Sponsored Link

新着記事

2021/2/16

【材料費1個1,500円】オードブルやおせち料理が映える「手作り重箱」をDIY

※こちらは2019年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 木工の基本、「木箱」 作り方もやはり、いろいろスタイルや用途によって変わってきます。 今回は、特に年末年始に活躍する「重箱」をDIYしてみました。 おせち料理やオードブルにぴったりの重箱をDIY こんな感じ。 すごいよね。木材から重箱を作り上げて、実際に使ってみるとやはり圧巻。 今回は忘年家で仕出しするオードブル用にお重を作らせていただきました。 材料はこちら ・ヒノキ材 70mm×10mm×410mm 2枚 ・  〃         31 ...

ReadMore

2021/2/12

こびりついたシールや汚れたテープ痕をきれいにしたい!だったら、こいつにお任せです

どうも、むく太郎です。 先日、窓ガラスに養生テープを貼る場面がありました。 作業後、無事にマスキングの役目を終えた養生テープを剥がそうとすると、 むく太郎ガッツリと粘着部分が残ってしまいました。 「これは、いけない」と必死で剥がそうとしたり、削ろうと試みますが全く変わらず。 そこで今回、ぼくのこの惨状を救ってくれたのがこのアイテムです。 テープの痕をきれいにするなら、「テープはがし」に任せるのが一番 「シールはがし」ならぬ「テープはがし」 このアイテムのおかげで、粘着のベタベタ汚れはすっきりさっぱり落とす ...

ReadMore

2021/3/3

擦り減った靴底を優しく修復してくれるのは、40年のベストセラー「シューグー」だけだった。

Sponsored Link ※こちらは2018年に公開された記事です どうも、むく太郎です。 愛着のあるものって、あるじゃないですか。 ぬいぐるみ、アクセサリー、野球のグローブ。 十人十色の愛用品。 ぼくの場合は、このスニーカー。 何年か前の誕生日にお連れ様からもらったアディダスのスニーカー。 お気に入りです。 でも時を経るごとに消耗していくのも、事実。 はじめは外出用と決めていたのに気が付くと、DIYの作業や仕事に。 仕事に履いていくや、つつかれました。 もう関係ないですよ。 ぼくは全ての延長こそが、 ...

ReadMore

2021/2/10

材料予算1万円以下!賃貸ルームをアップデートするディスプレイカウンターをDIY!

※こちらは2018年に公開された記事です むく太郎です。 今の賃貸をアップデートするのに、必要なのは何でしょう。 GW、有意義に過ごされましたでしょうか。 そもそも「そんなの無かったよ。」という方もおられるかもしれませんが。 ぼくはコツコツとDIY、そして音楽にいそしむ毎日でした。 新たなご縁をいただいたり、お連れ様のパン屋さんに大好きなアーティストがまさかのご来店など。 (後ほど別で更新します) 好きです!! っていう気持ちは、持つと同時に伝えることが非常に重要ですね。 最高です。 ということで! 今回 ...

ReadMore

2021/2/10

予算1000円台でDIYした差し込み式3段シェルフは、どこにも連れていけるアウトドアギアになった

どうも、むく太郎です。 DIYできるのに、アウトドアギアを自作しないのはもったいない。 そう思ったぼくは、1000円を握りしめホームセンターへ。 そして、できたのがこれ。 差し込み式3段シェルフ ※動画でも公開されています!   1,000円でできました。(木材費用のみ) 2個のフレームに棚板をはめ込み、自立させるアウトドアギアにはオススメの3段シェルフです。 作り方をご紹介します! スギの角材をカット はじめにシェルフのフレームとなるスギの角材を寸法に合わせてカットしていきます。 30mm×40mmの厚 ...

ReadMore

100均DIY DIY 棚・ラック 端材DIY

やっと完成!100円ショップのA4フレームと端材で出来る2段ガラスキャビネットをDIY!

こんばんは。むく太郎です。

GWも終了し、また変わらぬ日常が始まった5/7。皆様、どうお過ごしでしょうか?

やっと。完成しました。タイトルの通り!では行きましょう!

 

セリアのA4フレームと家にあった杉の角材で作ったガラスキャビネット

f:id:shakesound:20150507233705j:plain

こんな感じで完成しました。まだ取っ手はついていませんが、アンティーク調のいい感じのやつをつけたいと思っています。

下の記事、前回の続きからですね!

