Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥19,800 (2021/10/28 20:20:05時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY 工具・ツール

DIYの素朴な疑問vol.1「メジャーのツメがカタカタして動く」のはなんで?

むく太郎です。

DIYに欠かせないツールと言えば、「メジャー」またの名を「スケール」とも。

ぼくたちは、果たしてうまく使いこなせているのだろうか。

今回はDIYの必須アイテム、メジャーについての気になること、正しい使い方を見ていきたいと思います!

 

そもそも「メジャー」って何?

f:id:shakesound:20180308215917j:image

こちらですね。見覚えあります。

別称としてスケールやコンベックスなんて呼ばれ方もしているこのアイテムは、ホームセンターでは様々な種類のもの、プロユースのものまで手軽に手に入る、かつDIYにおいてはマストツールと言っても過言ではありません。

100円ショップにもありますし、もはやどこにでもある工具の1つです。

ちなみにぼくのメインはこれ☟

f:id:shakesound:20180308215927j:plain

ボロボロだね。

意外とですね、傷ついていくほどに愛着が湧いてくるのがこのツール。

確かホームセンターのコメリで買ったものです。

f:id:shakesound:20180308220003j:plain

目盛を吐き出すように繰り出すマイメジャー。

目盛がロックできなくなるまで、いくら削れようが使います。(まともに測れなくなったら即交換)

f:id:shakesound:20180308215959j:plain

こちらがツメですね。

計測物にこいつで引っ掛けてサイズを図ったり。

この楕円型の穴は、釘の頭にひっかけて測る時に活躍します!(調べて初めて知りました)

そこでね、DIYを始めたばかりの方はもちろん、普段何気なく使っているとここである疑問が生じてきます

メジャーのツメ、カタカタ動くんだが

Sponsored Link

そうです。このツメ、カタカタ動きます。

むく太郎
なんで?

ぼくも最初はそう思いました。

では、その理由は実際に使いながら解説していきます!

では、ちょっと測ってみましょう。

板の計測

f:id:shakesound:20180308215956j:plain

さっそく、使ってみましょう!

合わせて使い方についても、触れていきます。

上の写真のように板の幅を測りたいときは、ツメをかけて真っ直ぐ引きましょう。

ななめにずれたりしてしまうのは、きちんとした計測ができないのでもちろんNG。

さて、ちょいとズームアップしてみます。

f:id:shakesound:20180308215947j:plain

テープが緩やかに弧を描いているのでずれているように見えますが、示す値は「170mm」です。

購入した板を測る場合は、ほとんどが板の木口にメジャーのツメを掛ける方法だと思います。

続いての事例

Sponsored Link

f:id:shakesound:20180308215950j:plain

先ほどの板に段ボールを当ててみました。

当然、板にツメは引掛けられません。

突き当てて計測!

さぁ、長さはどうでしょう。

ズーム!

f:id:shakesound:20180308215953j:plain

170mmでございます。

もうこれでお分かりですね!

ツメがカタカタする理由が!

そうです。

このツメの厚み分、動くのです!

ツメの厚みは1mm。

先ほどの2パターンの測り方

f:id:shakesound:20180308224342j:image

上が引っ掛け。

下が突き当て。

同じサイズの、ましてや同じものを測っていますので当然数値はピッタリです。

が、このツメ固定されていたら、誤差が出ますよね。

このカタカタは仕様なのです!

ゼロ点補正というらしいよ。

これで一安心。さぁ、ガンガン作りましょう!

f:id:shakesound:20180308225724j:plain

今回はDIYを始めたばかりのころに疑問に思ったことを、おさらいという意味でも書いてみました。

ぜひね、正しい使い方・仕様を理解して楽しく価値のあるDIYライフを送りましょう!

では、じゃばら。

読んでくれたあなたにおすすめ!

DIYを夢中でやってきたぼくが学んだ、本当に使える「墨付けと木材カット」テクニック

続きを見る

 

-DIY, 工具・ツール

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.