Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY このブログについて

2018、ネットショップをオープンします。

こんばんは、むく太郎です。

f:id:shakesound:20171017235113j:image

(非凡な空間で食事してきました。感動しっぱなしでした)

 

寒さと雨は活動を抑制する。けど心に熱を。

お連れ様のパン屋さんが全国紙デビューしてました。

「すごい」と心から思います。

ぼくがDIYをやるきっかけだったのが、このお店を改装するというところからでした。

大工さんの手で和室だった民家の一部が、漆喰壁のオシャレ空間になり、設計士さんのアイデアでぼくらの悩みが夢に化けた。

そんな連続でしたから。

no image
焼き立てのパンと古家具がつくる空間。ぼくが学んだことは「温故知新」でした。

続きを見る

過去記事です。読んでたら泣きそうになりました。

ここまで来た!っていうわけじゃないですが、こんな想いも出てきました。

自分でやっているので、こういうこというのはかなり変というか批判されそうなんですが、

DIYブログのレシピって、もっとざっくりでいいのかなぁと思います。

むしろ、写真5枚くらいで工程を追って、

あとはお好きにどうぞ!自分は、こんなんつくったよ!

みたいな感じでいい気がする。

料理のレシピとは、また違うと思うんです。

1人ひとりの住んでいる部屋、環境、家族状況、好みのテイスト。

料理と違って、作ったものや環境はずっと残るから。

逐一、寸法から塗料の色までコピーしてもいいんだけど絶対マッチしない部分ってあるじゃん。

Sponsored Link

本当にDIYというか、何かを学ぶには、その道のプロに教わる。

それか、本を読んで基礎を磨く。

ぼくはほとんど本を貪り読んできました。

すごく丁寧に寸法から展開図まで書いてあるし、尺金の使い方は何通りあるかわからないほど詳しく解説された本もあったり。

本当にリアルにそのコピペをやっていました。

それだけ、ハマったということもありますが。

ハウツー本も何冊も買ったり、借りたりしてたからだんだんわかるようになってくる。

数もこなすと体が覚えてくるんです。

「これつくろ!でも木材はこれで、サイズはもっとコンパクトに」

とか。

「これ二つ作って、組み合わせれば~」など。

これが感覚的にできてきます。

もうDIYブログなんて完成の写真だけ見てくれればいいんです。(ぼくの本音)

DIY楽しくて、こんなの作っちゃったよ!っていうのを見てほしいだけなんです。

おかげさまで2年半くらいブログを続けていますが、たくさんの方が見てくださるようになりました。

本当に感謝です。

読者の方がいるから、ぼくも刺激を受けたりさらにアイデアをひねるようになったり。

ありがたいです。

今の仕事も本当にきっかけは、このブログです。

冒頭にもあったように、お連れ様の飛躍を見て、むく太郎も。

2018年より、ネットショップをオープンすることになりました。

f:id:shakesound:20171018000157j:plain

なりました、じゃないね。しました。

ちょっとずつ準備してきたところです。

むく太郎が1から家具を製作します!

素朴で味のある机、ベンチ、棚などの暮らしの基礎を支える家具。

ぼくは木工の要素が強いDIYerです。その強みを活かしたものを製作します。

実は、ちょいちょい家具は某サービスを介して、販売していましたが、ある程度手ごたえを感じるくらいになりました。

ハンドメイドで稼ぎたいという気持ちは、もちろんあります。

家具を売るだけじゃなく、DIYerならではのサービスも付与したい。

だから、その販売した商品には、使い方やメンテナンスについてはもちろん、

  • 作り方

これは、必ずお付けしたいと思っています。

やるからには、凝りたい。

屋号は決まっているのですが、まだ内緒にしておきます。

木材は、お付き合いできるようになった製材所さんからものをベースに。

日本の良きスギやヒノキ、マツを使ったものをメインに。

難しいものはつくれないけど、無駄のないものを提供したい。

そんな想いです。

長くなってまとまりませんが、ひとつステージを変えてみるというところでございます。

ぼくの「DIY」は「どうやったら、今より、良くなるか」

ただこれだけです。

あっ、つくったものは変わらず公開し続けます!

ショップのことも徐々に情報を出していきますね。

では、じゃばら。

 

-DIY, このブログについて

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.