Sponsored Link

新着記事

2021/5/5

欠けてしまった陶器を素敵な「植木鉢」にDIY!とっても簡単な作業をするだけでOK

どうも、むく太郎です。 お気に入りの陶器の湯呑やマグカップ。 ずっと大切にしていたのに、ある日突然欠けちゃうんですよねぇ。 金継ぎや補修やらしてもいいのですが、この陶器たちはそのままで違う使い方で活かしてあげようと思い始まったのが、今回のDIY。 ちょっとの工夫で壊れたものは生き返ります。 欠けた陶器をおしゃれな植木鉢にDIY 先日、妻が購入してきた購入した多肉植物。 桃美人と若緑です。 どちらも本当に可愛らしいです。 でも、最初はいい感じの植木鉢がなくて… そこでこのDIYに至ったと言うわけであります! ...

ReadMore

2021/4/24

自炊が捗る!モバイルスキャナーにDIYで給紙トレイをプラス!紙のデジタル化作業にはマスト

どうも、むく太郎です。 先日ご紹介したエプソンのモバイルスキャナー。 エプソン スキャナー ES-60WW (モバイル/A4/USB対応/Wi-Fi対応/ホワイト) created by Rinker エプソン ¥19,082 (2021/09/26 19:48:07時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 ES-60WWが本当にスタイリッシュで積読状態の本や書類を、スイスイとデジタル化してくれています。 書類や情報=データ化。 これをしっかりと実現できて、我が家のQOL ...

ReadMore

2021/4/24

【紙はデジタル化】エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」が新生活をさらにスマートに!

どうも、むく太郎です。 2021年度もスタートしましたね。 ぼくは、新生活を迎えるに当たり、溜まりに溜まった書類や本を一気に片付ける決心をしました。 名刺や請求書、よくわからないけど大事そうなメモ(この時点でおそらく不要)、パンフレットやチラシなど。 気づけばあっという間に積み重なる紙は、整理整頓が必須になりますからね。 EPSONのモバイルスキャナーでデジタル化が爆進 こちら、エプソンのモバイルスキャナー「ES-60WW」というアイテム。 モバイルスキャナーを検討していて、悩み抜いた結果、コイツを購入! ...

ReadMore

2021/3/25

おいしい水と最高のハイキングを。情報に埋もれた心をデトックスする湧水地・尚仁沢

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 このスケールは、ぜひ足を運んで体感してほしい! 日本一の湧き水が溢れる尚仁沢へ 今回は、日本の名水百選にも選ばれた栃木県塩谷町のアウトドアスポット、「尚仁沢湧水」へ。 日量にして65,000tにも及ぶ豊かな水量を有した遊水地で、水温も年間を通じて10℃位で安定しているそうです。 ぼくはスーパーで度々この尚仁沢と書かれたミネラルウォーターを見てきましたが、ついにその源流へと足を運ぶことに成功。 結論から言います。 絶対に行くべき。 では、振り返りなが ...

ReadMore

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

DIY 玄関

予算5,000円でDIY!玄関に「木の目隠しフェンス」を取り付ける方法

どうも、むく太郎です。

前回の玄関目隠しDIYの続きです。

ひとまず、完成したのがこの目隠し。

玄関の入口に目隠しのフェンス。

これだけでプライベートな部分を保護したり、玄関の収納も増やせたりできます。

このDIY、予算は5,000円。

本記事では、基礎となるベースプレートにツーバイフォー材の骨組みと目隠しの板を張り付けていく作業をご紹介します!

