Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY 机・テーブル

予算は5000円!溶接なしで本格的なアイアンテーブルをDIYしてみたよ。(完成編)

DIYサラリーマン・むく太郎です。

f:id:shakesound:20170901102845j:image

ジャン!

こちらのエントリの続きです。

65
【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

続きを見る

難しい溶接無しで、憧れのアイアンのテーブルができました!

しかも予算は5000円以内!

メモ

*今回の費用*

  • アングル 4本  2400円
  • 板材        2000円
  • ボルト&ナット  480円

  トータル 4,880円

アンティークスタイルを目指すなら、やるしかない!

 

天板を取り付け。

使ったのはヒノキ材。

f:id:shakesound:20170813192710j:plain

こちらはヒノキの板材です。

厚さは25mm、幅1枚170mmです。

フレームに収まるよう1810~1820mmに(うまく調整してください!)カットします。

3枚作っておきましょう。

端にあたる部分はトリマーでミゾ彫り。

f:id:shakesound:20170901085605j:plain

そうそう、この板。

普通にはめようとするとフレームのボルトに確実に干渉します。

それを避けるため、天板両側面にミゾをつくっておきます。

f:id:shakesound:20170830145142j:plain

ボルトの位置にもよりますが、板の厚みが25mmなので15mm~20mmくらいガッと削ってしまいましょう!

幅広のストレートビットを取り付けておくと、楽ですね!

f:id:shakesound:20170830145200j:plain

こんなかんじに。

f:id:shakesound:20170830145129j:plain

ぼくは今回、長めのボルトを使ってしまい、四隅はこんな感じにミゾも対応。

ほかの箇所は切断できたのですが、ここはできませんでした。(短いものに変えればいいだけでした…)

塗装!アンティークスタイルにはワトコオイル!

f:id:shakesound:20170830145124j:plain

アンティーク風に欠かせないのが、ワトコオイル。

ダークウォルナットを満遍なく塗布。

しっかり染み込ませ、拭き取りします。

木目がグッドです!

ワトコオイル 1LW-13 ダークウォルナット【あす楽】

フレームにはめていきます!

ゆっくり、丁寧に。

f:id:shakesound:20170830145113j:plain

前回製作した、フレームに天板となる板材をはめていきます。

f:id:shakesound:20170830145104j:plain

フレーム、板、ともにほんの少しのそりと歪み。

矯正していくようにきっちりはめ込みます!

天板を薄い板で固定。

f:id:shakesound:20170830145109j:plain

薄い板材で天板を固定します。

このとき、フレームアングルも一緒に挟み込む感じで。

こうすることで一気に丈夫になり、一体感が生まれます!

完成!!!!

f:id:shakesound:20170830145058j:plain

できました。

会議室のテーブルにはしないつもりでしたが、

むく太郎
似ています…

ただ、こっちのほうがカッコいい!

f:id:shakesound:20170901101804j:plain

板の切り方を失敗した例。

このガタガタ感も味を出しています。(言訳)

11.6インチのモバイルPCを置くとわかる、その広さ。

f:id:shakesound:20170901101952j:plain

まったくブログ更新という作業に支障がありません。

というか、せっかくなのでここで更新中!

愛機のPCを置くとこんな感じになります。

がんがん使えます。ただ、気になる点が。

問題点

アングル幅は厚いほうがしっかりする。

f:id:shakesound:20170831084030j:plain

ここで問題点。

丈夫にはできているんですが、25mm幅のアングルは、やっぱり華奢。

天板枠はこれでもいいけど、脚はもうちょい広めのほうが絶対いいです!

筋交いを伸ばしたり増やしてもいいですが、だったら幅広でコストを下げたほうがいいよね。

なので脚部分はサイズを考慮したほうがよさそう。

ぐらつく机じゃダメですもんね!

この辺もさらに考えていきたいと思います。

アイアンDIYもやり方次第

以上、溶接なしのアイアンDIYでした。

鉄は木よりも扱いにくいところがありますが、ゆっくり丁寧に仕上げていけば、カッコいいものが作れます。

あとは、やり方。アングル、丸棒、フラットバー、ワイヤー。

様々な材料を自分の頭の中でしっかり組み立て、シミュレーションすることが大切!

ほしいもの、つくりたいものをつくる!

それがDIYの面白さです。

今年は溶接に挑戦するぞー!!

では、じゃばら。

 

 

-DIY, 机・テーブル

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.