Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY 椅子・ベンチ・スツール

読書好きの味方!本も収納できるおしゃれなスツールDIY!

こんばんは。むく太郎です。

大雪。大変でした。

4年前の豪雪の時は、家にいた時がピークでしたのであまりこう、不便を感じませんでしたが、今年は完全にどんぴしゃり。

f:id:shakesound:20180123230927j:image

だから、雪かきサラリーマンになりました。

見事に雪面をならしあげ、もはや靴底でも1メートル幅はスライドできる雪面に。

やってしまいました。

でも、今日は日が昇ってくれたおかげで、ほぼ雪は溶けていき。

人生は無駄とタイミングの重ね合いだと思いました。

さぁ。今日もお気に入りのスツールで読書三昧です。

 

お気に入りの本も収納できるスツールをDIY

f:id:shakesound:20180123215712j:plain

つくりました。

座れて、しまえて、飾れるスツール。

材料はスギ板。

f:id:shakesound:20180123215639j:plain

大好きな杉板です

奥行きは280mmと幅広なものをチョイス。

座面は380mm幅で脚は400mmに設定しました。

棚板となる部分は250mm。

この1枚からスツールに必要な分、切り出します。

カットした板を仮置き。

f:id:shakesound:20180123215647j:plain

カットした板を仮置きして位置決め。

座面両端から50㎜の位置が脚の付け根。

座面に接する脚と棚板部の木口は5度くらいの斜め切りにしてあります。

もちろんこういったときに使えるのが、スライド丸ノコ。

ボンド接着→ビス留め

f:id:shakesound:20180123215657j:plain

棚板は底から50㎜の位置。

位置が決まったら、ボンドでしっかり接着し90㎜ほどの長めのビスで木材どうしを接合。

ビスが木材から突き出ないよう、注意!

結構長いやつだと、うっかり突き出してしまうので下穴をきっちりあけてから「ビスの道」をつくって作業しましょう。

完成!

Sponsored Link

f:id:shakesound:20180123215705j:plain

えっ。もうできたの。

っていうくらい早くできました。

古家具感を出したいので、無塗装です。

粗目の紙やすり、ちょい細目、仕上げと段階を踏んで磨いていきました。

f:id:shakesound:20180123215712j:plain

いいねぇ。

お気に入りのリトルプレスを収納したり、花を座面に飾って台にしたり。

強度ももちろん安心です。

f:id:shakesound:20180123215723j:plain

母親に座ってもらい、強度チェック

もちろん自分で試してから座ってもらいましたよ!

60㎏台のぼくが座っても、全く問題なし。

あとは使うだけだね。

ここでひといき、コーヒーなんてのも最高です。

木目が最高だ。

f:id:shakesound:20180123215731j:plain

さらに軽くエイジング加工を施すことで雰囲気もアップ。

なにせこの木目がいいです。

スギは柔らかくて丸みを帯びるフォルムがつくりやすい。

ぜひ、やってみてね!

読書時間を生活に。

f:id:shakesound:20180123215609j:plain

時間の天引きについて教えてもらってから、人生の加速度が変わりました。

「あれも!これも!」を実現する、絶対にマスターしたい時間の使い方 - DIYサラリーマン・むく太郎EX

運動時間、目標を達成するための時間、そして読書する時間。

好きな漫画でも小説でも、雑誌でもなんでもいい。

ほんの数十分、誰かの書く「想い」「考え」「経験」を読んでみてください。

その人が動いて、走って、考え抜いたものが数十分で体験できます。

ぼくらにもっと必要な「考える時間」はこのへんから生まれるんだと思います。

さて今宵は短編集を読みふけろう。

では、じゃばら。

寒いので温かくしてお休みください。

 

-DIY, 椅子・ベンチ・スツール

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.