Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

30代の人生設計

益子焼のこれからを担う若手陶芸家、石川圭氏のこと。

こんばんは。むく太郎です。

今日は、陶芸家であり、茶道家であり、ぼくの友人でもある石川圭氏について書きます。

f:id:shakesound:20180408201202j:plain

 

彼とは、同い年。同郷。そして、同志。

f:id:shakesound:20180408201157j:plain

一番最初に言いますが、彼の作品がぼくのオンラインストアで買えます。

暮らしの道具は、家具だけじゃない。

ぼくの地元、栃木県益子町は、言わずと知れた陶芸の街。

そこで(おそらく)最年少で活動する作家がこの石川圭氏です。

f:id:shakesound:20180408202218j:plain

彼の自宅(実家)。面白い。

30年前に石川県の古民家を移築したこの家は、同じく陶芸家であるお父さんのコレクションや作品があり、趣しか感じられない場所でした。

彼とは中学時代からの付き合いで、学校は違うものの、同じ部活動(剣道)でよく地域の大会などでは、会って話をしていたり。

そのころからね、かなり異彩を放っていました。

なにしろ、老けてましたから。(いや、今と昔の顔が変わらない)

もちろん悪口じゃありません。

渋さがあったんです。彼には。

進学の時に、裏千家の茶道学校に行ったということを聞いたときは、「あぁ、やつらしいなぁ」と思えるほど、和を体現している若者でした。

彼がつくる作品の魅力。

f:id:shakesound:20180408201207j:plain

そんな折に数年ぶりに再会し、彼は陶芸家に。

ぼくは、DIYサラリーマンに。

タイミングもこれまた絶妙で、ネットショップを公開しようと思っていたころ。

彼の作品は、正直、彼が作ったとは思えないものでした。

f:id:shakesound:20180408201148j:plain

繊細で柔らかくて、少しかわいいけど、普段使いもできる。

いい意味裸の大将みたいな男がこんな魅力的な陶器を生み出せるのかと。

彼も陶芸家として独立し、3年。

ぼくもブログを立ち上げ、ここに至るまで3年。

お互いくすぶっている暇はないよなと。

彼の想い、ビジョンはこうでした。

元来益子のイメージは、重く、厚ぼったく、古臭いの三拍子が揃ってしまってる。

しかしそれが益子らしさという特徴でもある。
自分が作りたいものとは、今述べた事と矛盾しているが、

「益子らしさを残しつつ益子らしさと真逆のことをやりたい。」

つまり、軽く、薄くて現代の生活に馴染む

NEO益子焼を生み出したい!
その為に
1、昔ながらの釉薬の復活と釉薬の進化
2、様々な伝統的な技法を用い新たなモダンなデザインを生み出す
3、土の特性を理解し新たな可能性の発掘


この三要素無くしてはNEO益子焼の開発ができないと考えている。

NEO益子焼

Sponsored Link

まず、彼からNEOという言葉が出るのが、想像つきませんでした。

益子にいる陶芸家数百人の中で、自分は最下位という彼のビジョンです。

このビジョンや想いは、発信しなきゃいかん。

これは、ぼくができる唯一のことだ。

ぼくは、ぜひ「圭の陶器を取り扱いたい」と願い出ました。

f:id:shakesound:20180408204638j:plain

いつだって世に出ていく作品のルーツは、その作者にしかない物語がある。

その第2章は、手に取り、使う人の生活そのもの。

これをぼくは、オンラインストアでサポートしたい。

得意とする象嵌技法が生む模様

f:id:shakesound:20180408211856j:plain

象嵌

金属・陶磁器・牙(きば)・木材などに、模様などを刻み込んで、そこに金・銀その他の材料をはめ込むこと。また、そのはめ込んだもの。

作品をまとめて撮った写真内の右上の青い湯呑は、釉薬に塩を使ったもの。

この色合いは、塩でなくてはでないらしく、これまた手間がかかるもの。

作品に対するチャレンジ精神は、職人としての魂が育んだのでしょう。

見習うとこばかりだ。

そんな彼とは、今夏一緒にイベント出店が決まったんです。

地元益子の洒落乙なイベント。ちなみに第一回。

コケないようにぼくも誠心誠意やります。当たり前ですが。

というわけでぜひ、手にとってみてね。

f:id:shakesound:20180408210751j:plain

彼のプロフィールはこちらより☟

shie-works.net

ぼくの家具も見てね!

彼の作品が展示販売されるそうですよ!

新宿伊勢丹

  • 4月25日~5月13日

イベント&フェア | 伊勢丹 新宿店 | 伊勢丹 店舗情報

詳細は後ほど。

さぁ、やれることたくさん!

楽しい暮らしは、自分でつくる。

では、じゃばら!

 

-30代の人生設計

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.