A4フレームと家にあった杉の角材で、ガラスキャビネットをDIY【その3】

続きを見る

ガラスをはめ込みました!補強の木材が受けになり、絶妙のフィット感!

f:id:shakesound:20150507234059j:plain

前回の続きでガラスのはめ込み。このガラスは、間違って大量購入したダイソーのA4枠についていたものを流用。

写真が前後しますがフレームも塗装。

重みも増し、だんだんアンティーク調に!

f:id:shakesound:20150507234339j:plain

補強部分を上にして並べてみました。

ダイソーの水性ニス(ウォルナット)が重厚な色合いを表現してくれます。

タッカーで補強材を更に補強!

f:id:shakesound:20150507234534j:plain

タッカーを写真のように、補強材のつなぎ目にバスン。これだけで安心感が違います。

枠を仮で取り付け。ゴールが見えてきた!

f:id:shakesound:20150507234738j:plain

開閉部分と左右のガラス面。形になってまいりました。仮つけの際、木材の歪みで若干のずれがありましたが、やすりで削って一件落着。

ホームセンターで買った90円のアンティーク蝶番

f:id:shakesound:20150507234957j:plain

開閉部のトビラは、ホームセンターで調達した蝶番で。開閉のバランス、枠との干渉は無いか確認し、ビス留め。そして、運命の開閉・・・。

f:id:shakesound:20150507235147j:plain

しっ、閉まらない。補強材が枠と接触!

何という事でしょう。

ドアの取っ手が付く部分の補強材は、横着し違う角棒を使用。何とかなるべと甘い計算でした。

ここは後にサンダーで削って、一件落着。これが昨日の夜のでき事。

そして今日。これを買いました。

f:id:shakesound:20150507235501j:plain

これ。便利。万能。小型。タフ。という作業台。今日は天板と棚板、底板、背板を取り付けました。DIYやってってこの作業台、何でもっと早く調達しなかったんだろうと思うほど。

費用対効果は、使って実感。

まずは天板。SPF1×4材をサイズに合わせ、カット&ロック!

f:id:shakesound:20150507235702j:plain

天板はこんな感じで作っていきました。これもうちにあった端材(1820mm)1本から木取り。接着面をボンド、つなぎ目をタッカーでダブルロック。

塗装し、天板をセット!おっ、いい感じ!

f:id:shakesound:20150507235946j:plain

これも前述のニスで塗装。真ん中は、ある仕掛け(後日公開)の為、空けてあります。ちなみに枠と天板の間にはフレームに付属していた受け板を挟んでいます。(鍵の置いてある部分)

次は棚板と底板。こちらも1×4材から!

f:id:shakesound:20150508000250j:plain

棚板、底板はどちらのサイズもきちんと図って作成しました。木材はサンダーで表面を削っています。そして塗装乾燥後、設置。

f:id:shakesound:20150508000435j:plain

サイズぴったり!板の枠の幅にピタッとはまりました。このあった時の快感!

そして背板は、ベニヤをサイズに合わせカット、塗装、タッカーでバスンの3練コンボで取り付けました。

f:id:shakesound:20150508001015j:plain

さあできました!

f:id:shakesound:20150508000830j:plain

f:id:shakesound:20150508000904j:plain

押入れは、ご愛嬌・・・。そして和室とは、合わなそうですね・・・。

f:id:shakesound:20150508000907j:plain

ブログ開設1ヵ月記念の作品となりました!重量もかなりあって、どっしり構えています。

作業時間は、約1日半ほど。ちなみに水性ニスは3本使いました。

費用もフレーム6枚、塗料、補強材、蝶番など約2,000円あれば、ジュース何本か買えるおつりがくると思います!

あとはやる気と完成させる熱意だけ。

ブログを始め、1ヵ月。まだまだやることはあるんです。

がむしゃらに書き続けてきました。

今後もお金を掛けず、家にあるものや端材を知恵を絞って、DIYを実践します!

お付き合い宜しくお願い致します。

では。じゃばら。

 

-100均DIY, DIY, 棚・ラック, 端材DIY

Copyright© SHIe , 2021 All Rights Reserved.