Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥19,800 (2021/10/16 20:04:46時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

30代の人生設計

なんとイベント出店が決定。DIYで生み出す売上実績と自分への投資

こんばんは。むく太郎⁂ (@wd_mukutaro)です。

f:id:ハンドメイド売上

この度、ぼく。むく太郎は野外のイベントにて物販出店をすることが決まりました。

ひょんなことから決まったこと。

ぼくはこの自分だけのDIYから、誰かのための製作にイベントまでの期間、注力したいと思います。

このシャビ―な板に名前を入れて、看板にしようと思って。

せっかくやらせてもらう以上、材料・仕上がり・使いやすさ・木の良さを十分に考慮して製作していきたい。

イベントまであと2週間。

f:id:ハンドメイド出店

開催場所、イベント名、あえて文書には起こしません。

はっきり言いますと、このイベント。かなり面白い。何がっていうと、歯医者さんの広場を使ってやっていること。

っていうのは、どうでもいいんですが、「音・灯・食・宴」をメインテーマとし昨年は連れの手伝いで参加したんですが、人がすごい。

各種メディアに取り上げられ、公式の発表によると当初予想を上回る800名。

地区レベルのイベントでこの数字はなかなか出せない。今回はそれを超える来場者を見込んでいるとのこと。

そしてなおかつ、運営資金をクラウドファンディングで資金調達しているということ。

クラウドファンディングとは?

f:id:クラウドファンディング

クラウドファンディング英語:Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である[1][2]。ソーシャルファンディングとも呼ばれる[3]*1

インターネットで事業(イベント)の魅力を発信し、支援者から資金提供を受けつつ、何らかの見返りを出すというのが一般的らしいですね。

バンドマン時代、ミュージシャンでもCDリリースの費用をこのクラウドファンディングで実際に調達した方もぼくは、知っています。反面、まったく集まらず企画は白紙という例も見ました・・・。

そんな需要と供給がリアルタイムでいい意味でも悪い意味でも見ることができるこのシステム。

さて、先ほどクラウドファンディングのHPを確認したところ、すでに目標額に達成していた。アツいね。

この状況。運営協力者出店者トライアングルお客さんに質の高い時間を提供できるというイベントに参加できるという事が、ただ会社に行き、言われた仕事を間違いなくこなすのが至上命題になっていたぼく久しぶりにワクワクさせてくれているんです。

 やるからには、結果を出す。

そんな活気もあり、オシャレなイベントですから、同ジャンルでいう木工クラフトのプロや名のある雑貨屋さんなどがたくさん出ます。そういったプロの方々が店の名を掛けた商品を持ってくるのですから、考えようではDIYサラリーマン?なめんな!となってしまいそうです。(実際、平日会社員でイベントではコーヒー屋さんという方もたくさん見ています)

だけども、DIYをやっているサラリーマンの出店が決まってしまった以上、そういった方々にイベントでの売り上げで戦ってみたいというのが、少なからず本音です。

ぼくの目標は、持込み商品の半分を売り切ることです。

f:id:ハンドメイド マネタイズ

約束を決めておきます。

  1. 価格は材料費×2+500円で設定。
  2. 売上をイベント後のエントリで公開します。
  3. 1点でも売れなかったら、このブログの更新を停止します。

これは、約束します。 ここで実績を出せば、このDIYの新たな側面を見出せると思っています。ハンドメイド販売アプリの人気の上昇傾向や多様な作家、アーティストの需要をみて、ぼくもやってみます。

作る→売れる→利益で投資→さらにいいものをつくる。

イベントではたくさんのお店が並びます。目当てのお店だけに向かうお客さんの数より、フラッと立ち寄ったフラットな目線のお客さんの数の方が絶対的に多い。だからこそ、「作る」と「売れる」の間にあるものをよく研究して、イベントに臨みます!

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

-30代の人生設計

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.