ツーバイフォー材とスギ貫板、角棒をヤスリがけして下準備

材料はこちら(本記事メインは太字)

  • スギ貫板     90mm×10mm×940mm 17枚
  • スギ角棒  30mm×30mm×1695mm 3本
  • SPF2×4材    6フィート 2本
  • 2×4用ベースプレート 1個
  • 打ち込みアンカー 4本
  • 水性塗料 レッドブラウン 適宜

スギ貫材と2×4材がメインの材料です。

そして、角棒も用意しておきます。

中間の骨組み補強にマストの木材となりました。

木材は、上記のサイズに予めカットしておきましょう。

用意した木材を粗目の紙やすりでしっかり研磨。

よく木粉を払ったら、塗装していきます。

用意した塗料は、「MAT COLORS・レッドブラウン」

今回、準備した塗料は関西ペイントの製品です。

色味は、家の木部がこのレッドブラウンに近い色でしたので採用することに。

こちらは、ジョイフル本田で購入できます。

近いものだとこれかなぁ。

created by Rinker
ニッペ
¥3,080 (2021/09/26 19:34:09時点 Amazon調べ-詳細)

塗料3:水1くらいの比率で薄め、刷毛で塗装しました。

そうするとこんな感じに。

いい感じに塗れています!

2×4材の骨組みもしっかり塗装。

書き忘れていましたが、柱部分の側面にスギの角棒をビス留めしています。

これが板を取り付ける土台になります。

さっそく玄関に取り付けていく

塗装が乾燥したら、玄関に取り付けしていきます。

まずは、玄関の柱に角棒を取り付け。

続いて、2×4の骨組みをベースプレートにはめ込み、ビスで固定します。

しっかりビスで固定することで、かなり安定してきます。

この骨組みと玄関柱に取り付けた角棒を接合。

こんな感じです。

Sponsored Link

板を数枚取り付けた後に写真を取りました。笑

あとは、この通り、板を張り付けていきましょう。

目隠し板を釘打機で取り付け

前回の板壁DIY記事でも紹介した、「釘打機

これが今回も大活躍です。

created by Rinker
アネスト岩田
¥7,780 (2021/09/26 10:03:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アネスト岩田
¥7,780 (2021/09/26 10:03:31時点 Amazon調べ-詳細)

板と板が等間隔になるように、写真のように木材で一定の間隔を確保。

こうすることで、きれいに正確に取り付けができますよ!

Sponsored Link

あとは、最後まで釘打ち1

「板張り完了!」…!?と思いきや。

角棒をセンター部分に取り付けし、補強もしっかりやりました。

ということで、板張りも無事終了。

ちょっと透けてる感がありますがね。

まぁ、後は妻にチェックしてもらい合格すればOK。

と、安易に考えた矢先です。

これ、玄関の中が見え過ぎじゃない!?

はい、妻から厳しいご指摘があり、追加で目隠しのスキマを埋めることに。

まぁ、たしかにそうですよね。

そこで、端材を切り出して、細めの板材を作りました。

余っていた板材を1cm幅に切り出して、フェンスに後付

むく太郎
丸のこで頑張って切り出しましたよ。

目隠しの追加材料として、スギ材から1cm幅に材料を切り出し。

同じように塗装して、乾燥後は釘打機で取り付けました。

そして、無事本DIYは完了!

玄関の目隠し、木のフェンスをDIYで作り上げました

これが完成したものです。

後付したおかげで、デザインもスタイリッシュとなりいい感じ!

目隠し効果もアップし、妻の助言に従ってよかったです。笑。

通気性も良くて、かなり気に入ってます!

暗くなると目隠し効果がよくわかりますね。

Sponsored Link

はい、というわけで、玄関目隠しDIYでした。

最後に今回の費用と振り返りをしていきます。

かかった費用と振り返り

Sponsored Link

  • スギ貫材   ¥1,100
  • 2×4材 2本    ¥786
  • 水性塗料     ¥798
  • 打ち込みアンカー@¥45×4本 ¥220
  • ベースプレート ¥1,598

かかった費用のトータルは、¥4,502

なんとか¥5,000以内に収めることができました。

工具代などは抜いてますので、あしからず!

というわけで、このDIY。

むく太郎
想像以上に簡単でした。なによりベースプレートやアンカーなどをつかうことで、タフできれいに仕上げることができますね。

やはり、パーツなどはしっかりと「それに合う用途」のアイテムを使うのが一番ですね!

また、劣化したらアップデートしていきます!

玄関の目隠し、木のフェンスDIYでした!

では、じゃばら!

 

-DIY, 玄関

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.