毎週月曜配信!

日々のこと 生活をつくる

圧巻の古家具たちと調和する風景。栃木市のアンティークショップ「scales apartment/scales department」

更新日:

むく太郎です。

最近は、いろんな準備や書類整理、年度末、オンラインストアオープン(当日、友人の結婚式。しかもモー娘。の余興をやる)など。

なんやかんやで、バタバタでした。

ですが、やっぱりたまには、休日にうまいものを食べ、好きなモノと触れあいたい!

久々にお出掛けしてきました。

f:id:shakesound:20180319222122j:plain

 

栃木市の古家具屋さん「scales apartment/scales department」

f:id:shakesound:20180319222102j:plain

(scales departmentの中)

今回、足を運んだのは栃木県の南部にある栃木市の古家具屋さん「scales apartment/scales department」。

まず栃木市ってなかなか行かないんです。

ちゃんと街の中を見たのは栃木で育ち28年ですが初めてだったかも。

蔵の街といわれるその街並みが妙に懐かしく思えたのは何故でしょうか。

その由縁は栃木市観光協会のHPより。

江戸時代より例幣使街道の宿場町として、また舟運で栄えた問屋町として、北関東の商都と呼ばれた。
京都から日光に至る例幣使街道が通る栃木の宿は、東照宮に参拝する西国の諸大名も通り、賑わいを見せた。
この例幣使街道の一部が今の中心街をなす大通りや嘉右衛門町通りであり、その両側には黒塗りの重厚な見世蔵や、白壁の土蔵群が残り、当時の繁栄振りを偲ばせている。

蔵の街 | 栃木市観光協会

老舗と呼ばれる商店や古民家を改装したカフェや日用品店もあり、一日歩き回っても飽きない。

ぼくが好きなスタイル。

古き良き日本の家具をフィーチャーした丁寧な暮らしを実現できそうなスタイル。

それをビシッと「見える化しました」っていうようなレトロ家具が満載のショップでした。

様々な種類の家具や雑貨が所狭しと並ぶ

f:id:shakesound:20180319222112j:plain

ぼくにとってはワクワクしかありません。

古材の板や電気部材なども。

このパーツはこれと。この台座はそこの架台に。

こんなやりとりをひとりでやっていました。

そのくらい、種類豊富でインテリアにしっかり落とせるセンスのあるものばかり。

f:id:shakesound:20180319222129j:plain

ガラスのショーケースも豊富に取り揃えてありました。

  • この家具の組み方は、なんだろう
  • 後ろはどうなっているんだろう
  • 書いてある文字はなんだろう

ほんとにこういう所に行くとなぜ?なぜ?が止まらなくなります(笑)

遮光ビンや試験管、花瓶も

f:id:shakesound:20180319222135j:plain

薬瓶やボタンまで。

こういった小さな「レトロポップ」を暮らしに落とし込んだら、さぞ素敵な事でしょう。

レトロ雑貨×植物の相乗効果はすごい。

例えば寂れたガラス瓶に、色彩度が振り切れそうなほど豊かな花を挿す。

このコントラストは、静と動をはっきりと可視化してくれて、心にグッとくるものがありますねぇ。

倉庫役も果たすdepartment

Sponsored Link

 

f:id:shakesound:20180319232134j:image

こちらのdepartmentは従来の店舗であったapartmentとは、距離にして徒歩1~2分の立地。

敷地内ではスタッフの方が家具の加工していたり、もちろんストックの場であり、販売もしているというスタイル。

apartmentのコンセプトを公式HPより。

 はじめまして 
 スケールス アパートメント と申します。
とおい むかしに つくられた どうぐたちが 旅をする 
どうぐたちが つかのまの おやすみをする アパートメント 
古いモノ の 美しさ を見つめ 大切に 受け継いでいく
お手伝い を させていただきます。
モノが持つ 美しさを
探求させて いただく 古道具店 です。
たくさんの素晴らしい人たち に 支えられながら
そして、情熱をもって やらさせて 頂いて おります。

SCALES AP ART MENT

古道具たちが新しい活躍の場に向かう前に、ひとやすみするアパートメント。

素敵なコンセプトです。

ぜひ、栃木市界隈にいらっしゃった時は足を運んでみるのをオススメします!

SCALES APARTMENT
栃木県栃木市嘉衛門町4-19

scales department Antiques 

栃木県栃木市嘉右衛門町1-27 けやきの木の下

SCALES AP ART MENT

追記:3/6放送されたガイアの夜明け

txbiz.tv-tokyo.co.jp

みました?

ぼくは久々にテレビにくぎ付けでした。特にリビルディングセンタージャパン・東野(あずの)さんの編。

詳しくはオンデマンド放送でみてください。(すでに無料公開は終了してしまったようです)

古いものを大事にするって、ぼくは「そこから新しい価値」を生むこと続けることだと思っています。

古材に刻まれた無数の痕や木目は、視覚的にも優しく心が安らぎます。

こういった活動をされているのはすごく刺激になりますし、憧れますねぇ。

直線よりも曲線、纏う空気を大切にしていきたいものです。

こちらは参考までに☟

カフェのある古材店「リビルディングセンター」が伝えたいのは、モノの本質をみる目や古いものを大事にする文化 | greenz.jp | ほしい未来は、つくろう。

ぼくもいよいよスタートです。

f:id:shakesound:20180320094416j:plain

暮らしの道具オンラインストア 【SHIe】-シエ-

2018.4.1 open

よろしくお願いいたします。

では、じゃばら。

読んでくれたあなたにおすすめ!

歴史と自然を感じて。長野県で出会ったうまいパンとコーヒーの旅路。

続きを見る

-日々のこと, 生活をつくる

Copyright© DIYで人生を愉快にサーフィンするブログ「SHIe」 , 2018 All Rights Reserved.