Sponsored Link

新着記事

オススメ トイレ・水回り リペア 暮らしのツール

2021/1/27

あのカビキラーがジェルに…ピンポイントで無駄なく使えるなんて、もっと早く知りたかった。

どうも、むく太郎です。 あのカビキラーにジェルタイプがあるのをご存知でしたか!? ぼくは、つい先日知って、即購入。 なぜなら、こんなで事件があったからです。 むく太郎大事なトレーナーを漂白してしまった これは100%、ぼくの過失です。 しかしながら、一度カビキラーのような最強の塩素系薬剤は、このように衣服の色も落としてしまいます。 誤って、指で触れてしまえば、ヌメヌメするでしょ。 皮膚が溶けちゃいますので使用にはこれまでも十分注意してきました。 築40年経過のぼくの住まいは、浴室も在来工法のタイル張り。 ...

ReadMore

DIY ドア・扉

2021/1/25

キャスターで開閉ラクラク!壁と一体型のスライドドアを作る方法

どうも、むく太郎です。 前回は、ぶち抜きの空間に壁を作り、それぞれ独立した部屋にするため「壁」をDIYしました。 その板壁DIYの模様がこちら。 あわせて読みたい そして、今回ご紹介するのは「スライドドア」のDIY方法です! ぼくの家の場合という大前提がありますが、よかったらご参考にどうぞ! 板壁にマッチした「スライドドア」をDIYしていく こちらが、今回完成したモノ。 左側が引き戸になっていて、あの扉を開ければ隣の部屋(お店)に移動できるというシステム。 前回に引き続きで、こちらが壁とドアの簡易図面です ...

ReadMore

DIY マイルーム改造作戦

2021/1/25

憧れの板壁をDIY!材料費15,000円でできるオシャレな板壁作りにチャレンジ

どうも、むく太郎です。 むく太郎壁ってDIYで作れるのだろうか? 今回DIYする場所は、もともと区切られていた部屋の壁を壊して、リノベーションした民家。 ですが、再度壁がほしいよねという話になり、いざDIYすることに。 そしてできたのがこちら。 理想としては、板壁のおしゃれな感じという妻の要望に応えられるように考えた「壁づくり」のやり方をご紹介します。 まずは現状と設計図を描きます まずは現状をご紹介します。 もともとここは、壁で区切られていた場所で、6年前のリノベの際に壁を取っ払いました。 そして、妻の ...

ReadMore

月次総括

2021/1/3

2020年総括-今年も9つの質問で1年を振り返ってみました-

どうも、むく太郎です。 怒涛の2020年が終わり、すでに3日。 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくおねがいします! ブログの更新もだいぶ鈍ってしまいましたが、にも関わらず毎日アクセスしてくれる方がいるということがすごく嬉しいですね。 健やかで穏やかな2021年を迎えるために、ここ半年やってきたことを中心に2020年を振り返りたいと思います。 いろいろありましたねぇ。 昨年同様、「9つの質問」に沿って振り返りたいと思います。 1.今年うまくいったことはなんですか むく太郎「健康に過ごせたこ ...

ReadMore

30代の人生設計 ラジオ 時間管理術 目標達成

2020/12/31

【2021】ラジオ版格闘塾リスナーさんへのプレゼント!

どうも、むく太郎です。 いつもDIYで人生を愉快にサーフィンするブログ及びラジオをご愛顧いただきありがとうございます! この度、人生の師匠「どや塾長」と月に一度の配信している「ラジオ版格闘塾」をお聴きの皆様にどやさんからお年玉プレゼントのご案内です! 新年最新号はコチラ 第70回:【今年も進化しようぜ!】月に1度の課外授業!ラジオ版格闘塾【1月編】 ※「ダウンロード」ボタンを押すと、ダウンロードできます。 チェック Wordファイルになります。シートをコピーしてご活用ください。 ※注意:著作権は放棄してお ...

