Sponsored Link

新着記事

オススメ トイレ・水回り リペア 暮らしのツール

2021/1/27

あのカビキラーがジェルに…ピンポイントで無駄なく使えるなんて、もっと早く知りたかった。

どうも、むく太郎です。 あのカビキラーにジェルタイプがあるのをご存知でしたか!? ぼくは、つい先日知って、即購入。 なぜなら、こんなで事件があったからです。 むく太郎大事なトレーナーを漂白してしまった これは100%、ぼくの過失です。 しかしながら、一度カビキラーのような最強の塩素系薬剤は、このように衣服の色も落としてしまいます。 誤って、指で触れてしまえば、ヌメヌメするでしょ。 皮膚が溶けちゃいますので使用にはこれまでも十分注意してきました。 築40年経過のぼくの住まいは、浴室も在来工法のタイル張り。 ...

ReadMore

DIY ドア・扉

2021/1/25

キャスターで開閉ラクラク!壁と一体型のスライドドアを作る方法

どうも、むく太郎です。 前回は、ぶち抜きの空間に壁を作り、それぞれ独立した部屋にするため「壁」をDIYしました。 その板壁DIYの模様がこちら。 あわせて読みたい そして、今回ご紹介するのは「スライドドア」のDIY方法です! ぼくの家の場合という大前提がありますが、よかったらご参考にどうぞ! 板壁にマッチした「スライドドア」をDIYしていく こちらが、今回完成したモノ。 左側が引き戸になっていて、あの扉を開ければ隣の部屋(お店)に移動できるというシステム。 前回に引き続きで、こちらが壁とドアの簡易図面です ...

ReadMore

DIY マイルーム改造作戦

2021/1/25

憧れの板壁をDIY!材料費15,000円でできるオシャレな板壁作りにチャレンジ

どうも、むく太郎です。 むく太郎壁ってDIYで作れるのだろうか? 今回DIYする場所は、もともと区切られていた部屋の壁を壊して、リノベーションした民家。 ですが、再度壁がほしいよねという話になり、いざDIYすることに。 そしてできたのがこちら。 理想としては、板壁のおしゃれな感じという妻の要望に応えられるように考えた「壁づくり」のやり方をご紹介します。 まずは現状と設計図を描きます まずは現状をご紹介します。 もともとここは、壁で区切られていた場所で、6年前のリノベの際に壁を取っ払いました。 そして、妻の ...

ReadMore

月次総括

2021/1/3

2020年総括-今年も9つの質問で1年を振り返ってみました-

どうも、むく太郎です。 怒涛の2020年が終わり、すでに3日。 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくおねがいします! ブログの更新もだいぶ鈍ってしまいましたが、にも関わらず毎日アクセスしてくれる方がいるということがすごく嬉しいですね。 健やかで穏やかな2021年を迎えるために、ここ半年やってきたことを中心に2020年を振り返りたいと思います。 いろいろありましたねぇ。 昨年同様、「9つの質問」に沿って振り返りたいと思います。 1.今年うまくいったことはなんですか むく太郎「健康に過ごせたこ ...

ReadMore

30代の人生設計 ラジオ 時間管理術 目標達成

2020/12/31

【2021】ラジオ版格闘塾リスナーさんへのプレゼント!

どうも、むく太郎です。 いつもDIYで人生を愉快にサーフィンするブログ及びラジオをご愛顧いただきありがとうございます! この度、人生の師匠「どや塾長」と月に一度の配信している「ラジオ版格闘塾」をお聴きの皆様にどやさんからお年玉プレゼントのご案内です! 新年最新号はコチラ 第70回:【今年も進化しようぜ!】月に1度の課外授業!ラジオ版格闘塾【1月編】 ※「ダウンロード」ボタンを押すと、ダウンロードできます。 チェック Wordファイルになります。シートをコピーしてご活用ください。 ※注意:著作権は放棄してお ...

ReadMore

DIY 看板・ボード

材料は一枚板!軽くて、どこでも使える簡易イーゼルをDIY!

更新日:

こんばんは、むく太郎です。

今回は、職場でイベントが近づいていることもあり、告知するためのポスターやポップをみんなでつくりました。

額に入れて、いざ掲示!

・・・

・・

あっ・・・架台がないじゃん。

そう、せっかくの告知ポスターも掲示するものがなかったんですねぇ。

ということで、DIYサラリーマンは、ここにある材料で簡易的な掲示台=イーゼルをつくることにしました!

画家?が使うアレです。

f:id:shakesound:20171008200942j:image

急ピッチで作り上げた木のイーゼル。英語でeasel.

今回は飾る額の大きさに合わせて製作しましたよ。

それでは、工程をご紹介!

