端子部分に圧着します。

もう片方は電球ソケットの配線に直接圧着してください。

コンセント端子は100円ショップの延長コードを切って、使用しています。

必ず絶縁キャプや絶縁テープを用いて+・-の配線が接触しないように注意しましょう。

接触するとショートして大変危険です。

仕組みについては、電球の配線方法などでお調べできますのでご参考に。

線の長さやバランスに気を付けて、完成。f:id:DIYlump4

禁断の裏面。

スイッチと電球配線の穴を目指して、下からトリマーで溝を掘り、そこに配線を隠しています

ちょっとこの辺は、後で改作が必要・・・。

配線をうまく収めるスペースづくりが課題です。

同じ木材で台座の下駄を作ってもいいかなぁ・・・。

飛び出している配線も塗装すると、なお良し!

f:id:DIYlump5

電球の配線も見えている部分だけ、同色の塗装を施すともっとスタイリッシュになりそう。黒系とか。あとはゴムチューブで隠すとか。やり方いろいろ。

縦に。壁付け照明としてもいけるのかも。

f:id:DIYlump6

なんとなく縦置きも良さげ。

となるとやはり後ろ側の改良は必須。

クセになるon/offの感触。

f:id:DIYlump7

ぼくが一番押したい(推したい)ポイントはこのトグルスイッチの切替

結構重みがあっていいんです。

「パチッ。」

という音もレトロを感じさせてくれる。

結果・・・。大満足!

f:id:DIYlump8

今回の端材DIYは、一番良い作品ができたと思います。

ベットのそばに置いて、読書用ランプ球を付ければ・・とかいろいろ試せそうだし!

何度も言っていますが、DIYは手段です。

目的は楽しく素敵な日々を過ごすこと。

では。

じゃばら。

 

-DIY, 照明, 端材DIY

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.