Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

DIY 塗料・ペイント 机・テーブル 棚・ラック

暮らしに映える手作り家具。スギ材でつくる凛としたトレイテーブル。

DIY大好き、むく太郎です。

嬉しいことに連れのパン屋さんが情報誌に2ページで掲載されました!

ちゃっかり、ぼくの作品も載せてくれた!

f:id:パン屋の内装DIY

うほぉ。思わずにやけた。

パン屋さん特集で取材を受け、掲載されたようでこうやって見るとぼくもやっぱり嬉しいもんですよ。

しかもぼくのつくったものとか素材でも使ってもらえるのはありがたいことですね。

ぼくもこうなったら、むく太郎単独で拾ってもらえるように頑張るぞ。

パン屋も夏の耐え時から解放され始める食欲の秋はもうすぐ。

残り僅かとなった熱気をここぞとばかりにブーストしている9月上旬。

来週くらいから涼しくなるという天気予報にちょっとの期待をこめて、もう少し夏を楽しみましょ。

さぁ、今回のDIYは!

 

連れの店舗什器として、トレイテーブルをつくったよ。

f:id:トレイテーブルDIY①

今回は店舗什器のDIY。

そろそろ変えたいなぁと思っていた初代トレイテーブル(←発端記事)

ぼくがDIYにのめり込むきっかけになったのが、この初代トレイテーブルを製作してから。

主流といわれる、ショーケースから商品を選んでもらう対面式のパン屋さんが増えている中、連れのパン屋さんは好きなものをトレイに載せて精算というセルフ販売。

10年くらい前に実施されたアンケートでは圧倒的にセルフの方が好みという調査結果が出たそう。(古いので、今はどっこいどっこいかも!?)

592 対 71でセルフの勝ち - 消費者アンケート 対面販売VSセルフ販売どっちがいい?

余談はこれくらいにして。

今思えば、「とりあえずトレイとトングが置ければいい」とつくったけど材料や固定金具の使い方もちょっと笑えてしまう状態でした。

それも合わせてご紹介していきます!

スギ材野縁をメインの材料に使いました。

f:id:shakesound:20160905183221j:image

スギ野縁は1820mmで135円。

全部で3本購入しました。

むく太郎
ワンコインでお釣りが来ちゃう。

上の写真は脚になる部材。長さは600mmに設定し、4本カットします。

天板の基礎になる枠をつくります。

f:id:スギ材DIY

スライド丸ノコで45度切りした木材を写真のようにつなげ、木枠に。

天板を張る時の土台になる部分。

これに天板を張っていく感じです

いゃあ暑い。(作業中の小言)

created by Rinker
HiKOKI (ハイコーキ)
¥46,800 (2021/04/14 11:42:57時点 Amazon調べ-詳細)

脚の先端を加工!

f:id:木材墨付け

写真のように脚の先端を墨付け。

そう、スタイリッシュにしたいんです。

墨付けしたラインをノコギリでカットし。シャープな感じにしていきます!

天板土台と脚をつなげる。

f:id:テーブルDIY①

本来ならば、脚の連結部分(貫など)を仕上げて下から上へとつくるのがセオリー。

ですが、ぼくは上をひっくり返して下にしてつくっていきました。

天板土台と脚4本をビスで固定。

貫、トンボ貫を脚と連結。

f:id:テーブルDIY②

「エ」の字につくっておいた脚の部材を下から300mmの位置で取り付け。

これだけで相当強度アップ。

しかしだ。脚先シャープ作戦が不覚にもグラグラと不安定な印象。

これはまずい、でもやってしまったから後には引けない・・・。

作業を進めます。

小鉋で先端をラウンド状に削っていきます。

f:id:鉋で削る

線に沿ってノコギリでカットした脚先。

そりゃ、設置面積は小さくなるのだからグラグラするのは当たり前でした。

悩んでも仕方ないので小鉋でチョリチョリ。

なんというかにんじん、いや、ゴボウの皮むきをしている感覚。

手を切らないように注意して作業。

created by Rinker
角利産業(Kakuri Sangyo)
¥1,780 (2021/04/14 13:19:59時点 Amazon調べ-詳細)

土台は完成!続いては天板!

f:id:野地板天板

天板になる材料は同じくスギの野地板。

これは端材として余っていたものです。

寸法は180mm×450mm×20mm。

2枚同サイズにカット。

カットした天板を土台に取り付け。結構きれいです。

f:id:スギの天板

カットした野地板を2枚土台に取り付け。

木目が美しいですね。

スギは柔らかく、加工が簡単かつ安価で大好き。

古家具でもスギが使われている場合が大変多く、独特の風合いとそのリーズナブルさが人気で家具をまとめて買われていく方も多いそうです。

ぼくはあえて自分で古家具風を狙って製作しているので、そんなぼくにとってはまさにピッタリの木材。

どんどんいきます!

