Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥19,800 (2021/10/16 20:04:46時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY DIYツール 机・テーブル

DIYにも日常使いにも!2×4と組み合わせるだけで作業が抜群に捗るアイテム、ソーホースブラケット!

こんにちは!むく太郎です。

理想の作業環境は、どんなものなのか。

おそらく人それぞれですが、一つ言えるのは、

「ある程度スペースが確保できる机」

今回は、手軽につくれる作業台DIYのご紹介です。

ソーホースブラケットと2×4で作業台をDIY

耐荷重に強くて、しかも使わないときはコンパクトにしまえる。

収納性も持ち合わせた作業台があっという間にできちゃいます!

優秀なアイテムはすべてホームセンターで。

用意したのはこちら。

使うのは、「SPF2×4材」

おなじみですね。

2×4材をぼくは下記の寸法と数に合わせて用意しました。

脚の材料はこちら

  • 脚部分:620mm×8本
  • 幕板 :600mm×2本
  • 天板受け:700mm×2本

天板には「コンパネ」

サブロク板(1820mm×910mm)が主にホームセンターの売り場で陳列していますが、収納することなどを考えると大きすぎる。

自分の用途、環境との兼ね合いをよく考えてスペースのサイジングをしましょう。

ぼくは下記のサイズにカット。

(ちなみにすでに奥行き700mmのものがあったので、それを選びました。)

W1200mm×D700mm

補強には「垂木」

コンパネに強度を持たせるため、垂木を天板の下に走らせます。

材料としては、集成材の垂木をセレクト。

1820mmで150円程度とリーズナブルなうえにタフ。

これは使うしかないと思いましたね!

集成材垂木:30mm×40mm×1820mm 2本

治具で木材カット

丸鋸を使用するにあたり、治具を自作しました。

名前は「むく太郎SP

基本、自作物にスペシャルがつくのはぼくだけじゃないよね。

角棒と板で丸ノコガイドをDIYしました。

直角スコヤを使ってしっかりと位置を出し、ボンドでしっかりビスでがっちり固定しました。

すごく使えます。

ちょっとした長尺物にはこういったものを使うのが良いと思います。

いや、丸ノコガイドも買えばいいんですよ。本来は。

でもDIYやっているなら、自分でね、とぼくは考えます。

だって、これで事足りるから。

created by Rinker
TJMデザイン(TJM Design)
¥2,000 (2021/10/17 15:01:35時点 Amazon調べ-詳細)

今回の主役、ソーホースブラケット

Sponsored Link

DIYの本場、アメリカのFulton社製のものをセレクト。

created by Rinker
CRAWFORD
¥1,328 (2021/10/16 21:13:36時点 Amazon調べ-詳細)

素手で触れると、ちっと危ないです。

できれば、手袋をして取り出しましょう。

2×4をブラケットにはめていきます

ストッパー部分のツメに当たるまで差し込みます。

反対側から見てみましょう。

しっかりと黒いツメに当てたら、ブラケットをビスで固定していきます。

インパクトでガシガシ、固定していきましょう。

ラクチンです!

もう片方にもツーバイフォー材を設置してできたのがこちら☟

こんな感じです。

同じものを4セット製作すれば、脚は完成。

天板の奥行きと同じ長さにカットした幕板をセットし脚を連結です。

こんな感じで。

2セットこれができればOK。

ちょっと休憩を入れつつ、作業の続きを。

天板を製作していきます

これが完成したもの。すごく単純な構造です。

垂木を施すことで強度が増し、机にセットして作業した時も軋むことなく作業できます。

これがでかい。小さなストレスも少ないことに越したことはありません。

脚に厚みのある天板や板材をひいてもいいですが、低コストでしかも軽さを出したいならこういうものをパッとつくるのがぼく流。

両端に600mm、天板の横幅に平行して2本ビスで留めました。

縦横の垂木との隙間が、2×4材の厚みと同じにして置いたときにピタリとハマる仕様。

こんな感じです。

ぐらつきもさらに軽減して安定感がアップ!

日曜日、週末の楽しみであるDIY。

後片付けっていうのもしっかりやれるのが真のDIYプレーヤー。

f:id:shakesound:20180531220438j:plain

脚を重ねて、天板を寄せれば。

コンパクトに片づけられますね!

それにほかの用途にだって使えます。

いろいろできそうだなぁ。

ソーホースブラケット

これは間違いなくマストです!

まとめ

普段使いにも○

あとはこんな感じに普段の机にしてもダイニングテーブルとしても。

脚も天板も都度長さを変えたものをセットすれば、いくらでもサイズを変更できます。

おしゃれやなぁ。

ブラケットを好みのカラーに塗装して使うっていうのも、いいかもね!

アウトドアしたくなる季節になってきたので、BBQの即席テーブルなんかにもおススメ!

使い方は100万通りです!

思ったこと

ふと、ホームセンターにて2×4材を買いに行ったのですが、ちょっと前より価格あがってますね。

下記は今年二月の木材需給動向です。

http://www.jawic.or.jp/kakaku_jyukyu/pdf/1802.pdf

ここにもありますように、

冬場の不需要期にもかかわらず、SPF/DF の米国内価格が上昇しており、両樹種ともに$500 の大台に乗り、史上最高値を更新中である。対日製材品価格のさらなる値上げも予想される。

とのこと。

ぼくがたびたび購入で使う宇都宮のジョイフル本田さん。

去年か一昨年のGWはセールもあってか2×4材が1820mmサイズで、250円/1本とかだったなぁ。

でも今年は、398円/1本。

高いね。

改めて、木材を購入してDIYで製作するべきかなどはよく考える時期なのかと思ってます。

材料費+労力+時間:既製品+それなりの金額

何を大事にして、何から手を引くか。

こういうのも考えていかないとね。

はい!

最後堅くなってしまいましたが以上です!

では、じゃばら。

 

-DIY, DIYツール, 机・テーブル

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.