 

木材は、1枚の板材のみ。

f:id:shakesound:20171008194011j:plain

シャキーン。これです。

ヒノキの板材、W170mm×D25mm×H1100mm.

普段なら、棚板や机の天板に用いる材料ですが手元の材料がこれだけでした。

どうにかeaselをつくるため、これを万能のあいつでカット。

丸ノコガイドを有効に使う!

f:id:shakesound:20171008194224j:plain

マキタの丸ノコ。

まぁどんな丸ノコでもいいのです。付属の丸ノコガイドさえあれば!

f:id:shakesound:20171008194232j:plain

付属品です。

これをつかって、板から角材を切り出していきます。

付属品もしっかり活用すると、いいことあります。

板のカット

厚みと同じ幅に墨付け

f:id:shakesound:20171008194019j:plain

25mm厚の板なので、幅も同じく25mmで墨付け。

(初めの一本だけ引けば、OKです)

刃を線に合わせ、ガイドを板の側面に当て、あとはカット。

f:id:shakesound:20171008194158j:plain

線に刃を合わせ、ガイドを調節。

ここをしっかりやらないと、きれいにカットできません。

つまみでガイドを固定し、滑らせるように切り進みます。

f:id:shakesound:20171008194219j:plain

粉塵がすごい。。。

f:id:shakesound:20171008194207j:plain

ウィーン!!・・・コロッ。

角棒が生産されてく!!

板幅170mmの板から25mmの角棒を4本作りましょう。

のこしろ(刃の厚み)を考慮しても、十分できます。

角棒、できた!

f:id:shakesound:20171008194147j:plain

見事、25mmの角棒ができ上がりました!

切削面を軽くやすり掛けして、滑らかに。

3本はそのまま、1本はさらにカットしてパーツに。

これがイーゼルの骨格になります!

Sponsored Link

100mm、350mmに2本ずつカット。

上部用(110mm)

f:id:shakesound:20171008194139j:plain

110mm幅に2本、角棒をカット。

これは、イーゼルの上部になります。

そして350mm幅にも2本カットしておきましょう!

これで木材の切り出しは終了です。

結構疲れたなぁ。一休みしたら、組み立て作業に。

組み立て!ビスでガンガン固定!

f:id:shakesound:20171008194109j:plain

組み立てますよ!

先ほど切った110mmのパーツで1100mmの角棒を2本を挟み、上の写真のようにビス留め。ややこしいですね。

角度は、5度くらい(テキトー)の位置で。

これは場所や用途で現物確認しながらのほうがいいでしょう。

固定されたら、続いて下部へ。

f:id:shakesound:20171008194133j:plain

そのまま、目線を下へスライドさせます。

残った350mmのパーツを両脚下辺から300mm上の位置でビス留め。

水平をきちんと確認しながら、行います。

片方留めてから、立ち上げて水平器で確認が簡単です。

これで形が見えてきましたね!(^^)!

押さえ役の角棒を取り付け

f:id:shakesound:20171008194106j:plain

終盤戦!

イーゼルをしっかり安定させるため、1100mmの最後の角棒を取り付け。

軽く角を斜め切り(これも現物合わせがいいです)して、上からビス留め!

おっと、安定!

残った350mm角棒を下の写真のように取り付ければ、もうガッチリです!

f:id:shakesound:20171008194050j:plain

簡易イーゼル、完成!

f:id:shakesound:20171008194039j:plain

めちゃシンプル。

華奢なのは、見た目だけ。すごくしっかりしています。

f:id:shakesound:20171008194035j:plain

さて、額をセット!

これなら見やすくポスターを掲示できる!

f:id:shakesound:20171008214530j:image

(書いてあることは、ぼかします)

いい感じです。

f:id:shakesound:20171008212553j:plain

急にしては、安定したいいものができました!

L字フックを下部のバーにつけて、額を引っ掛けるのもいいかも。

あるものでつくる。それが面白い。

f:id:shakesound:20171008214306j:image

今回は、限られたものを使える道具を使って作り上げました。

確かにきちんと材料を揃えて、作り上げるというのもそれはそれで最高です。

でもね、如何に「手作りで・早く・安く・使える」を追うのも面白い。なんせDIYサラリーマンですから。

一枚の板から角棒を木取りするなら、角棒かったほうが間違いなく楽です。

でも1枚の板からつくるということが大事。

考えることが大切!

(ちなみに皆でトータル10個はつくりました。疲れました。)

ということで、DIYをするなら丸ノコは必須ですよということを最後にお伝えして、次のものづくりに。

では、じゃばら!

むく太郎、オススメ丸ノコ

あると便利!長尺物もきれいにカット!

 

-DIY, 看板・ボード

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.