Sponsored Link

新着記事

2021/4/2

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/8

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

30代の人生設計

20代30代こそ、大人の言うことを聞け。でも決して言うとおりにしない。

どうも、むく太郎です。

なかなか攻撃的なタイトルですが、これがのちに必ず有用になると確信しています。

何でも有る今の日本、そして溢れている中で、もがくぼくら。

そこから抜け出したいでしょ。

だったら、大人の言うことを聞け。

大人の言うことはよく聞いてた。何も考えず

この曲がSpotifyから流れて、しみじみ思いましたので今日は語ります。

ぼくの20代も残り134日となりました。もうすぐ30代。

20代前半のぼくは、人の言う事。当時であれば、会社の上司の言うことにペコペコ頷いているだけの男でした。

なんでかって。

むく太郎
そりゃ、楽だから。

しかもやっかいなのは、それでめちゃくちゃ良く評価されたこと。

これで給料やボーナスの査定が変わるんです。

そのくらい組織の中で、真っ当に言われたことをやっていました。

正しくないことにも、見て見ぬふりだった

Sponsored Link


実は非常に危険な状態にいたという事。

組織の中は、ある意味で別のひとつの社会。

自分の中で「おかしい」と思うことすら、その中では普通のこととして通っていました。

ヤバいと思っていても、人間は単純です。

慣れてしまうんです。その常識に。

でも、そこから抜け出して、本当の自分に徐々に気が付けたのは、数年前に頼まれたことを自分のキャパ以上と分かっていながらも全力でやったから

この判断は、今考えてもよかったなぁと思います。

おかげで今、ぼくはとても幸せです。

その時のことは、こちらで詳しく書いています。

DIYが誰かの為に、そして自分にも大きな進歩として返ってきた話。

続きを見る

20代~30代は、能力を磨く時間

若い時というのは、目の前の環境や周りの視線、同調圧力に飲み込まれてしまう。

これに気が付けず、動けないままだと、同じ職場と家と居酒屋のルーティンに陥ります。

「バミューダトライアングル」は意外と近くにあるんですねぇ。

そんなのいやじゃないですか。

だから、能力を磨こうとここ数年いろんなチャレンジを楽しみながらやっています。

知りないことを知る。

その価値は計り知れないものです。

「知っていること」+「知ったばかりの事」がドンピシャでミックスされたときに、新しい稼ぎの柱やムーブメントができるかもしれない。

可能性を増やすことが、勉強だったり、経験です。

誰かがシェアしたことだけでなく、まず自分でやってみる。

自分が当事者になることを、ぼくもどんどんやっていきたい。

大事なのは誰が何と言っているか。そして自分は何を求めているか

言われたことをただ聞くのでは、冒頭で書いた過去のぼくと同じです。

そこでひとつ見極めたいのが、「誰が何と言っているか

大工さんが家の建て方を語るのとDIYerが同じことを語るのは、おそらく大多数の方が、前者の話を聞くでしょう。

ぼくもそうです。

ただ、今自分が「刺激」を求めたときには答えが変わります。

先ほどの大工さんと未経験で工具ひとつもまともに扱えなかった不器用人間、だけど数年掛けて家をセルフビルドしたDIYerの話だったら、後者の話をすごく聞きたい。

つまり、自分の求めているレベルと話を聞く相手のレベルを一致させる。

一般論でなく、やってきた人・やっている人の話を聞きましょう。

created by Rinker
¥1,569 (2021/04/14 17:00:33時点 Amazon調べ-詳細)

情報の取捨選択ができるようになる

まとめますと、大人の話が上手に聞けるようになると、

「この人が言っているのは、こんな意図があるからだな」

そんなふうに考えられるようになります。

これができれば、情報に踊らされず、選ぶことが可能になっていく。

大人の言うことを聞け。決して言うとおりにしろじゃない。

大人の言うことを聞け NakamuraEmi

NakamuraEmiさんの曲が今の自分とリンクしたので。このテーマでお送りしました。

生で聴けるか楽しみだなぁ!

では、また明日。

じゃばら!

 

 

-30代の人生設計

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.