Sponsored Link

新着記事

DIY ドア・扉

2021/1/25

キャスターで開閉ラクラク!壁と一体型のスライドドアを作る方法

どうも、むく太郎です。 前回は、ぶち抜きの空間に壁を作り、それぞれ独立した部屋にするため「壁」をDIYしました。 その板壁DIYの模様がこちら。 あわせて読みたい そして、今回ご紹介するのは「スライドドア」のDIY方法です! ぼくの家の場合という大前提がありますが、よかったらご参考にどうぞ! 板壁にマッチした「スライドドア」をDIYしていく こちらが、今回完成したモノ。 左側が引き戸になっていて、あの扉を開ければ隣の部屋(お店)に移動できるというシステム。 前回に引き続きで、こちらが壁とドアの簡易図面です ...

ReadMore

DIY マイルーム改造作戦

2021/1/25

憧れの板壁をDIY!材料費15,000円でできるオシャレな板壁作りにチャレンジ

どうも、むく太郎です。 むく太郎壁ってDIYで作れるのだろうか? 今回DIYする場所は、もともと区切られていた部屋の壁を壊して、リノベーションした民家。 ですが、再度壁がほしいよねという話になり、いざDIYすることに。 そしてできたのがこちら。 理想としては、板壁のおしゃれな感じという妻の要望に応えられるように考えた「壁づくり」のやり方をご紹介します。 まずは現状と設計図を描きます まずは現状をご紹介します。 もともとここは、壁で区切られていた場所で、6年前のリノベの際に壁を取っ払いました。 そして、妻の ...

ReadMore

月次総括

2021/1/3

2020年総括-今年も9つの質問で1年を振り返ってみました-

どうも、むく太郎です。 怒涛の2020年が終わり、すでに3日。 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくおねがいします! ブログの更新もだいぶ鈍ってしまいましたが、にも関わらず毎日アクセスしてくれる方がいるということがすごく嬉しいですね。 健やかで穏やかな2021年を迎えるために、ここ半年やってきたことを中心に2020年を振り返りたいと思います。 いろいろありましたねぇ。 昨年同様、「9つの質問」に沿って振り返りたいと思います。 1.今年うまくいったことはなんですか むく太郎「健康に過ごせたこ ...

ReadMore

30代の人生設計 ラジオ 時間管理術 目標達成

2020/12/31

【2021】ラジオ版格闘塾リスナーさんへのプレゼント!

どうも、むく太郎です。 いつもDIYで人生を愉快にサーフィンするブログ及びラジオをご愛顧いただきありがとうございます! この度、人生の師匠「どや塾長」と月に一度の配信している「ラジオ版格闘塾」をお聴きの皆様にどやさんからお年玉プレゼントのご案内です! 新年最新号はコチラ 第70回:【今年も進化しようぜ!】月に1度の課外授業!ラジオ版格闘塾【1月編】 ※「ダウンロード」ボタンを押すと、ダウンロードできます。 チェック Wordファイルになります。シートをコピーしてご活用ください。 ※注意:著作権は放棄してお ...

ReadMore

30代の人生設計

2020/11/26

家族が増える、転職、30代。リアルなサラリーマンの夢

どうも、むく太郎です。 このあいさつもだいぶ久しぶりでございます。 インターネットで発信するということからだいぶ離れていましたが、ぼくは元気です! 5月にTwitterをやめて、7月にインスタ更新ストップ、ブログも… そんな感じで揺れに揺れた2020年も11月終盤。 アメリカ大統領選挙もバイデン氏の当確で米国だけでなく全世界が揺れていますが、本当のスタートはまさに今ここからでしょう。 そして、この新型コロナウィルス感染症。本当に厄介ですねぇ。 3密回避と手洗いうがい手指消毒。いつの間にかぼくのルーティンで ...

