Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY お部屋のインテリア マイルーム改造作戦 照明

部屋をカフェの灯りに!流行りのライティングレールで照明をチェンジ(取付編)

むく太郎です。

f:id:ライティングレール取り付け

昭和テイストの照明器具からモダンなおしゃれカフェ風の照明にイメチェンしてみました!

天井から壁面に光源を移動して、DIYした窓辺の飾り棚コーヒーテーブルを照らすようにしてみました。

まだまだ取り付けただけの段階ですが、最終的には配線もすっきりさせてペンダントのかさも好みのタイプに変更していきたい!

 

用意したのはこちら。

f:id:shakesound:20160709145301j:plain

そう。こちらがライティングレールという代物。

このレール内であれば、照明が自由に配置できて、つけられる分だけ設置できるんです。

現状はこうでした・・・。

f:id:shakesound:20160709153057j:image

完全にいけないパターン。

早急に器具を天井から取り外します。

なぜかカーテンフックが引っかかっていましたが、未だにその謎は解けていません。

カバーを外してあらわれた引掛けシーリング。

f:id:shakesound:20160709145258j:plain

カバーを外してみると。

こちらが既存の照明が付いていた引掛けシーリング

ほとんどのお部屋で使われているのが、この差し込み口に照明器具のオス端子を取り付けるタイプだと思います。

このまま直接、ペンダント型の照明を取り付けてもシンプルでおしゃれですが、今回はコンセント型のライティングレールを使います!

コンセントソケットを装着!

f:id:shakesound:20160709145256j:plain

引掛けシーリングにコンセント変換ソケットを取り付けます。

ホームセンターで200円くらいで買えます。

下のように両用型のマルチな引掛けシーリングもあるみたい。

ひとまず、下準備は終了。

続いて、ライティングレールを壁に取り付けますよ。

Sponsored Link

f:id:ボードファスナー取付 ぼくの部屋の壁は石膏ボードにクロス張りのよくある壁。

要するにレールを取り付ける際には、ボードファスナーやボードアンカーを用いて留めなければいけないのです。

ぼくは上の写真のようなボードファスナーを使用しました。

壁に下穴を空ける。

f:id:ボードファスナー下穴 取り付け位置に印をつけ、対応する径の下穴を壁に空けましょう。

ちょっと「やっちゃった感」はありますが、もう後には引けません。

ぼくは実家なので良いのですが、賃貸物件などで壁に穴を空けられない方は原状回復できる方法(いろいろやり方はある)を模索して挑戦してみてください。

ボードファスナーを下穴にねじ込む。

f:id:石膏ボード-アンカー

下穴にボードファスナーを差し込み、プラスドライバーできつくなるまで締めこみましょう。ちなみに石膏ボードに穴を空けるときは、床を養生したり掃除がしやすい環境にしてから作業をすることをオススメします。

締めこんだら、ボルトを緩める。

f:id:ボードファスナー設置

締めたら、緩める。

そうすると、壁にガッチリホールドされたボルト穴が取付できました。

勢いよく締めるとクロスがやぶれて汚くなってしまうため、丁寧に手回しドライバーを使った方が無難かも。

ライティングレールを取り付ける。

f:id:ライティングレール壁付け

取り付け穴3カ所にボードファスナーを取り付けたら、ライティングレールを取り付けていきます。さすがにグラつき無し。

改めて、石膏ボードに直付けは絶対NGです!

照明器具をレールに。

f:id:スポットライト取り付け

これがライティングレールに取り付けるスポットライト。

電球込みのものもありましたが、ぼくは既存で付いていた電球をそのまま使います。

カチッとはめて、スイッチオン。

f:id:ライティングレールスポットライト

照明の差し込み方は、器具根元をレールに合わせて回し入れるだけ。

ペンダント型照明は下の引掛けシーリングプラグを付けて、レール用に変換。

f:id:ライティングレール-引掛けシーリング

ばぁちゃんちのランプシェードを付けてみた。

f:id:ペンダント照明アレンジ

ペンダント型照明にばぁちゃんちで使っていたランプシェードを流用。

和むね。ただ、ちょとレトロ風。

気分で付け替えるのも良いでしょう!

とりあえず付けた感満載なので要改善。

f:id:ライティングレール-カフェ風

今回は本当に「つけただけ」。

配線の見せ方、隠し方もしっかり改善していきたい。

思ったよりライティングレールのコンセント配線が長く、調整が必要ですね。

案としては配線隠しを目的に下の参考写真で天井に着いている化粧梁をDIYで設置してみようかなと。

参考:ショップでの使用例。

f:id:ショップ-ライティングレール

これは連れの店舗で使っている照明。というかライティングレール使用例。

改装時に最初からこのレールを取り付けています。

4つほど取り付けられているので、好みや季節に応じて照明の数やスタイルを変えて室内の雰囲気を操っています。

今回のぼくのように後付でない為、すっきりしていてオシャレ。

ぼくは予算上、シンプル&安価のアイテムをそろえたのですが、予算があるなら照明の配線コードやペンダントの形状などディテールにこだわっていくと簡単にカフェやギャラリーの空間を手に入れられそう。

ライティング術は部屋づくりのマスト項目。

f:id:lightingrail

今回、照明の位置を部屋の中央かつ天井から吊り下げていたスタイルから壁際にシフトしました。

何が変わったかというと同じ部屋でも影(暗い部分)が少し増えたんです。

光の当たり方で変わる影。いい意味で表情豊かというか。

もうちょっとライティング術を勉強してアップグレードしていきます。

では。じゃばら。

 

-DIY, お部屋のインテリア, マイルーム改造作戦, 照明

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.