Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥18,400 (2021/06/19 18:24:32時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY 小物・アクセサリー 看板・ボード 端材DIY

オシャレはガラクタから⁉端材でつくるアローサインDIY

こんばんは!むく太郎⁂ (@wd_mukutaro) です!

YAJIRUSHI!

f:id:shakesound:20170821181318j:plain

今回は、ほぼ手工具のみで仕上げました!

「端材を活かす」を考え、できたこのアローサイン。

お部屋のディスプレイやフックをつけて壁掛けのキーラックなど使い道いろいろ。

 

用意するのは、端材!ベニヤ板!

f:id:shakesound:20170821182032j:plain

これ、W700mm×H500mmくらいあって意外とでかいんです。

でも使うのは、端っこの部分だけ。

前に作ったディスプレイボックスの背板として使ったあまり。

憧れのシャビーシックでカフェ気分!試験管アレンジのシンプルラック - DIYサラリーマン・むく太郎EX

そして、山ほどある端材から角棒をセレクト。

f:id:shakesound:20170821182129j:plain

薄汚れているくらいがちょうどいい。

ぼくの好むシャビーな質感は、こういうものから生まれます!

ベニヤからカットしていきます!

墨付け

f:id:shakesound:20170821182147j:plain

ほんとに端っこだけです・・・・。

端から両辺100mmの位置に印をつけ、線で結びます。

f:id:shakesound:20170821185849j:image

引いた線の中央から端まで垂直に線を出し、さしがねの角を合わせ、両辺「4」の位置に最初の線が合うように。

そして、直角に線を引きます。

こんな感じで。

Sponsored Link

f:id:shakesound:20170821185906j:image

矢印部分のカット

線が引けたら、下の写真のようにカット。

L字の両端がシャープになったようなデザインになります。

f:id:shakesound:20170821211903j:image

羽根部分のカット
f:id:shakesound:20170821185920j:image

先ほどカットした切り口。両端の切り口から60mmの位置に印をつけ、線を結び(手前のもう一本の線は誤りです)、手ノコでカット。

切り取ったら中央に印をつけ、垂直に線を引きます。

そう、またさしがねを下辺に当て、「4」の位置で墨付け。

矢印部分をカットしましょう。

そうすると羽根部分のパーツができ上がります!

f:id:shakesound:20170821210608j:image

矢印の芯は、もちろん端材。

浮造り加工

f:id:shakesound:20170821182058j:plain

最初に用意した角棒をバーナーであぶりましょう。

周囲の安全、高温に注意し作業します。

これでもかというくらいあぶってOK!

熱があるので、少々時間をあけてやすり掛け。

f:id:shakesound:20170821182048j:plain

おぉ。今日もいい感じ。

まるでチョコレートブラウニーやん。

それにしか見えません。

バーナーであぶって表面を削ると、木目が強調されてシャビーな感じに。

これを浮造り加工と呼びます。

たまに古い住宅で木製の塀とかありますよね?

それ、よくみるとこの技法が使われていることが多いのです。

見栄えも良くなるうえ、防腐・防虫にも効果があるんだそう。

ただ「スス」で手が黒くなるので、手袋はマストです!

各パーツの取り付け

f:id:shakesound:20170821182043j:plain

あとは矢印にするだけ!

ここで一番良かったこと。

「木割れしないビス」

めちゃくちゃいい!!

取り付けはビスで。

いつも使ってる徳用ビスじゃなんです。

木割れしないスリムビス。

今までは取り付けるときに下穴をあけていないと、こんな薄いベニヤではいとも簡単に「バリッ」と音を立てて割れてしまいました。

でも今回は「木割れしないビス」

下穴をあけず、恐る恐るインパクト始動!

「あっ、めちゃくちゃいい」

全く割れず、きれいに固定。これはハマりそう。

やっぱり作品には工具や道具の良しあしもあるけど、こういう材料も選ばなきゃだめだなぁと思いました。

完成!

使い道はいろいろ。

f:id:shakesound:20170821214714j:image

取り付けたパーツもバーナーであぶって、やすり掛け。

あっという間におしゃれなアローサインの完成です!

冒頭に書いたようにお部屋のインテリアでもアレンジしてもOK!

f:id:shakesound:20170821221816j:image

DIYで家具やインテリアが増えるほど、端材もどんどんたまっていきます。

たまには、こんな使い方もいいのでは!

ぜひ、チャレンジしてね。

では。じゃばら。

読んでくれたあなたにおすすめ!

 

-DIY, 小物・アクセサリー, 看板・ボード, 端材DIY

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.