Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY 棚・ラック 端材DIY

超万能!シーンを選ばず使える組み立て式マルチ台をDIY!

DIYサラリーマン・むく太郎です。

今日も冷えますなぁ。

こんな寒い日に外でDIYなんて・・・。

最高です!

いや、風邪ひくので真似はしないでね。

ということで、今回はお連れ様がイベントに友人たちと出店するそうで、区画をシェアして使わねばならないとのこと。

いつもテーブルを満遍なく使用できていましたが、スペースが限られるということで今回は組み立て式のマルチディスプレイ台をつくってみました!

f:id:shakesound:20170211212710j:plain

 

組み立て式マルチ台をDIY

f:id:shakesound:20170211212703j:plain

意外とデスクなどでも使えそうだったのでイベント前に一枚。

普段使いにも、そして収納もバッチリでたまに相談相手になる(記事末)かわいいやつ。

では、つくっていきましょうか。

棚板は1×8材

f:id:shakesound:20170211160018j:image

棚板に使用するのはSPF1×8材。

おなじみ1×4材の幅が2倍になった木材。

これは以前、折り畳み式デスクで使っていたものでワトコオイルで既に塗装済み。

長さ900mmにカットしておきます。

脚をつくっていきます。

f:id:shakesound:20170211160028j:image

準備したのはアカマツの垂木。

これを写真のようにサイズ別にカットしましょう。

まだ仮置き状態。

最終的には同じものをふたつつくることになります。

このあと、200mmの側面と245mmの上辺をボンドで接着し、ビス留めします。

ビス留め

f:id:shakesound:20170211160042j:image

二か所留めることにします。

下穴をしっかりあけて、

f:id:shakesound:20170211160047j:image

ダボ錐を使って、ダボ穴をあけてからのビス留め!

マーカーとダボもついたこのセットがおすすめ。

どんどん進みます。

created by Rinker
大西工業(Onishi Kogyo)
¥843 (2021/04/14 17:01:56時点 Amazon調べ-詳細)

棚受けの位置を設定。

f:id:shakesound:20170211160108j:image

実際に棚となる1×8材をはめてみて現物合わせ。

きつすぎず、緩すぎず。

しっかり位置を合わせたら、下穴→ダボ穴→ビスでロック。

ここは一か所でいいでしょう。

ふたつともこの形ができ上がれば、もう完成です!

Sponsored Link

最後にしっかりヤスリ掛け

f:id:shakesound:20170211160123j:image

ずっと気になっていたササクレやバリもここで一気にきれいにします。

今回は使用前日での製作だったので塗装はしません。

そのかわり、しっかりヤスリをかけて滑らかに。

特にダボを埋めた周辺と角は念入りに!

さぁ!できました!

じゃん!

全体図

f:id:shakesound:20170211212700j:plain

ダン!ちょーかんたん。

そんで、超万能!!

脚の棚受けに板を挟み込むだけで、手軽なディスプレイ台が完成しました。

使いたいところで。

f:id:shakesound:20170211212703j:plain

いいねぇ。デスクに後付けの棚としてもグッド!

強度もバッチリ。

さらに強みは板が規格品。

だから、長さを変えたければ自由に変えられるんですよ!

使わないときはこんなにコンパクト

f:id:shakesound:20170211212746j:plain

こんな感じ。

万能です。

マルチディスプレイ台を「魅せる収納」したいなら、これ。

f:id:shakesound:20170211212550j:plain

あっ、こいつは今宵の相談相手・・・。

見方を変えるって大事ですね。

これで板に顔でも描いたら、もう愛おしくてたまりません。

ぜひ、チャレンジしてね!

f:id:shakesound:20170211212549j:plain

ということで寒空の下、小一時間で今日のDIYは終了。

皆さんも、日常の「困った」や「これ必要」という問題点をDIYで解決してみてください!

楽しいぜぇ!連載もチェックしてね!

あっそれとぼくが連載しているメディア「Funmee!!」で新記事が掲載されてます!

100均のアイテムで折りたたみのローテーブルつくってますので、そちらもチェック!!

funmee.jp

では、じゃばら。

 

 

-DIY, 棚・ラック, 端材DIY

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.