iPhoneショートカット 情報整理術

【Google検索】音声を認識して、自動でWeb検索するショートカット

更新日:

どうも、むく太郎です。

最近、スマホで文字を打つのが嫌いになってきました。

LINEすらできれば、PCでログインして使うほど…

けっさChromeアプリで音声入力することも多くなってきましたが、いちいち開いてマイクボタンをタップするのも手間に…

むく太郎
単語をしゃべるだけで検索したい。いちいちChromeを開かずに。

と言うことで今回は、iPhoneのショートカットを活用し、音声入力でダイレクトにGoogle検索する仕組みを構築しました!

今回の前提

・ワンタップでマイクを起動し、そのまま入力されたキーワードをGoogle検索したい

・瞬時にWeb検索を可能にしたい

音声入力は、一度便利さが分かるとやめられないですね。

自宅では、これで喋って検索してます。

↓動画でチェック↓

こんな感じで、ショートカットをワンタップで一括設定したいアラームをオンにすることができます!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ショートカットとはなんぞや?

【iPhone・iPadでダウンロード】

ショートカット

ショートカット
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

iPhoneユーザーの方、このアイコンに見覚えはありませんか?

これが「ショートカット」アプリです。

例えば、

  • 写真を自動でトリミングしたい
  • 複数のアラームをON/OFFしたい
  • 自宅に帰ったら、やることリストを自動表示

などなど、こんなことができてしまうんですねぇ。

ぼくもつい最近まで、アンインストールしてましたが、速攻再インストール!笑

使い出すと、とても便利です。

では、さっそくショートカット構築をしていきたいと思います!

最初の設定:「音声入力」をオンにしておく

このショートカットを利用する際に必須の設定があります。

まず iPhoneの「設定」→「一般」→「キーボード」の順で進み、「音声入力」をオンにしてください。

でないと音声入力自体が使えないのでご注意ください。

Sponsored Link

ダイレクトに音声入力でGoogle検索するショートカットの作り方

それでは、ショートカットアプリを使って実際に、プログラムを組み立てていきます。

ショートカットのタイトルとして「音声検索」と仮に名付けました。

タイトルを入力したら、「アクションを追加」でスタートします。

STEP1:テキストを音声入力する

音声入力の土台と大袈裟に書きましたが、とても簡単でございます。

検索窓に「テキスト」と入力し、「テキストを音声入力」という項目を選択します。

Sponsored Link

すると、「テキストを音声入力」という項目が追加されます。

追加されたら、最下部の検索窓に移動しましょう。

STEP2:検索エンジンを決める

続いて、検索エンジンの設定をしていきます。

ぼくの場合は、冒頭でも書いたように「GoogleChrome」のアプリで。

なので、それを例に書いていきます。

検索窓に「Chrome」と入力すると候補がズラリ。

上図のように「Chromeで検索」をタップし、Google検索を実行できるようにしました。

※「Safari」など、同じように検索エンジンをお好みで変えられます。

設定完了!音声検索を実行してみます

作成したショートカットをホーム画面に追加して、起動。

「DIYで人生を愉快にサーフィンするラジオ」と話すと、Googleで瞬時に検索結果を表示してくれました。

応用編:Twitter検索もできます

Web検索だけでなく、Twitterの検索にもこのショートカットは応用できます。

Chrome」でなく「Twitterで検索」というようにプログラムを変更するだけでOKI!

これでTwitterのキーワード検索が声だけで可能になりました。

お好みの検索エンジンで試してみてね

はい、ということで今回は、iPhoneショートカットを使って、「ダイレクトに音声入力でWeb検索をする」でした!

声が出せる場所では、指入力より圧倒的にラクチンです!

ぜひ、やってみてくださいね!

では、じゃばら。

 

-iPhoneショートカット, 情報整理術

Copyright© SHIe , 2022 All Rights Reserved.