Sponsored Link

新着記事

LIFESTYLE オススメ

2020/1/27

【蒸れない】冷え性の方にこっそり教えたい、履く今治タオル「mekke」

どうも、むく太郎です。 冷え性だけど足が蒸れる。それでさらに足先が… ほんとに困ったもんです。 冷えは、万病の元ですから何かいい靴下ないのかねぇ。 ありましたよ。いいのが。 ぼくみたいに足元をもっと快適にしたいあなたにオススメのアイテムがこれ。 オーソドックスなスタイル「コンテックス・mekke」 今治でつくられた逸品 kontex(コンテックスコットンの靴下 メッケ(1足) ネイビー(NV) サイズM created by Rinker 家具の里 ¥1,320 (2020/1/27 18:38 ...

ReadMore

月次計画 目標達成

2020/1/15

【今年の目標】やりたいことリストをジャンル別に書いてみました。【達成したらチェック】

どうも、むく太郎です。 2020年、令和2年を迎えいかがお過ごしでしょうか。 目標は必ず達成する。 そう心に誓い、『やることリスト』を書き出してみました。  

ReadMore

月次総括

2020/1/11

2019年総括-9つの質問で1年を振り返ってみました-

どうも、むく太郎です。 さぁ、2019年も幕を閉じます。 いや正しくは閉じて、2020年1月も半ばへ笑 遅ればせながら、2019年を振り返りたいと思います。 いろいろありましたねぇ。 今回は、「9つの質問」に沿って振り返りたいと思います。 ※ラジオはこちら! 第42回:2019年総括 1.今年うまくいったことはなんですか むく太郎「やりたいことができた」かなと思ってます。 理由としては、自分のやりたいことを実現できるようにスケジュール管理やプラン立てをする「方法」を学び、実践できたからです。 まず「何のた ...

ReadMore

登山

2020/1/10

冬の登山やハイキングに必須。軽アイゼンというアイテム

どうも、むく太郎です。 冬のハイキングや登山、ずっといきたいと思ってたんですが、安全性を考慮すると「行かない」 そんな選択を重ねてきました。 ですが、冬山へ行く機会がついに。(詳細は下へ続きます) そんな先日の登山で地味に活躍したもの。 それが、軽アイゼン。 アイゼンってなんだ? さて、このアイゼン。 そもそも何なんでしょうか。 氷上や雪道を歩く時に靴に装着する爪がついた滑り止めのこと。 特に登山では、地面のコンディションによって爪の数を変えたりして、対応していきます。 で、その中でも簡易的なものが「軽ア ...

ReadMore

LIFESTYLE Think of Things 情報整理術 時間管理術

2020/1/7

やりたいことができるようになる最強の習慣【1人作戦会議】

どうも、むく太郎です。 毎週1時間だけ「この作業」をしたら、1年後には今では想像できない場所に到達できる。 そんな方法あったら、やってみたいと思いませんか。  

ReadMore

DIY アイデア実例集

つくった家具、重すぎないですか?DIYで気を付けたい材料選びと設計の工夫

投稿日:

f:id:shakesound:20170112200408j:image

 

こんばんは。むく太郎です。

最近、家具をつくって思うことがあるんです。

ぼくの作品、めっちゃ重い。

ぼくの経験談。

市販の家具とDIYした家具。

でき栄えはいいんです。自分好みにしているので!

何が違うか。

例えばPCデスク。

インテリア家具大手チェーンのものをまねて、つくったことがあります。

それをアンティーク風にしたり、独自に装飾性を持たせてみたり。

できてしまえば、圧倒的に愛着がわくのは、DIYしたもの。

でも、つくった自分はいいんですが、もし他人が使う場合のとき。

こういわれたことがあります。

これ、重くて移動できないから前の(市販の)やつに戻してちょーだい。

なかなかショックです。

DIYを頻繁にしていて、共用のものなどをつくられる方なら、一度は経験されていると思います。

「せっかく、つくったのに~!」と思うところはありますが、いざ、改めて冷静に考えると確かにDIYでつくったものって、市販品より激重。

もうね、真のDIYサラリーマンになるためにね、いろいろ考えてみました。

なんでこんなに重くなるのか。

丈夫で安価な2×材を多用。

そもそもなんでこんなに重さが出るのか。

つくったものを眺めてみると、こんなことが。

f:id:shakesound:20170112184841p:plain

懐かし。

f:id:shakesound:20170112184933p:plain

初めてつくったベンチ。

ふむふむ。おっ!

2×材、めっちゃ使ってますやん。

そうなんです。上の2つは2×6材を使った家具。

特にベンチは大柄というわけでもないのに、移動するときはぼくでも結構大変。

2×6材の重量は1820mm(6ft)のもので、約4㎏。

確か3本は使用しているので、12kgは優に超えていると思われます。

ベンチだけに飽き足らず、机、ブックシェルフ、雑貨スタンド。

同じ素材を使えば、ボリュームが出てしまいますね。

しかも、安いし、だいたいどこのホームセンターでも手に入っちゃうからなおさら。

どうしたら、軽量化できるのか。

木材のセレクトをよく考える。

スポンサーリンク

 

f:id:shakesound:20170112190534p:plain

同じ構造でもでき上がりの重量が無駄に重ければ、市販品のほうがやはりいいと思うのも事実。

この卓上カレンダースタンド。存在感はMaxで、お気に入りなんですけど、改めて考えると、ボリューミー。

端材からつくったというのはありますが、本当に目的をもってつくるときは、用途によって木材はしっかり選んだほうがいいでしょう。

  • 合板からつくれないか。
  • スギでは丈夫さに欠けるから、2×4材を使う。
  • MDF材などの軽材料を塗装で軽く見せない方法はないか。

などなど。加工方法でカバーできるものを考えたりすることも大切です。

設計の工夫をする。

f:id:shakesound:20170112192743j:plain

軽量化を意識すると、どうしても耐久性や強度が失われがちです。

そういったときは、まず設計。 

写真のブックスタンド。

全部合板でボンドと釘だけで組み上げています。

軽いわりに強度は十分。

どれにも当てはまるわけではありませんが、3つの方向を面で押さえる構造にすることで実現できます。

  • 背面
  • 側面
  • 底面

この3つ。ここを抑えることによって、合板などの薄い板でもしっかりとしたつくりに仕上がります。

本棚などの収納家具には、背板をつけることで強度が格段とアップするため、必ず取り入れましょう。その分、省けるところができたり。

材料の一体化

youtu.be

そして、究極のやりかたはこれ。

部材を一体化してしまうんです。

コンパネチェアとかがその手段でつくられていますね!

四角の面からアーチ型に木材を切り抜いて、組み合わせる。

無駄のない設計。

ていうかやりたくなってきた!

結論:なんでもありじゃ、だめ。市販品をよく見る。

DIYしているとどうしても市販の家具や雑貨に対して、色眼鏡で見てしまうことがあります。

でも見習うところはたくさんあって、今回のような「重さ」だったり「素材」だったり。

特に家具屋さんでの売れ筋をよく見る。

そうすると使いさすさやデザインまで自分のなかで足りないものが、スッと解決するかもしれません。

以上、家具つくりでのぼくが気になった重さについてまとめてみました!

 

では、じゃばら。

読んでくれたあなたにおすすめ!

DIYで人生を愉快にサーフィンするブログ「SHIe」

 

 

-DIY, アイデア実例集

Copyright© SHIe , 2020 All Rights Reserved.