Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥18,891 (2021/08/02 18:58:01時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY 棚・ラック 食器類

隙間収納DIYと断捨離が部屋と心を軽くする最強のコンボである!

 むく太郎です。

否応なしに過ぎる時間。

もうすぐ年度末からの新生活。

整理整頓していますか?

先日28歳の誕生日を迎え、この1年は整理整頓に徹したいと思いました。

書類、データ、家具、工具、諸々。

やっぱり身軽がいいよね。心もお部屋も。

では、まずは家の中からDIYでその問題を解決していきたいと思います!

 

現状リサーチで直面する現実

f:id:shakesound:20180216085748j:plain

現実はオシャレとほど遠い。

コンロ下にはスペースがあったのですが、現状はこんな有様。

突っ張り棒の簡易カーテンを開けるとこんな感じです。

使わなくなった鍋(最後に使ったのは何年前だろうか)やなぜか鍋より多い鍋の蓋、調理器具などが無造作に保管されていました。

スペースも器具もうまく活用できていないことを改めて、痛感。

収納というよりは「隠している

という言葉のほうが当てはまってしまう状態。

どう考えても「収納」には程遠い現状を打開するため、この隙間を有効活用できる収納ラックをDIYしたいと思います。

まずは隙間をしっかり計測

f:id:shakesound:20180216091626j:plain
スペースに合った収納ラックをDIYすることにしましたので、隙間について理解を深めるべく、スペースの内寸を測ります。

高さ500mm横580mm奥行500mm。

これに従って作っていきますが、余裕を持たせるため50mmほど小さい寸法で完成を目指します。

簡単なスケッチで完成のイメージ図を描いておくと作業がスムーズに行えますので、ぜひやってみましょう。

それでは実際に作業に入っていきます。

f:id:shakesound:20180216091722j:plain
(作業中側面から見た写真です)

ほとんどのホームセンターで購入できる木材であるスギの板材と角棒を準備しました。

寸法に合わせ、木材をカットし、側面となるパーツを最初に作ります。

角棒を2本並べ、垂直に交差するように等間隔で板材を固定していきましょう。

通気性も確保したい、それからホコリなどが積もりにくいように隙間をあけて、角棒に板を並べていきます。

ボンドを木に薄く広げるように塗り、接着して固定しましょう。
これを2つ作れば、側面ができ上がりです。

ボンドが乾燥したら、スリムビスでしっかり固定しましょう。

棚板となる板を角棒に取り付けていきます。

f:id:shakesound:20180216091741j:plain
(横に倒した状態の写真です)
今回は2段仕様ですが、収納するものやスペースのサイズに合わせて、お好みで棚を増やすのもいいかもしれません。
手順は側面を製作した流れでOKです。

要は、すのこをつくればいいんです。
さぁ、ラックが完成しました。

DIYに慣れている方なら、30分かからないと思います。

こんな感じに組み立て

Sponsored Link

f:id:shakesound:20180216091752j:plain

すでに完成でもいいでしょうけど、ぼくは使い勝手がいいように底部にキャスターをつけて、可動式のラックにしたいと思います。

スギの野地板ベースで、厚みがそんなにないのですが、しっかりと固定すればガッチリ。
紙やすりで全体を丁寧に磨き、木粉を拭き取っていけば、でき上がりです。

引っくり返して、キャスターを取り付け!

f:id:shakesound:20180216091818j:plain
お好みのキャスターを選びましょう。

ベアリングボール型のものなどもありますし、キャスターは100均でも手に入ります。

ゴムでもプラスティックでも素材はいろいろ。

小回りがきくように、ロックされていない自在式のタイプを選びました。

位置をしっかりと合わせて、目印をしてビスで固定しましょう。

f:id:shakesound:20180216091837j:plain
四隅にキャスターをビス留め。
このとき、電動ドライバーなどで留めるときは、ゆっくり行うといいでしょう。
勢いよくやると位置がずれたり、木が割れてしまうことも。

さぁ、でき上がりました!

f:id:shakesound:20180216091849j:plain

キャスターの取り付けが完了。

そのまま部屋でも使えそうな仕上がりになりました!

可動がスムーズにできるか確認したら、さっそく設置してみます。

ゆっくりとスペースにキャスターを走らせて…

f:id:shakesound:20180216091933j:plain

コロコロ…コロコロ…

ピシャ!

f:id:shakesound:20180216101005j:plain

ピッタリです!

隙間にぴたりとはまる、収納棚ができ上がりました。

可動もスムーズにできて、使い勝手も良さそう!

このぴったりフィットの経験を積み重ねていくと、DIYが大好きになります。

あとはしっかり、使うものだけを収納

f:id:shakesound:20180216090243j:plain

キッチンで使える便利な万能ラックに早変わり!

上段にはものを置かずに、料理中の材料やキッチン用品を置いたり。

配膳車にしてもいいかもしれません!?

そんな使い方もできます。やり方・使い方は無限です。

何より大切なのは、使わないものは一切残さず断捨離すること。

スペースを生むのは自分です。スペースがないのではありません!

ムダにかさばっていたものたちもしっかり収納できるようになりました。

スペースの無駄をとり、どうやったら有効活用できるか考えることが大切です。

f:id:shakesound:20180216102051j:plain

今回は収納の棚だけでなく、動かせて使えるようにキャスターを取り付けたことで新たな利用方法も発見することができました。

もうね、何度も言いますが、日常生活がほんの少しだけラクに便利にすることが、DIYならできます。

自分の力でね。

こうやって自分の身の回りの困ったことを「どうやったら、今より、よくなるか」と改善の目線で考えるのが、ぼくの「DIY」であり、楽しみでもあります。

方法はいくらでもあるはず!

あなたの身の回りの隙間を使い勝手の良い収納スペースに変身させてみましょう!

おっと、今日も改善箇所発見!

では、良い週末を。

じゃばら。

読んでくれたあなたにおすすめ!

SPF1×4材でつくった「スノコ」を合体!気軽につくれるシューズラックをDIY

続きを見る

 

-DIY, 棚・ラック, 食器類

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.