Sponsored Link

新着記事

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/3

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

2021/2/10

材料予算1万円以下!賃貸ルームをアップデートするディスプレイカウンターをDIY!

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 今の賃貸をアップデートするのに、必要なのは何でしょう。 GW、有意義に過ごされましたでしょうか。 そもそも「そんなの無かったよ。」という方もおられるかもしれませんが。 ぼくはコツコツとDIY、そして音楽にいそしむ毎日でした。 新たなご縁をいただいたり、お連れ様のパン屋さんに大好きなアーティストがまさかのご来店など。 (後ほど別で更新します) 好きです!! っていう気持ちは、持つと同時に伝えることが非常に重要ですね。 最高です。 ということで! 今回 ...

ReadMore

2021/2/10

予算1000円台でDIYした差し込み式3段シェルフは、どこにも連れていけるアウトドアギアになった

どうも、むく太郎です。 DIYできるのに、アウトドアギアを自作しないのはもったいない。 そう思ったぼくは、1000円を握りしめホームセンターへ。 そして、できたのがこれ。 差し込み式3段シェルフ ※動画でも公開されています!   1,000円でできました。(木材費用のみ) 2個のフレームに棚板をはめ込み、自立させるアウトドアギアにはオススメの3段シェルフです。 作り方をご紹介します! スギの角材をカット はじめにシェルフのフレームとなるスギの角材を寸法に合わせてカットしていきます。 30mm×40mmの厚 ...

ReadMore

DIY 参考書籍

【DIY】シャビーシックやアンティーク風インテリアが大好きなぼくが本気でオススメする参考書は、これ!【初心者必見②】

どうも。むく太郎です。

f:id:shakesound:20160310113008j:image

ぼくのブログを初期から見てくださっている方はご存知かもしれませんが、ぼくはこんなインテリアスタイルが好みです。

  • 古家具を利用したカフェ風
  • アンティーク雑貨も置きたい
  • シャビ―な塗装で落ち着きを

とにかく年季の入ったレトロ系のスタイルが大好き。でも、実際は本物を手に入れるとなると意外と値が張っていたりします。だから自分でそれに近い物を極力安価でつくっているのですが、そこで参考にしている書籍があります。アンティークなDIYを実践されている方はもうご存知だとは思いますが、

スクラップメイドのインテリア

created by Rinker
¥2,090 (2021/03/06 20:56:37時点 Amazon調べ-詳細)

かなり実用的。ぼくが実践している加工、塗装はこの書籍を参考にさせてもらい、自分なりにアレンジしています。中でも目から鱗だった技法が以下の二つ。

塩ビ管を本物の鉄製のように塗装する技法。

f:id:shakesound:20150530220317j:plain

これ灰色のよくある塩ビ管でした。

アクリル塗料、バターミルクペイント、そして鉄のゴツゴツした質感を表現するのに‘秘密の素材,を使っています!

こちらのエントリで技法の詳細は記載されていますので、よかったらご参考に。

荒れた木肌の野地板を年季の入った古木に加工する技法

f:id:shakesound:20151109161310j:plain

こちらもある技法を用いて、年輪を浮かせています。ちょっと場所と安全性を確保しなければいけませんが、でき上がりの肌触りはまるで古材。蜜ろうワックスで仕上げれば、スベスベに。詳細はこちら

伊波さんもインタビューでこう述べています。

f:id:shakesound:20160310112153p:plain

「アンティーク家具のショップがあるとつい覗いてしまう」という方、いらっしゃいますよね。

お店で販売しているアンティークな家具やガーデニングアイテムは、よいものであれば値段もそれなりにします。
僕はあるときから「それならば自分で作ってしまおう」と考えて、エイジングのワザを磨き、自ら販売しているものにもエイジングを施してきました。

この本では、長年培ったエイジングのワザを取り入れて、自分でできるオールドテイストなものづくりを紹介しています。*1

著者の伊波永吉さんのWebサイト

THE OLD TOWN `WORK`

作品ギャラリーが掲載されていますので、アンティーク系やシャビ―シックが好きな方はぜひご参考に。

では。じゃばら。

 

-DIY, 参考書籍

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.