ReadMore

DIY このブログについて

2018、ネットショップをオープンします。

更新日:

こんばんは、むく太郎です。

f:id:shakesound:20171017235113j:image

(非凡な空間で食事してきました。感動しっぱなしでした)

 

寒さと雨は活動を抑制する。けど心に熱を。

お連れ様のパン屋さんが全国紙デビューしてました。

「すごい」と心から思います。

ぼくがDIYをやるきっかけだったのが、このお店を改装するというところからでした。

大工さんの手で和室だった民家の一部が、漆喰壁のオシャレ空間になり、設計士さんのアイデアでぼくらの悩みが夢に化けた。

そんな連続でしたから。

no image
焼き立てのパンと古家具がつくる空間。ぼくが学んだことは「温故知新」でした。

続きを見る

過去記事です。読んでたら泣きそうになりました。

ここまで来た!っていうわけじゃないですが、こんな想いも出てきました。

自分でやっているので、こういうこというのはかなり変というか批判されそうなんですが、

DIYブログのレシピって、もっとざっくりでいいのかなぁと思います。

むしろ、写真5枚くらいで工程を追って、

あとはお好きにどうぞ!自分は、こんなんつくったよ!

みたいな感じでいい気がする。

料理のレシピとは、また違うと思うんです。

1人ひとりの住んでいる部屋、環境、家族状況、好みのテイスト。

料理と違って、作ったものや環境はずっと残るから。

逐一、寸法から塗料の色までコピーしてもいいんだけど絶対マッチしない部分ってあるじゃん。

Sponsored Link

本当にDIYというか、何かを学ぶには、その道のプロに教わる。

それか、本を読んで基礎を磨く。

ぼくはほとんど本を貪り読んできました。

すごく丁寧に寸法から展開図まで書いてあるし、尺金の使い方は何通りあるかわからないほど詳しく解説された本もあったり。

本当にリアルにそのコピペをやっていました。

それだけ、ハマったということもありますが。

ハウツー本も何冊も買ったり、借りたりしてたからだんだんわかるようになってくる。

数もこなすと体が覚えてくるんです。

「これつくろ!でも木材はこれで、サイズはもっとコンパクトに」

とか。

「これ二つ作って、組み合わせれば~」など。

これが感覚的にできてきます。

もうDIYブログなんて完成の写真だけ見てくれればいいんです。(ぼくの本音)

DIY楽しくて、こんなの作っちゃったよ!っていうのを見てほしいだけなんです。

おかげさまで2年半くらいブログを続けていますが、たくさんの方が見てくださるようになりました。

本当に感謝です。

読者の方がいるから、ぼくも刺激を受けたりさらにアイデアをひねるようになったり。

ありがたいです。

今の仕事も本当にきっかけは、このブログです。

冒頭にもあったように、お連れ様の飛躍を見て、むく太郎も。

2018年より、ネットショップをオープンすることになりました。

f:id:shakesound:20171018000157j:plain

なりました、じゃないね。しました。

ちょっとずつ準備してきたところです。

むく太郎が1から家具を製作します!

素朴で味のある机、ベンチ、棚などの暮らしの基礎を支える家具。

ぼくは木工の要素が強いDIYerです。その強みを活かしたものを製作します。

実は、ちょいちょい家具は某サービスを介して、販売していましたが、ある程度手ごたえを感じるくらいになりました。

ハンドメイドで稼ぎたいという気持ちは、もちろんあります。

家具を売るだけじゃなく、DIYerならではのサービスも付与したい。

だから、その販売した商品には、使い方やメンテナンスについてはもちろん、

  • 作り方

これは、必ずお付けしたいと思っています。

やるからには、凝りたい。

屋号は決まっているのですが、まだ内緒にしておきます。

木材は、お付き合いできるようになった製材所さんからものをベースに。

日本の良きスギやヒノキ、マツを使ったものをメインに。

難しいものはつくれないけど、無駄のないものを提供したい。

そんな想いです。

長くなってまとまりませんが、ひとつステージを変えてみるというところでございます。

ぼくの「DIY」は「どうやったら、今より、良くなるか」

ただこれだけです。

あっ、つくったものは変わらず公開し続けます!

ショップのことも徐々に情報を出していきますね。

では、じゃばら。

 

-DIY, このブログについて

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.