Sponsored Link

新着記事

LIFESTYLE オススメ

2020/1/27

【蒸れない】冷え性の方にこっそり教えたい、履く今治タオル「mekke」

どうも、むく太郎です。 冷え性だけど足が蒸れる。それでさらに足先が… ほんとに困ったもんです。 冷えは、万病の元ですから何かいい靴下ないのかねぇ。 ありましたよ。いいのが。 ぼくみたいに足元をもっと快適にしたいあなたにオススメのアイテムがこれ。 オーソドックスなスタイル「コンテックス・mekke」 今治でつくられた逸品 kontex(コンテックスコットンの靴下 メッケ(1足) ネイビー(NV) サイズM created by Rinker 家具の里 ¥1,320 (2020/1/27 18:38 ...

ReadMore

月次計画 目標達成

2020/1/15

【今年の目標】やりたいことリストをジャンル別に書いてみました。【達成したらチェック】

どうも、むく太郎です。 2020年、令和2年を迎えいかがお過ごしでしょうか。 目標は必ず達成する。 そう心に誓い、『やることリスト』を書き出してみました。  

ReadMore

月次総括

2020/1/11

2019年総括-9つの質問で1年を振り返ってみました-

どうも、むく太郎です。 さぁ、2019年も幕を閉じます。 いや正しくは閉じて、2020年1月も半ばへ笑 遅ればせながら、2019年を振り返りたいと思います。 いろいろありましたねぇ。 今回は、「9つの質問」に沿って振り返りたいと思います。 ※ラジオはこちら! 第42回:2019年総括 1.今年うまくいったことはなんですか むく太郎「やりたいことができた」かなと思ってます。 理由としては、自分のやりたいことを実現できるようにスケジュール管理やプラン立てをする「方法」を学び、実践できたからです。 まず「何のた ...

ReadMore

登山

2020/1/10

冬の登山やハイキングに必須。軽アイゼンというアイテム

どうも、むく太郎です。 冬のハイキングや登山、ずっといきたいと思ってたんですが、安全性を考慮すると「行かない」 そんな選択を重ねてきました。 ですが、冬山へ行く機会がついに。(詳細は下へ続きます) そんな先日の登山で地味に活躍したもの。 それが、軽アイゼン。 アイゼンってなんだ? さて、このアイゼン。 そもそも何なんでしょうか。 氷上や雪道を歩く時に靴に装着する爪がついた滑り止めのこと。 特に登山では、地面のコンディションによって爪の数を変えたりして、対応していきます。 で、その中でも簡易的なものが「軽ア ...

ReadMore

LIFESTYLE Think of Things 情報整理術 時間管理術

2020/1/7

やりたいことができるようになる最強の習慣【1人作戦会議】

どうも、むく太郎です。 毎週1時間だけ「この作業」をしたら、1年後には今では想像できない場所に到達できる。 そんな方法あったら、やってみたいと思いませんか。  

ReadMore

DIY 参考書籍

【DIY】シャビーシックやアンティーク風インテリアが大好きなぼくが本気でオススメする参考書は、これ!【初心者必見②】

更新日:

どうも。むく太郎です。

f:id:shakesound:20160310113008j:image

ぼくのブログを初期から見てくださっている方はご存知かもしれませんが、ぼくはこんなインテリアスタイルが好みです。

  • 古家具を利用したカフェ風
  • アンティーク雑貨も置きたい
  • シャビ―な塗装で落ち着きを

とにかく年季の入ったレトロ系のスタイルが大好き。でも、実際は本物を手に入れるとなると意外と値が張っていたりします。だから自分でそれに近い物を極力安価でつくっているのですが、そこで参考にしている書籍があります。アンティークなDIYを実践されている方はもうご存知だとは思いますが、

スクラップメイドのインテリア

スクラップメイドのインテリア

スクラップメイドのインテリア

かなり実用的。ぼくが実践している加工、塗装はこの書籍を参考にさせてもらい、自分なりにアレンジしています。中でも目から鱗だった技法が以下の二つ。

塩ビ管を本物の鉄製のように塗装する技法。

f:id:shakesound:20150530220317j:plain

これ灰色のよくある塩ビ管でした。アクリル塗料、バターミルクペイント、そして鉄のゴツゴツした質感を表現するのに‘秘密の素材,を使っています!

こちらのエントリで技法の詳細は記載されていますので、よかったらご参考に。

荒れた木肌の野地板を年季の入った古木に加工する技法

f:id:shakesound:20151109161310j:plain

こちらもある技法を用いて、年輪を浮かせています。ちょっと場所と安全性を確保しなければいけませんが、でき上がりの肌触りはまるで古材。蜜ろうワックスで仕上げれば、スベスベに。詳細はこちら

伊波さんもインタビューでこう述べています。

f:id:shakesound:20160310112153p:plain

「アンティーク家具のショップがあるとつい覗いてしまう」という方、いらっしゃいますよね。

お店で販売しているアンティークな家具やガーデニングアイテムは、よいものであれば値段もそれなりにします。
僕はあるときから「それならば自分で作ってしまおう」と考えて、エイジングのワザを磨き、自ら販売しているものにもエイジングを施してきました。

この本では、長年培ったエイジングのワザを取り入れて、自分でできるオールドテイストなものづくりを紹介しています。*1

著者の伊波永吉さんのWebサイト

THE OLD TOWN `WORK`

作品ギャラリーが掲載されていますので、アンティーク系やシャビ―シックが好きな方はぜひご参考に。

関連記事はこちら。

DIYで人生を愉快にサーフィンするブログ「SHIe」

では。じゃばら。

 

-DIY, 参考書籍

Copyright© SHIe , 2020 All Rights Reserved.