Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥18,400 (2021/06/19 18:24:32時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY 工具・ツール

溝も彫れておしゃれな面取りも出来ちゃう工具・トリマーの魅力を書いてみる。

こんばんは。むく太郎です。

f:id:shakesound:20161016155925j:image

さささ、当ブログでもおなじみの電動工具・トリマー。

 

Sponsored Link

主に木材の面取や溝彫りに使うもので、インパクトドライバーや丸ノコなどの主役工具と比べて、それほどなじみがないものの、作品のクオリティーを格段に上げてくれる、ドラマで言えば名脇役的存在。

簡単にそういった効果を発揮してくれるから、なんとDIYの本場・USAでは国民的に愛されている工具なんだって!

他にルーターという工具(トリマーより大きいモーターを搭載&両手で操作など)もありますが、動作効果は似ているのでトリマーの話をメインにしていきます。

これがトリマーだ!

f:id:shakesound:20161016155937j:image

ぼくが使っているのはこれ。リョービのTR-40。

ホームセンターのワゴンセールにて置いてあったもの。

数ある機種の中でもシンプルな設計で扱いやすいとのことだったので、初心者のぼくは飾り面取がやりたいがために即決しました。

クリアのパーツがベースプレート、となりに置いてあるのがストレートガイド

では、大まかな使い方の説明をしていきます!

RYOBI リョービ トリマ TRE-40

まずはビットの装着の仕方!

f:id:リョービ トリマ

トリマーはトリマービットと呼ばれる先端の刃物を使い分け、狙った造作を得ることができます。

基本である直線に特化したストレートビットを取り付けてみましょう。

ストレートビットを用意し、ナット部分を緩めて装着。

しっかりと差し込みスパナでグッと、締めましょう。

ビットで手を切ったりしないよう、慎重に作業。

切削量に応じて、ビットの深さを調節。

f:id:トリマ ベースプレート調節

続いてベースプレートの調節ネジを緩め、切削の深さに合わせ刃を出します。

ベースプレートに直角スコヤを当て、必要な長さを測って合わせたらネジを締め固定。

本体自体にメモリもついていますが、ベースプレートと刃をしっかり測って調節するのがマスト。

何故かというとビットの取付位置でメモリも変わってしまうからね!

ストレートガイドを装着!

f:id:ストレートガイド

ビットを取り付けたら、お次はストレートガイドの装着。

本体横のネジを緩め、装着。

けっこうね、この部分が取り付けずらいんです・・・。

ガイド側のツマミを回して、木材の切削位置とビットが合うようにガイドを調節し固定。

トリマー作業は準備段階がとっても大事!

木材にガイドをあてがい、スイッチオン!

f:id:トリマ直線

材料をしっかりクランプなどで固定して、スイッチオン!

この写真は、悪い例ですね。

なるべく刃の深さは2~4mmほどで作業する方が負荷が少なく、仕上がりもきれいになります。

深さが4mm以上のミゾを彫る場合は、少しづつ彫っては刃を出すを繰り返し。

あまりに刃を出し過ぎると、接地面が大きく、軸の回転でぶれることがありますのでね。

直線彫り!

f:id:shakesound:20161016160414j:plain

f:id:shakesound:20161016160427j:plain

適当な端材で直線を彫ってみました。

こんな感じ。

しっかりミゾができていますね!なかなか初心者だとうまくミゾが彫れないかもしれませんが、こういった端材で練習するのもいいと思います!

そして、トリマー。削り音が結構大きい。

使う時は、周囲に配慮して作業しましょう。すべてに言えることですが・・・。

予備知識として2×材などはとても作業しやすいです!が、スギなどの柔らかい木材はほんとに慎重に切削しないとすぐにブレてしまいます。

コロ付きビットに付け替え!

f:id:shakesound:20161016184914j:plain

お次はビットを付け替えて、飾り面取を行ってみたいと思います。

コロ付きビットとは、写真のようにベアリングがついたビットのことでこのベアリングが材料にあたり、ガイドなしで作業できるというモノ。

写真はボーズ面ビットと呼ばれるもので、これがまたいい仕事するんです!

そもそもボーズ面とは何ぞや

【ボーズ

厚みに対して、中心から丸く削り、横からみた切断面がカマボコの形になるよう加工します。

ボーズ面 - 木材加工.com

だそうです。要は丸みのあるフォルムに仕上げてくれるのです。

では、さっそく先ほどの端材の面取をしていきます。

かまぼこ感ある。

f:id:shakesound:20161016160345j:plain

先ほどの端材の外周をグルッとトリミング。

たしかにかまぼこ感がでたような・・・。

横から見てみましょう。

f:id:shakesound:20161016160340j:plain

なるほど!

こんな感じでラウンドフォルムをつくってくれます。

DIY作品にこの面取り仕上げを用いれば、作品の完成度も格段に上がりますね!

ぼくは結構この加工が好きでよく使っています。

机の天板、椅子の座面、小物の装飾にね。

この辺の過去記事でも「こんな風になる」というのが分かると思うので、ぜひご一読を!

流行りのアイアンDIY!?いいえ、使っているのは木材だけです!

続きを見る

脇役でない、これはメインアクトだ。

f:id:shakesound:20161016160353j:plain

(ベースプレートの内側に切り屑がたまるので、使用後はしっかり取り除きましょうね!)

以上、本当に簡単に使い方をご紹介しました!

冒頭にも書いていますが、全てのDIYにマストなのかと言われればそうでないかもしれません。

しかし、トリマーが作品のクオリティを左右するほどの影響力のある工具だという事は確か。

ぜひ、読んでくれた方はDIYに取り入れてみてくださいね!

では。じゃばら。

 

-DIY, 工具・ツール

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.