天板の外回りをトリマーで加工!

f:id:天板面取

最近、登場回数の多いトリマーで面取り。

ボーズ面ビットを装着して、角をぐるりと一周。

これだけで装飾感がぐっと上がるんです。

野地板なだけあってササクレのようなバリが出やすいので、しっかりヤスリ掛けしてあげましょう。

created by Rinker
リョービ(Ryobi)
¥13,864 (2021/04/14 03:47:03時点 Amazon調べ-詳細)

脚先もヤスリがけを念入りにやるといい感じにシャープ感。

f:id:テーブル脚加工

さぁ、鉋で荒削り状態だった脚の先端をヤスリ掛けしてシャープに。

#60くらいの粗い目でゴシゴシ。

スギの柔らかさに助けられ、きれいにとんがり。

今回の加工で学んだのは「やりすぎないことの大切さ

全体を再度入念にヤスリ掛けして、塗装に入ります!

初登場!ワトコオイル・ナチュラル!

f:id:ワトコオイル・ナチュラル①

今回初挑戦のカラー。ワトコオイル・ナチュラル!

以前から「古家具風なら無塗装のような風合いもいいよなぁ」考えていたところ、ワトコオイルのカラー比較ページを見て購入を決定。

白木の感じを残しつつも、木目の美しさを最大限に引き出したい。

そう考えました。

ここ最近のブライワックスやワトコオイルのカラーリングにちょっと飽きてきたこともありましたし。

f:id:shakesound:20160906025836j:plain

いざ使用!見た感じは、茶色

本当にブラウン系にならないんだろうか。ちょっとだけ疑念を抱く。

むく太郎
匂いはもちろんあのワトコオイルの芳醇な香り。

では、塗っていきます!

塗りました。おぉ、おぉ、求めていたのはこれだ!

f:id:ワトコオイル・ナチュラル塗装

これや。ほんのりウェッティなその質感。

塗料だけをみると色がバリバリつくのかと思えば、なんのその。

木目がグッと引き立つクリアな感じ!すごくきれい!

f:id:ワトコオイル・ナチュラル天板塗装

ぼくが求めていた塗料は、これだ。というくらい良い。

シンプルな家具をつくって、塗装するなら迷わずこれをオススメ。

白ベースの落ち着いた部屋にはぴったりはまると思います!

完成!新旧比較してみた

f:id:カフェ什器DIY

左が2代目。右が初代。

ビックリな事がありました。初代トレイテーブルの寸法を図り忘れて、感覚でつくった2代目。

なんと縦・横・奥行、ほぼ一緒。

嬉しくて手拍子しながら、タテ・ヨコ・オクユキ、ほぼ一緒!と呟いてしまった。

つくる前にお客さんの気持ちになって動きを想定し、スケールを持ってサイズ設定。

やはり感覚は初代をつくったときと同じだったんですね。

初代から2代目へ。その他パーツを移行。

f:id:DIY金具

初代の貫はこうやって取り付けてありました。

自分で自分の作品を見て、笑えるようになったのもDIYを続けてきたから。

ちょっとアンバランスだし、見た目良くないね!

ここからだいぶ成長したんですよ!っ笑。

このT字金具は、2代目のグラグラ対策にどんぴしゃに応じてくれました。

f:id:T字金具取付

ひっくり返して、貫部分の接続補強へ。

たまにこういう固定金具を使うと、普段ビスやボンドだけがほとんどのぼくに気付きを与えてくれます。

あらら、グラグラ感半減。かなり安定しました。

強度も一気に上がり、これなら使えそう。

トングを掛けるアンティーク金物を移行。

f:id:アンティーク取っ手

これも初代についていたアンティークの金物。

この金物の値段が材料費の3倍くらいだというのがポイント。

しっかり移行して流用させて頂きます。

created by Rinker
POSH LIVING(ポッシュリビング)
¥1,430 (2021/04/14 13:20:00時点 Amazon調べ-詳細)

2代目トレイテーブル始動!

f:id:トレイテーブルDIY①

さっそくお店で使ってくれています。

初代トレイテーブルから引き継いだ「お客さんとの最初の接点

トレイとトングを持ったその時から、

「今日は何にしよう。」そんなワクワクが始まるように。

しっかり2代目として愛着を持って使ってもらえるとうれしいなぁ。

初代は解体。また違うものに生まれ変わります!

f:id:家具解体

初代は役目を終えました。

ぼくも悩んだ末、解体することに。

まだまだ木材も使えるし、化学物質を発生させない柿渋塗料で染めてあるっていうことも隅に置けない利点。

必ず形を変えて復活させようと思います。

リユース&リメイク。

このDIYブログが始まったころの記事を見て、振り返ると気持ちは変わっていないし、むしろ「暮らしやすさは自分でつくって手に入れたい」という気持ちが強まっている。

またひとつDIYの醍醐味を知ることができた、むく太郎でした。

さぁ、日差しが穏やかになるこれから。

むく太郎
ぼくといっしょにものづくり、はじめませんか。

では。じゃばら。

 

-DIY, 塗料・ペイント, 机・テーブル, 棚・ラック

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.