Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥18,400 (2021/06/19 18:24:32時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY リペア

【2016】年末の大掃除。ちょっとした修理だって、端材の出番はあるもんだね!【DIY】

DIYサラリーマン・むく太郎です。

お疲れ様でした!良いお年を

そんな掛け声が、実は始まりの合図だったりする。

はい。2016年も無事仕事納めを済まし、年末年始の連休が始まったわけです。

 

連休と同時に大掃除が始まる。

f:id:shakesound:20161229183906j:plain

避けて通ろうと思えば、通れるけど自分が後から辛くなってしまうもの。

そう、年末の大掃除。

朝から必要なもの・不要なものの仕分けに始まり、窓枠の桟を見れば目を塞ぎたくなるような汚れと戦う。

自分だけじゃない!誰もが窓枠をきれいにしているんだ!」と自分を鼓舞しつつ、掃除をしているとどんどんきれいにしたくなる。

これ、掃除の魔法。

窓もきれいになったし、玄関のポーチでも水拭きしますかと。

水拭きモップの絞り器が壊れていた。

f:id:shakesound:20161229162119j:plain

よくある水拭きモップの絞り器。

ペダルを踏んで、モップの水分を絞るのですが、ご覧のようにプラスチックのパーツが割れてしまいました。

これには前日に気が付いていて、超強力接着剤を使ってくっつけてはいたものの、ペダルにストンピング一発。

外れました。

接着の甲斐も無く、無残な姿に。

クランプで強力に圧着してはいたんですが、やはりダメ。

ひとまず、割れたパーツを取り外し。

f:id:shakesound:20161229162159j:plain

スパナとモンキーレンチで上下のシャフトについていた袋ナットを取り外すとこうなります。

ねじりばねも力を持て余して、だらーんと。

これはしっかり直してやるしかない!(この絞り器、買うと結構高い)

そこで出番だ!端材さん!

f:id:shakesound:20161229182235j:plain

あっ、これや。

良く考えると、モップバケツのパーツ。

何か別のもので代用できそうだなぁ。

そんな感じでおなじみの端材からちょうどよさそうなスギ板をセレクト。

これをパーツの代替えに使っちゃいますよ!

f:id:shakesound:20161229162149j:plain

さっそく割れたパーツを板に置き、採寸。

f:id:shakesound:20161229162123j:plain

同サイズにカットして、穴の位置をマーキング。

f:id:shakesound:20161229171003j:plain

すかさず、木工用ドリルで穴あけ。

留まっていたシャフトがドリルビットよりも大きいため、ちょっとグリグリ。

Sponsored Link

f:id:shakesound:20161229171003j:plain

端の二カ所の穴は、以前あけたもの。

これ、何につけたんだっけな。

両端が干渉してしまうため、山切りでシャープに。

f:id:shakesound:20161229162130j:plain

長方形のままでは、バケツ部分と干渉して、うまく取り付けられなそうだったので両端を山切りにカット。

久しぶりに手ノコでカットしたから、すでに肩が張ってる!笑

f:id:shakesound:20161229170935j:plain

カットしてもなお、うまくはめられなかったので小鉋でふちを丸めました。

仕上げに軽く、ヤスリ掛けして取り付けると・・・・。

バッチリでした。

f:id:shakesound:20161229171746j:plain

どんぴしゃり。

なんかこういうオプションがあるんじゃないってくらい、ジャストフィット!

さぁ、肝心の動作は?

f:id:shakesound:20161229162029j:plain

しっかり機能を果たしています!!

こりゃ、テンションあがります。

スムーズなモーションに無駄に水切り。

大掃除は、まだまだ続く。

f:id:shakesound:20161229220347j:image

無事に修理できました!すかさず待っていたのは、モップ掛け。

明日は仕分けした物品の収納と廃棄です。

1年ってあっという間だけど、モノもホコリも溜まっていくんだよね。

しっかり、でも無理はせずクリーンな環境で新年を迎えたいものですね。

では、じゃばら。

余談:この回転型のモデルの方が、水切れも良く使いやすいですよ!

 

-DIY, リペア

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.