ReadMore

30代の人生設計

20代30代こそ、大人の言うことを聞け。でも決して言うとおりにしない。

更新日:

どうも、むく太郎です。

なかなか攻撃的なタイトルですが、これがのちに必ず有用になると確信しています。

何でも有る今の日本、そして溢れている中で、もがくぼくら。

そこから抜け出したいでしょ。

だったら、大人の言うことを聞け。

大人の言うことはよく聞いてた。何も考えず

この曲がSpotifyから流れて、しみじみ思いましたので今日は語ります。

ぼくの20代も残り134日となりました。もうすぐ30代。

20代前半のぼくは、人の言う事。当時であれば、会社の上司の言うことにペコペコ頷いているだけの男でした。

なんでかって。

むく太郎
そりゃ、楽だから。

しかもやっかいなのは、それでめちゃくちゃ良く評価されたこと。

これで給料やボーナスの査定が変わるんです。

そのくらい組織の中で、真っ当に言われたことをやっていました。

正しくないことにも、見て見ぬふりだった

Sponsored Link


実は非常に危険な状態にいたという事。

組織の中は、ある意味で別のひとつの社会。

自分の中で「おかしい」と思うことすら、その中では普通のこととして通っていました。

ヤバいと思っていても、人間は単純です。

慣れてしまうんです。その常識に。

でも、そこから抜け出して、本当の自分に徐々に気が付けたのは、数年前に頼まれたことを自分のキャパ以上と分かっていながらも全力でやったから

この判断は、今考えてもよかったなぁと思います。

おかげで今、ぼくはとても幸せです。

その時のことは、こちらで詳しく書いています。

DIYが誰かの為に、そして自分にも大きな進歩として返ってきた話。

続きを見る

20代~30代は、能力を磨く時間

若い時というのは、目の前の環境や周りの視線、同調圧力に飲み込まれてしまう。

これに気が付けず、動けないままだと、同じ職場と家と居酒屋のルーティンに陥ります。

「バミューダトライアングル」は意外と近くにあるんですねぇ。

そんなのいやじゃないですか。

だから、能力を磨こうとここ数年いろんなチャレンジを楽しみながらやっています。

知りないことを知る。

その価値は計り知れないものです。

「知っていること」+「知ったばかりの事」がドンピシャでミックスされたときに、新しい稼ぎの柱やムーブメントができるかもしれない。

可能性を増やすことが、勉強だったり、経験です。

誰かがシェアしたことだけでなく、まず自分でやってみる。

自分が当事者になることを、ぼくもどんどんやっていきたい。

大事なのは誰が何と言っているか。そして自分は何を求めているか

言われたことをただ聞くのでは、冒頭で書いた過去のぼくと同じです。

そこでひとつ見極めたいのが、「誰が何と言っているか

大工さんが家の建て方を語るのとDIYerが同じことを語るのは、おそらく大多数の方が、前者の話を聞くでしょう。

ぼくもそうです。

ただ、今自分が「刺激」を求めたときには答えが変わります。

先ほどの大工さんと未経験で工具ひとつもまともに扱えなかった不器用人間、だけど数年掛けて家をセルフビルドしたDIYerの話だったら、後者の話をすごく聞きたい。

つまり、自分の求めているレベルと話を聞く相手のレベルを一致させる。

一般論でなく、やってきた人・やっている人の話を聞きましょう。

created by Rinker
¥1,569 (2021/01/26 00:32:57時点 Amazon調べ-詳細)

情報の取捨選択ができるようになる

まとめますと、大人の話が上手に聞けるようになると、

「この人が言っているのは、こんな意図があるからだな」

そんなふうに考えられるようになります。

これができれば、情報に踊らされず、選ぶことが可能になっていく。

大人の言うことを聞け。決して言うとおりにしろじゃない。

大人の言うことを聞け NakamuraEmi

NakamuraEmiさんの曲が今の自分とリンクしたので。このテーマでお送りしました。

生で聴けるか楽しみだなぁ!

では、また明日。

じゃばら!

 

 

-30代の人生設計

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.