Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

オススメ

やっぱりNakamuraEmiは、本物。渋谷で観た本物たち。

こんばんは。むく太郎です。

DIY関係ないけど、もう感動してしまったので記事に。

f:id:shakesound:20180126230000j:plain

いや、ぼくのDIYライフに色を添えてくれました。

これを活かさない手はありません。

 

先日、このイベントに参加してきました。


この公演を観に渋谷へ。

前職での東京出張以来の電車に揺られ、都下の景色を眺めていました。

Salyuさんは、もう言わずと知れた唯一無二の存在感を持つ、女性シンガー。

Salyu「プラットホーム」 - YouTube

お連れ様が好きで何度かライブも観ていましたし、聴くたび圧倒と感動にやられてた。歌もそうだけど、ライブハウスでの同期を使った打ち込み、アコースティックセットでのバランス。

どんな出音でも「魅せる」。本物です。やっぱり。

さて、そんなSalyuさんとぼくのお目当て。

ぼくはNakamuraEmiの大ファンです。

ぼくのお目当ては、NakamuraEmiさん。

かっこいいんですよ。

「YAMABIKO」をラジオで一聴した時から、もうひきつけられました。

先月のNEW ACOSTIC CAMP2017でライブは初めて拝見しましたが、最高でした。伝えるため、命をかけてるライブを観たような気がします。

10ほどの職種を彼女自身経験して、仕事の意味や生き方をうたった唄なのですが、二十も後半になるとだんだんわかってくるもんですね。

プロになればなるほど、ほんと自分との闘い。

本気の人と適当な人の差が見える見える。

ぼく自身、どうなのよって聞かれると・・・。

全然ダメだな!って。この曲を聴くと思います。

ぜひ、聞いてほしい。

Sponsored Link

30過ぎで女性として、一番輝く年代に「音楽」を選んだ。

他のことは捨てて。

唄から、声から、表現全てから伝わるんです。

感動してるんです。

だけど、その感情の後ろ側から

むく太郎、お前、もっとできるだろ?手抜きじゃ感動できないよ

っていう回し蹴り的な感覚を味わうんです。

つまり、本物とまがい物の差です。

だから、もっと本気に突き詰めていかなければ、誰も幸せにできないし、自分自身、最後に笑えないと。

もう鼓舞されまくりでございます。ぜひ、ぼくはいちファンとしてもっと知ってもらえればいいなぁと思っています。

「いろんな選択肢がある中で、この道を選んだひと」のことをうたったスケボーマンもオススメ。

soundcloud.com

だから、仕事もプライベートも本気の本鬼で!

f:id:shakesound:20171006092616j:image

1枚の板からイーゼル。(つくりかたは後ほどアップします!)

これは「あるもので完成させることはできないかと考えてできたもの」です。

考えること。発信し続けること。魅せること。

毎日が、時間が過ぎるのが早い。

充実か多忙か。感じ方ですね。

徐々に本気でやることと動くことでの結果は直結しているというのを、自分自身知りました。

実力や役不足は、百も承知。

でも、「いや、お前じゃなきゃだめ」と言われるように本鬼でやるだけ。

ありがとうございます。

ではじゃばら。

 

-オススメ

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.